喘息:ヨガによる包括的ライフスタイル修正の効果

喘息に対するヨガの効用・・・以下のトライアル報告、喘息の主観的な改善ばかりのような気がする。肺機能やEIB改善も経過改善だし・・・

だが、QOL改善も医療の目的・・・故に、本格的に取り組むことも無駄ではないだろう。

The efficacy of a comprehensive lifestyle modification programme based on yoga in the management of bronchial asthma: a randomized controlled trial
BMC Pulmonary Medicine 2009, 9:37doi:10.1186/1471-2466-9-37
【背景】 喘息管理においてヨガの有用性のエビデンスは実態として存在する。
多くの研究では、肺機能の改善、QOL,起動過敏性、発作頻度、薬物使用などの喘息への影響の研究が主ので、運動誘発性喘息(EIB)、運動耐容能への影響に関しての研究は少ないが存在する。しかし、ヨガの免疫メカニズムによる研究にて喘息の様々な要因改善の報告はない.
【方法】軽症から中等症気管支喘息57名の randomized controlled trial (RCT)
ヨガ(介入群) 29、対象群 28にランダム割り付け。対照群は通常ケアのみで、ヨガ群はヨガベースの介入と通常ケア
2週間のスーパーバイズされたlifestyle修正トレーニングとヨガベースのストレスマネージメントで6ヶ月支度での実行を継続
アウトカム測定は0週(ベースライン)、2、4、8週間:Generalized Linear Model (GLM)
post hoc解析
【結果】ヨガ群で、確実でかつ、徐々なる改善がみられ、ベースラインに比べての8週後FEV1、2・4・8週のPEFRの統計学的に有意な改善が見られた。
ヨガ群ではEIBの有意な減少が見られた。
しかし、運動尿中PGD2代謝物質(11βプロスタグランジンF2α)値の減少は見られなかった。
ECP値は8週間の間有意な差もなかった。
喘息QOL(AQOL)の有意な改善が両群とも8週間持続したが、改善はヨガ群が早期に到達し、より完全に認めた。NNTは総QQOLスコアにて1.82。総AQOLスコア改善は有意最小差より大で、同様にAQOL属性でも認められた。
a0007242_1013396.jpg


rescue medicatioの頻度は有意に両群で減少したが、減少の到達率はヨガ群で早く、顕著であった。
【結論】現行RCTは、ヨガのmind body approachを通常ケアに加えることで、喘息の主観的・客観的アウトカム測定値改善をもたらす事が示された。
このトライアルにて、ヨガの有用性が支持された。
しかし、介入の作用メカニズムに関する事前努力にかかわらず、ヨガが喘息にどのように影響を与えるかは不明のままである。
Current Controlled Trials ISRCTN00815962


介入方法原文
The program consisted of lectures and practical sessions on asanas (postures), pranayamas (breathing techniques), kriyas (cleansing techniques), meditation and shavasana (a relaxation technique).

The 4-hour sessions included asanas and pranayamas for 1 hour; breakfast and building up of group support for 30 min; lecture and discussion for 2 hours and meditation for 30 min.The yoga practice sessions were conducted by a qualified yoga instructor.The lectures were on yoga, its place in daily life, its application to stress management, fundamentals of nutrition and health education relevant to their illness.



以下、参考・参照資料

asana:ヨーガのポーズ →http://en.wikipedia.org/wiki/Asana
pranayama:呼吸法 →http://en.wikipedia.org/wiki/Pranayama
Kriya:「意識」を伴った状態でアーサナ、プラーナヤーマ、瞑想、マントラを実践 →http://en.wikipedia.org/wiki/Kriya
瞑想 と shavasana(→http://en.wikipedia.org/wiki/Savasana


Yoga as a Complementary Therapy (http://www.medscape.com/viewarticle/525187)に解説、


Therapeutic effects of yoga for children: a systematic review of the literature.
Pediatr Phys Ther. 2008 Spring;20(1):66-80.


Yoga intervention for adults with mild-to-moderate asthma: a pilot study.
Ann Allergy Asthma Immunol. 2005 May;94(5):543-8.

by internalmedicine | 2009-08-01 10:39 | 呼吸器系  

<< 白衣高血圧・仮面高血圧は長期的... ARMYDA-RECAPTUR... >>