COPD急性増悪トリアージ・ツール :BAP-65

COPD予後推定:BODE指数よりADO指数 2009/09/01 15:38:00 ってのを取り上げたが・・・ ”FEV1予測、MRCスケール呼吸困難土、年齢”であった。


今度は、COPDの急性増悪(AECOPD)に注目、AECOPDは、入院必要となったり、合併症・死亡率と関連する要素であり、単純な重症度スコア、BAP-65が開発され、AECOPDの約10万人入院ベースで検討された(ホントは88074名なのだが・・・)ものである。

・elevated blood (B) urea nitrogen level
・altered (A) mental status
・increased pulse (P)
・age older than 65 years


リスクポイントのない患者では、死亡・人工呼吸必要性がきわめて低く、すべてのリスクがある場合、死亡・人工呼吸確率22%となる。
これは、AECOPD患者管理のトリアージ意思決定に役立つものと考えられる

Mortality and Need for Mechanical Ventilation in Acute Exacerbations of Chronic Obstructive Pulmonary Disease
Development and Validation of a Simple Risk Score
Arch Intern Med. 2009;169(17):1595-1602.

by internalmedicine | 2009-09-29 10:05 | 呼吸器系  

<< 睡眠時無呼吸症候群と糖尿病:頚... 前立腺癌PSA検診は死亡率を改... >>