農業における慢性気管支炎・COPD・肺機能:畜産・アトピー素因の影響大きい

畜産農夫は、慢性気管支炎、COPD、FEV1減少リスクが高い。アンモニア、硫化水素、無機塵、有機塵が原因の可能性があるが、特異的生物学的原因物質としては同定できないが、アトピーを有する場合、農業-関連COPD発症の感受性が高い。

Chronic Bronchitis, COPD, and Lung Function in Farmers
The Role of Biological Agents
CHEST September 2009 vol. 136 no. 3 716-725

ノルウェーの農家の横断研究(n=4735)で、呼吸器症状、肺機能評価
アトピーをsubsampleで評価(n=1213)
ダスト、真菌芽胞、actinomycete 芽胞、エンドトキシン、細菌、貯蔵庫ダニ(storage mites)、(1→3)-ß-D-glucans、 真菌抗原,、有機塵、無機塵、ケイ酸、アンモニア、硫化水素などの暴露を127のランダム選択農家で調査
農作物農夫に比べ、畜産農夫は慢性気管支炎(オッズ比 [OR], 1.9; 95% 信頼区間[CI], 1.4 ~ 2.6) 、COPD(OR, 1.4; 95% CI, 1.1 ~ 1.7). FEV1 (−41 mL; 95% CI, −75 ~ −7) が多い。

FEV1 (−41 mL; 95% CI, −75 ~ −7) は有意に減少するが、 FVC (−15 mL; 95% CI, −54 ~ 24) は差無し
FVCをのぞき、多くの物質暴露という要素は肺合併症の予測因子となる。
アンモニア、硫化水素、無機塵で、特に、多回帰モデル補正後関連が大きい
しかし、特異的な生物学的物質の効果は評価不能、なぜなら相関が強すぎたから。

アトピーを有する農夫は、FEV1が有意に低い (OR, −87 mL; 95% CI, −170 ~ −7),が、慢性気管支炎、COPD、FVCと直接相関はない。
しかし、COPDにおける農作業と特異的暴露はアトピー農夫において特にその影響が大きい。



畜産での無機塵というのは、ちょっとわからないのだが・・・なんなのだろう?

by internalmedicine | 2009-09-07 16:05 | 呼吸器系  

<< COPD患者へのスタチン ・・... COPD肺高血圧には炎症、特に... >>