禁煙指導は集団ベースが良い? ・・・薬局ベースの指導

禁煙治療は職場、地域で、行われると、禁煙成功率高いというたしかにイメージがある。
・・・まだ、強力なエビデンスではないようだが・・・合理的だと思う。
Group behaviour therapy programmes for smoking cessation
http://www.cochrane.org/reviews/en/ab001007.html




それにしても、この指導、薬局ベースのようだ

薬局で、ニコチン置換療法薬購入できるわけだから、むしろ、薬局主導で指導するというのは当然なのかもしれない。根拠の乏しい、時に有害性の可能性さえ有る、非科学的な禁煙グッズを平気で売っているドラッグストアがあり、そういうところが、こういう事ができるのか疑問だが・・・



A comparison of the effectiveness of group-based and pharmacy-led smoking cessation treatment in Glasgow (p 308-316)
Linda Bauld, John Chesterman, Janet Ferguson, Ken Judge
Published Online: Jan 15 2009 5:38AM
スコットランド、グラスゴーの行政情報の観察研究で、1785のサービス利用者対象
薬局での禁煙治療サービスで、1対1サポート

CO評価のみの場合、18.6%(n=1374)
グループべースサービスで、35.5%(n=411)

多変量解析モデルで、グループベースサービスアクセスユーザーは薬2倍の禁煙成功率

by internalmedicine | 2009-01-26 17:36 | 環境問題  

<< 腹部肥満・運動不足老人への至適... 厚労省医系技官が医師個人へ責任転嫁 >>