癌患者への運動の効果

脳疾患や転移性骨疾患を除く、様々な癌患者、アジュバント化学療法や進行癌治療中において高・低強度のスーパーバイズ下の多相的な運動介入は、適用性・安全性十分で、疲労・バイタリティー向上、好気的運動能力、筋力増強、機能的活動性、情緒的向上にやくだつ。
しかし、QOLに影響なかった。


269名のがん患者、73名の男性、196名の女性、平均年齢47歳(20-65歳)


Effect of a multimodal high intensity exercise intervention in cancer patients undergoing chemotherapy: randomised controlled trial
BMJ 2009;339:b3410, doi: 10.1136/bmj.b3410 (Published 13 October 2009)
21の診断病名、主な除外クライテリアは脳・骨転移
235名の患者でフォローアップ完遂

介入は、 Supervised exercise (high intensity cardiovascular and resistance training, relaxation and body awareness training, massage)
6週間週9時間+通常ケア で、通常のケア単独と比較

メインアウトカム測定:
・European Organization for Research and Treatment of Cancer Quality of Life Questionnaire (EORTC QLQ-C30)
・Medical Outcomes Study Short Form (MOS SF-36)
・Leisure Time Physical Activity Questionnaire
・筋力 (one repetition maximum)
・最大酸素消費量 (Vo2max)


ベースラインスコア、人口動態パラメータ変数補正後、介入群はプライマリアウトカム改善をみた

・疲労 –6.6 点 (95% 信頼区間–12.3 ~ –0.9, P=0.02; effect size=0.33, 0.04 ~ 0.61)

・vitality (effect size 0.55, 95% CI 0.27 ~ 0.82)
・身体機能(0.37, 0.09 ~ 0.65)
・身体に関する日常役割機能(role-physical) (0.37, 0.10 ~ 0.64)
・精神に関する日常役割機能(role-emotion)(0.32, 0.05 ~ 0.59)
・mental health (0.28, 0.02 ~ 0.56) スコア


改善は運動能力でも見られた
最大酸素消費量 0.16 l/min (95% CI 0.1 ~ 0.2, P<0.0001) 、筋力(下肢プレス)29.7 kg (23.4 ~ 34.9, P<0.0001)

グローバルな健康状態・QOLに差無し




EORTC QLQ-C30にて、QOL評価されている。それにしても、QOLに変化がなかったのは?考察にもその理由が記載されてないように思う。

記載としては、
The failure of the intervention to significantly improve global health status/quality of life indicates that this type of short term intervention was not able to overcome the complexity of patients’ overall negatively affected situation. Being diagnosed with cancer and exposed to chemotherapy disrupts the patient’s life, affecting physiological and psychological functioning and contributing to negative effects on the global health status/quality of life. Improvements in this measure may have been too ambitious a goal in this short term clinical trial.
のみ


テーマと関係ないが、日本の論文だと、運動能力が改善しただけで、QOL向上に寄与したと簡単に記述する・・・が、QOLスコアにて評価した場合のみこういう記述がゆるされるのだなぁ・・・と改めて感じた。

by internalmedicine | 2009-10-17 10:53 | がん  

<< ライノウィルス関連COPD急性... 事業者や学校・保健所などへの陰... >>