市中肺炎ガイドライン遵守により死亡率・入院期間改善

市中肺炎成人におけるガイドライン遵守治療と、死亡率・入院期間の関連

市中肺炎(CAP)は合併症・死亡率で世界的に重大な疾患。CAP治療臨床実践ガイドラインは議論のあるところで、実行の面では必ずしも一致してない。
今回の報告では臨床的アウトカムとガイドライン遵守治療は、地域病院・教育病院におけるlarge quality-improvement databaseにおける評価において、相関を評価したところ、健康アウトカム、入院時死亡率および入院期間を改善する。

Guideline-Concordant Therapy and Reduced Mortality and Length of Stay in Adults With Community-Acquired Pneumonia
Playing by the Rules
Arch Intern Med. 2009;169(16):1525-1531.



この種の報告って多い・・・

Adherence to guidelines’ empirical antibiotic recommendations and community-acquired pneumonia outcome
Eur Respir J 2008; 32:892-901

Factors impacting on length of stay and mortality of community-acquired pneumonia
Clinical Microbiology and Infenction Volume 14 Issue 4, Pages 322 - 329

でも、”日本の市中肺炎ガイドライン”を遵守して、それのより死亡率・入院期間短縮というエビデンスはあるのだろうか?

CRPを治効果判定に使ったり・・・IDSAと相違があるのだが・・・

by internalmedicine | 2009-09-15 09:19 | 呼吸器系  

<< アルコール依存・・・Webベー... 【性差医療?】女性うっ血性心不... >>