喫煙はワーナー症候群原因蛋白の異常をきたす :肺気腫も老化の一種

eurekalertでは、"American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine." (2月6日の論文)ということになっているのだが、まだ、掲載されてないようだ。(2.7掲載された)

Cigarette Smoke Induces Cellular Senescence via Werner's Syndrome Protein Down-regulation
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 179. pp. 279-287, (2009)

早期に老化し13歳ほどで無くなる早老症 (Hutchinson-Gilford syndrome)と異なり、USで20万人に1名で日本ではより多く2万人に1人


Werner's sydrome proteinとして知られる部分の遺伝子の変異
DNA損傷修復の働きをする。
参考:http://grj.umin.jp/grj/werner.htm


喫煙は変異を生じているわけではないが、この蛋白減少を生じるという報告

肺疾患無しの非喫煙者から採取した肺線維芽細胞と、重度喫煙歴患者や重症肺気腫患者から採取した線維芽細胞でしらべたもので、肺気腫・喫煙者からの線維芽細胞はその分裂・増殖能力を欠き、喫煙習慣が細胞の加齢を生じると考察。
細胞はWerner's syndrome protein値が、対照に比べ低下。

先行する論文としては、
Cigarette Smoke Induces Cellular Senescence via Werner's Syndrome Protein Downregulation
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2008, doi:10.1164/rccm.200802-320OC
Werner's Syndromeは、RecQ helicase familyの一メンバーを遺伝子コードするloss-of-function mutationである。Werner症候群と喫煙は加齢を促進するという共通性がある。細胞senescence(老化)とWerner's syndrome protein量を、喫煙のin vitroでの影響をみたところ、肺気腫患者からの肺線維芽細胞はWerner's syndrome proteinの減少が未あれ、senescent phenotypeが認められた。たばこ煙抽出物はWerner's syndrome proteinを培養線維芽細胞・上皮細胞で減少させた。Werner's syndrome protein欠損線維芽細胞はより喫煙誘導細胞老化や細胞migration障害をきたした。
逆に、Werner's syndrome proteinの内因性過剰発現は喫煙の影響を減衰する。

by internalmedicine | 2009-02-06 16:56 | 呼吸器系  

<< クラリスロマイシン喫煙誘発肺気... メラトニン・アゴニストの概日リ... >>