COPD:Budesonide/formoterol と スピリーバ併用はスピリーバ単独に勝る

Budesonide/formoterol と tiotropium はCOPD患者治療の維持療法としてもっとも津川rている。
これらの併用が追加ベネフィットをもたらすかどうか?
tiotropiumにbudesonide/formoterol追加のefficacyとtolerability

Efficacy and Tolerability of Budesonide/Formoterol Added to Tiotropium in Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2009; 180: 741-750.



12週のランダム化二重盲検平行群多施設研究で、2週間のrun-in期間で、660名(75%男性;平均年齢 62歳;FEV1 1.1L;38%正常予測値)、40歳以上
tiotropium(18μg/日)+budesonide/formoterol(320/9μg)かプラセボ(n=331)1日2回投与

budesonide/formoterol投与前・投与後FEV1、FVC、IC、健康状態測定
自宅での連日測定(前後FEV1、PEF、朝の症状・活動性、朝のreliever使用)、重症急性増悪、耐用性測定

併用群は、tiotropium単独群より、FEV1を投与前 6%(65ml)、投与後11%(5分、60分後123、131ml)増加
他のアウトカムも有意に併用群で有意に改善
重症急性増悪回数は62%減少(rate ratio, 0.38; 95% 信頼区間, 0.25–0.57; P < 0.001).
両治療群とも耐用性良好


日本では、アドエア(250)が、お先にCOPD健保適応になっているが・・・


Budesonide/Formoterol More Cost Effective Than Salmeterol/Fluticasone In Severe COPD(http://www.medicalnewstoday.com/articles/51375.php)の続報が気になるところである。



formoterol Turbulhalerのおもしろさ・・・短期β2アゴニストのごとく、relieverとして注目されている。

Formoterol Turbuhaler as reliever medication in patients with acute asthma
Eur Respir J 2006; 27:735-741
長い歴史をもつ、rapid-and-short-acting β2アゴニストは、症状改善に対して用いられ、formoterolは、salbutamolと同じで、ICS併用で用いられ手いるが、持続時間が長い
Politiek ら(Eur Respir J 1999;13:988–992)は formoterol via Turbuhaler®が、salbutamol via pMDIと同等の、メサコリン誘発気管支痙縮に対する3分以内の症状改善効果が見られた。これは急性重症気管支けいれんのモデルであり、症状改善薬剤としての可能性がでてきた。
局所気管支拡張活動性に反して、吸入・経口formoterolの全身性の影響は短期で、SABAと類似していることがこの薬剤の特徴(Eur J Clin Pharmacol 2000;56:363–370.)といえる。さらに、用量反応研究にて、therapeutic index (i.e. the dose ratio between lung function improvements and systemic activities)では、salbutamol via pMDIよりformoterol Turbuhalerの方が2.5倍(有意差無し)であった。


by internalmedicine | 2009-10-06 08:48 | 呼吸器系  

<< 無呼吸と肥満、COPD 推奨:卵アレルギー児童へのイン... >>