就学前児童へのウィルス誘起性喘鳴への経口ステロイド投与は意味がない

急性ウィルス誘起性喘鳴に対する経口プレドニゾロン・・・入院治療期間に関してベネフィットはない。この治験では、吸入アルブテロール治療を全例で行われていた。

Oral Prednisolone for Preschool Children with Acute Virus-Induced Wheezing
N Engl J Med. Vol. 360:(4) 329-338 Jan. 22, 2009

5日コースの経口プレドニゾロン(10mg/日 10-24ヶ月齢で、年長児は20mg/日)のランダム化二重盲検プラセボ対照トライアル
700名の10ヶ月齢から60ヶ月齢のこどもを対象
イギリスの3病院で、ウィルス感染関連の喘鳴発作で、6870をITT分析
プレドニゾロン 343例、プラセボ344例
主要アウトカムは、入院期間で、二次アウトカムは Preschool Respiratory Assessment Measure、albuterol 使用、 7-day symptom score

結論では、主要アウトカムである入院期間で差なし (13.9 hours vs. 11.0 hours; ratio of geometric means, 0.90; 95% 信頼区間, 0.77 ~ 1.05)
入院と主治医退院許可の期間においても、推計学的に有意な差がない。
二次アウトカムや副事象数においても差がない


上気道ウィルス感染による喘鳴発作は6歳以下ではよく見られる。この就学前ウィルス誘起性喘鳴はよくあるが、繰り返しは少なく、下気道の好酸球症は見られない。上気道ウィルス感染の喘鳴傾向は就学時には自然消滅するのが通常。

National guidelineでは、典型的アトピー性喘息を有する就学前児童・成人へは、全身ステロイド投与の有効性(入院期間減少)に基づく(Cochrane Database Syst Rev 2003;2:CD002886-CD002886.、Cochrane Database Syst Rev 2001;1:CD000195-CD000195Cochrane Database Syst Rev 2001;1:CD002178-CD002178.)記載がなされている

しかし、急性喘鳴を有する就学前児童への有効性に関して、特別に視点をもとめて行われる必要性が出てきた。特に、喘息の診断が困難な年齢でもあり、対処法を明確化しておく必要がある。

by internalmedicine | 2009-01-22 08:44 | 呼吸器系  

<< 就学前児童のウィルス誘起性喘鳴... 高齢者における全般性不安障害に... >>