間質性肺疾患においても呼吸リハビリテーション有効

Pulmonary Rehabilitation =肺リハビリテーションなのだろうが・・・呼吸リハビリテーションと訳すことが多く、英語訳・日本語訳するとしっくりこない。

間質性肺疾患において、呼吸リハビリテーションが有効かどうか?

Pulmonary Rehabilitation in Interstitial Lung Disease
Benefits and Predictors of Response
CHEST February 2009 vol. 135 no. 2 442-447

呼吸リハビリテーションにて、Borgスコアと6MWT距離に統計学的に有意な差

以前の臨床的研究と一致した変化

ベースラインの6MWT距離は、6MWT変化のの有意な予測因子(p < 0.0001)であり、ベースラインの6MWT距離があるほど、PR後の改善が少ない事を意味する




American Thoracic Society Documents
American Thoracic Society/European Respiratory Society Statement on Pulmonary Rehabilitation Am J Respir Crit Care Med Vol 173. pp 1390–1413, 2006

Core Components of Cardiac Rehabilitation/Secondary Prevention Programs: 2007 Update: A Scientific Statement from the American Heart Association and AACVPR
Balady G et al. Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention 2007;27:121-129

by internalmedicine | 2009-02-19 14:47 | 呼吸器系  

<< CRP / neopteri... SYNTAX研究: CABGは... >>