特発性肺線維症・・・やはり気管支肺胞洗浄 必要?

BALのリスクについて考慮されていない論文


Significance of Bronchoalveolar Lavage for the Diagnosis of Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
Am J Respir Crit Care Med. 2009 Feb 26
序文: 2002 ATS/ERS Consensus Classificationに従い、IPF(idiopathic pulmonary fibrosis )診断は、開胸肺生検なしでも、臨床的・生理学的所見と、HRCTの典型的特徴が合致したときなされている。

2000 ATS/ERS の4つのクライテリアの一つであった、Bronchoalveolar lavage (BAL) and/or 経気管支肺生検は、2002 ATS/ERS Consensus Classificationではもはや必須ではなくなった


目的: IPF診断のためのBALの追加的有用性

対象: 101 名のHRCTにてIPF疑い患者を対象
27名は肺機能障害無く、5名は線維症をひきおこす基礎疾患あり、2名はIPFと一致しない臨床病歴のため除外(n=20)

74名は2002 ATS/ERS推奨クライテリアに合致

方法:手術的生検しない場合の診断分類
最終診断はBAL中のIPFと一致しない患者の病理的解析を含む検討によりなされた

測定と主な結果: BAL中のリンパ球比率 カットオフ値 30%は、IPF診断の良好な鑑別力をもつ
6/74(8%)がBAL中リンパ球比率 >30%


最終診断はNSIP(n=3)で、外因性アレルギー性肺隔炎(n=3)

診断認識の変更は、2例で確定され、4例がその後のアウトカムによりなされた。


結論:  74名中6名のBALリンパ球増加診断変更があったことは、BALなしの時の誤診につながる



参考:< pdf>

by internalmedicine | 2009-03-07 10:45 | 呼吸器系  

<< 多剤耐性結核:標準化レジメンと... 偏った医療情報を広めようとする... >>