肺塞栓=下肢静脈血栓は、誤ったドグマ?:下肢静脈血栓と肺塞栓の疎な関連

George C. Velmahosら( Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School, Boston)は、247名の外傷患者で、肺と骨盤・下肢の静脈の画像スキャンを行い。

247名の患者のうち、46(19%)で肺塞栓、18(7%)でDVTを検出
PEの7名(15%)でDVT

あらゆるdemographicあるいは、臨床的変数評価の上で、肺塞栓とDVTの有無において差違無し


肺塞栓と下大静脈フィルターのリスクベネフィットを再考慮必要

CT静脈造影がよりpopularとなり性格となれば、この問題は明らかにされるだろう。
wrong dogmaにより、肺塞栓臨床がなされてた可能性がある

Pulmonary Embolism and Deep Venous Thrombosis in Trauma: Are They Related?
George C. Velmahos, Konstantinos Spaniolas, Malek Tabbara, Hani H. Abujudeh, Marc de Moya, Alice Gervasini, and Hasan B. Alam
Arch Surg. 2009;144(10):928-932.

エディトリアル:Searching for the Source of Venous Clots: An Unsolved Old Problem
Comment on "Pulmonary Embolism and Deep Venous Thrombosis in Trauma: Are They Related?"
Raul Coimbra, MD, PhD
Arch Surg. 2009;144(10):932.

by internalmedicine | 2009-10-20 12:03 | 呼吸器系  

<< 重症心不全患者へのアルドステロ... 上気道感染後嗅覚低下に、ステロ... >>