デジャ・ビュ:新幹線運転手居眠り

2009年6月12日 09時55分
運転士が居眠り、60m駅通過 大阪、「無呼吸」を治療中
http://www.excite.co.jp/News/society/20090612/Kyodo_OT_CO2009061201000196.html
 大阪市西区の市営地下鉄千日前線阿波座駅で11日午後1時15分ごろ、南巽発野田阪神行き電車の男性運転士(41)が居眠りをしてブレーキ操作が遅れ、停止位置を約60メートル通り過ぎていたことが12日、分かった。市交通局によると、運転士は昨年12月から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療を受けており「前の駅を出て加速後、眠くなり記憶がなくなった」と話している。


H15.2.26日の“新幹線運転手居眠り”の件を保存してたのだが・・・マスコミのいい加減さがよく分かる。
すなわち、「気のゆるみ」のせいにして、その後、聞き慣れない“睡眠時無呼吸症候群”に大騒ぎ・・・

”JR山陽新幹線で26日、運転手(33)が居眠りし、「ひかり126号」が岡山駅前で停車した事故で、この運転士が前日、知人たちとかなり酒を飲んでいたことが分かった。・・・「運転士の気のゆるみが原因」と・・・
a0007242_11423878.jpg


a0007242_11425131.jpg


a0007242_1143465.jpg



"Federal/Motor Carrier Safety Aministoration"では”睡眠時無呼吸症候群診断されたドライバーは、毎年PSGもしくはMSLTを受けなければならない”となっている。
それに反する検討もあるようだが(睡眠時無呼吸症候群と自動車事故の関連:TECH BRIEF: Sleep Apnea Crash Risk Study)いづれにせよ、きちんとCPAPなど治療が継続されているか、職業ドライバーにおいてはその徹底が求められる。

by internalmedicine | 2009-06-12 12:08 | 呼吸器系  

<< FDA指示:LT系薬剤の精神神... 白髪の機序:メラノサイト幹細胞... >>