スタチン局所投与:糖尿病性創傷に効果あり?


The American Journal of the Medical Sciences:
September 2009 - Volume 338 - Issue 3 - pp 201-204 
doi: 10.1097/MAJ.0b013e3181aaf209


ラットに、28streptozotocinによる2つの 15 × 15 mm-サイズの創傷作成(8群)
無治療で、7日、14日後
1:1lanolin・vaseline混合物治療で、7日、14日後
1%スタチン+lanolin・vaseline混合物治療で、7日、14日後
5%スタチン+lanolin・vaseline混合物治療で、7日、14日後


14日目に、創傷治癒率は、それぞれ、4%、40%、96.59%、96.51%( healing ratio (%) = 100 × (1-wound area/initial wound area)

創傷治癒率は、多因子比較にて、有意に糖尿病ラット群で高かった( P < 0.001)

by internalmedicine | 2009-09-18 16:18 | 糖尿病・肥満  

<< 変形性関節症治療への希望、新し... CLINICAL YEAR ... >>