睡眠呼吸障害 sleep-disordered breathing 大規模コホート研究:40~70歳男性において

睡眠呼吸障害 sleep-disordered breathing ・・・ くりかえすが、SASの呼称なんか、日本だけ、閉塞型無呼吸を鑑別できている場合はOSAとし、簡易的検査のみの時はSDBとして呼称するのが学術報告の常

さて、SDBの前向きコホート研究

Sleep-disordered breathing and mortality: A prospective cohort study
PLoS Medicine, 08/21/09

40歳以上、sleep-disordered breathing治療患者のいない、6000名の検討
夜間呼吸、睡眠パターン、血液酸素レベルを評価し、AHI(apnea-hyppnea index)を計算
フォローアップ中、1047名の患者死亡
SDBなしの被験者に比べ、重度SDB(AHA  ≥3)被験者では共役因子補正後約1.5倍のリスク
軽度SDBでは統計学的に死亡リスク増加せず






年齢、性別の群別後、40-70歳男性重度SDBは全原因死亡にてリスク増加



冠動脈死亡はSDBとの関連は男性のみで女性にはみられない

by internalmedicine | 2009-08-22 10:31 | 呼吸器系  

<< インフルエンザワクチン ユニバ... 若年者認知症リスク:喫煙、高血... >>