COPD患者への非支持上肢運動トレーニングの効果

最近の呼吸リハビリテーション(PR)ガイドラインアでは、COPD患者において、上肢運動トレーニングを推奨している。理論的サポートとして、呼吸補助筋活動性の理解の上に成り立っている。
いまだに、研究方法論の上で結論が出ていなかった。
Chronic Obstructive Pulmonary Disease (UEET-COPD):NCT00825032



Effects of Unsupported Upper Extremity Exercise Training in Patients With COPD. A Randomized Clinical Trial
Published online before print June 2009, doi: 10.1378/chest.09-0165

三週間の院内患者Prで、unsupported UEET+PR(介入群) vs PR単独(対照群)の比較
6分間ring test(6MRT)の変化をプライマリアウトカムとする

50名のCOPD患者をランダムに割り付け、研究終了時、6MRTとADLは有意に介入群で改善p = 0.018 と p = 0.010) 、疲労自覚減少(p ≤ 0.006)

6ヶ月フォローアップ時、6MRT(p = 0.001) 、LCADL(p = 0.039) は有意差維持



聞き慣れないことば・・・6-MRTについて・・・
http://dlibrary.acu.edu.au/digitaltheses/public/adt-acuvp159.05062008/02whole.pdf
”The distance run in six minutes(6MRD) was measured to the nearest 10-metre plastic cone.”


"supported"と"unsupported"について・・・

a0007242_8164874.jpg


肩伸展
肩伸展運動とともに、肘の屈曲・進展
それぞれの肘の屈曲・伸展
水平外転・内転
肩の円形運動


Supported arm exercise vs unsupported arm exercise in the rehabilitation of patients with severe chronic airflow obstruction.
10.1378/chest.103.5.1397 CHEST May 1993 vol. 103 no. 5 1397-1402

by internalmedicine | 2009-07-03 08:17 | 呼吸器系  

<< dronedarone:FDA... M型PLA2Rは自己免疫疾患・... >>