アレルギー性喘息のTRPA1アンタゴニストの創薬可能性

アレルギー性喘息で重要な役割を果たす イオン・チャンネル TRPA1がYale Universityで、Hydra Biosciencesで発表され、HydraのTRPA1 antagonist HC-030031 が、マウスのアレルギー性喘息で有効であることが示された。



Breathtaking TRP Channels: TRPA1 and TRPV1 in Airway Chemosensation and Reflex Control
Physiology, Vol. 23, No. 6, 360-370, December 2008

TRPA1は、感覚神経TRPイオン・チャンネルで、気道のchemosensation と inflammationに役割を果たす。TRPA1は塩素、ROS、たばこ・スモッグの毒性成分により活性化、炎症・気道過敏反応を引き起こす。TRPV1とともに、カプサイシン受容体、TRPA1は喘息・COPD、”reactive airway dysfunction syndrome”における化学的過敏、慢性咳嗽、気道炎症を生じる



A sensory neuronal ion channel essential for airway inflammation and hyperreactivity in asthma
PNAS May 19, 2009, 106 (20)


TRP受容体
http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/anat-receptor.html#vr1

TRPA1(ANKTM1)受容体
http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/anat-receptor.html#trpa1



Reactive Airways Dysfunction Syndrome (RADS):定義
http://www.agius.com/hew/resource/rads.htm

by internalmedicine | 2009-05-22 12:19 | 呼吸器系  

<< 首相官邸:マスク使用の指導は穏... イギリスでの扁桃組織プリオン頻... >>