記憶障害・認知症予測の遺伝子診断

加齢に伴う記憶障害発症進行が遺伝に依存するという事実は冷酷にもおもえるが、そのリスクを客観的にとらえて、生活指導や薬物予防に役立てられるとしたらと・・・ポジティブに考えることもできるのだろう。

記憶と APOE ε4 Alleleについて、APO ε4 variantはアルツハイマー病リスク増加と関連。認知加齢の縦軸モデリングにて1、2つの APOE ε4 alleleをもつ対象者と、持たない対象者ではその差が60歳前で生じる。
Longitudinal Modeling of Age-Related Memory Decline and the APOE ε4 Effect
N Engl. J Med. Vol. 361:255-263 Jul. 16, 2009

primary end pointは長期記憶喪失、長期記憶スコア: Auditory–Verbal Learning Test (AVLT-LTM)
一般認知、非記憶ドメイン評価のprioriとしてFolstein MMSE、言語スキルとしてCOWATも評価
Judgment of Line Orientation (JLO) testを視覚空間認識能テストとして施行

815名解析、317 APOE ε4 キャリア (ホモ接合体 79、238はヘテロ接合体キャリア)
非キャリア比較において、フォーマルな教育期間 (15.4 years)と女性比率 (69%)という条件での等価比較では、より若年 (平均年齢, 58.0 vs. 61.4 歳; P<0.001) 、より長期フォロー (5.3 vs. 4.7 年, P=0.01)されている。
キャリアの縦軸減衰は60歳前から始まり、加速が急速 (P=0.03)で、allele量効果的である (P=0.008)

a0007242_9274168.jpg




そして、アルツハイマー病と関連する成人はランダムに割り付けし、臨床的な心理的distressに関して差がなかった。
Disclosure of APOE Genotype for Risk of Alzheimer's Disease
REVEAL Study Group
N Engl. J Med. Vol. 361: (3) 245-254 Jul. 16, 2009




”MRI・・アポリポ蛋白E・長谷川式簡易痴呆スケール(HDS-R)”を脳ドックと称して行っている施設がある。先走りしている施設はいかなる説明が被験者になされているのだろうか?確たるエビデンスがないうちにする説明というのは・・・はなはだ混乱をもたらすと思うのだが・・・


生命保険会社などがこのような遺伝情報を使ってビジネスを構築するとしたら・・・という、もう一つの悪夢も・・・


APOE 表現型を持つ人は、ストレスによる記憶障害を生じやすい 2007-08-28

妊娠中、胎児由来の胎盤遺伝子を介して、母親に脂質代謝の影響を及ぼす 2005-10-31

by internalmedicine | 2009-07-16 09:49 | 精神・認知  

<< カプセル内視鏡のadvance... 変形性膝関節症:過体重・肥満と... >>