良い雑音? "Noisy Ventilation"

"noisy ventilation"・・・ネガティブなイメージを持ってしまいそうだが・・・

Noisy Mechanical Ventilation: Listen to the Melody
http://journals.lww.com/anesthesiology/Fulltext/2009/02000/Noisy_Mechanical_Ventilation__Listen_to_the_Melody.7.aspx)には、
”BIOLOGIC systems are characterized by variability, termed noise, rather than monotonous patterns. For example, two cells will have different chemical compositions, despite identical gene expression. The random nature of these fluctuations improves the fitness of both subcellular processes and organismal survival, when compared to deterministic systems.This phenomenon has been termed stochastic resonance, whereby noise added to a system improves the systems performance.”
と解説されている。

変動のランダム特性とでも訳すか・・・“random nature of these fluctuations”が大事だと・・・


noisy ventilation: noise added to tidal volume and frequency, called noisy ventilation, during mechanical ventilation


通常の一回換気量・呼吸回数に、"noisy ventilation”を加える方法が有効なようである。


"Noisy ventilation"により
(1)ARDS Network プロトコールやopen lung approachと比較して、動脈中酸素化と平均吸気ピーク気道内圧・呼吸器系エラスタンス改善が示された
(2) ARDS Network プロトコールと比較して、caudal zoneの肺血流再分布が、open lung approachと比較して末梢での肺血流の再配分がみられた
(3)両protective ventilation strategy群と比較して、組織学的障害の減少が見られた
(4)肺の炎症や機械的ストレスの増加はない
という効果が見られたとのこと
Variable Tidal Volumes Improve Lung Protective Ventilation Strategies in Experimental Lung Injury
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 179. pp. 684-693, (2009)



そういえば、昔、“1/f ゆらぎ”ってはやり、扇風機などで、いわゆる付加価値商品があったが、ワンパターンすぎる流速変化で、なんかかえって落ち着かなかった・・・

家電メーカーも”random nature of these fluctuations”をはやらしたらどうか・・・

by internalmedicine | 2009-04-08 10:02 | 呼吸器系  

<< 治療抵抗性高血圧対する除神経治... 経団連企業の利益のみ追求した景... >>