急性肺塞栓の予後的戦略:臨床側面、画像、バイオマーカー

図表に間違いがあるものだから・・・信用して良いのか・・・疑心暗鬼に陥る総説


Prognostic stratification of acute pulmonary embolism: Focus on clinical aspects, imaging, and biomarkers
Vascular Health and Risk Management 2009:5 567–575(pdf)


a0007242_15301790.jpg



・臨床的パラメータ
-ショック/低血圧: 収縮期血圧 ≦ 90mmHg
-ショック指数: >1
-PESI :Class III、IV、V

・インストルメンタルなパラメータ
-12誘導心電図:前胸部誘導のT波陰転化の存在と数
-心エコー:RVD所見
-computer tomography pulmonary angiography(CTPA):CPTE index(→おそらく、Computer Tomography Pulmonary Embolism (CTPE) indexの間違い)、proximal clot、RV/RV直径比>1 →おそらく、end-diastolic RV/left ventricular [LV] 比の間違い
・検査パラメータ
-増加:troponin I or T、NT-proBNP、H-FABP、ミオグロブリン、GDF-15



治療
a0007242_15494062.jpg



by internalmedicine | 2009-07-07 15:17 | 呼吸器系  

<< 椎間板ヘルニア坐骨神経痛:顕微... 診療報酬カット:エコー42%、... >>