肺動脈閉塞圧推定ベッドサイドツールとしてのエコー所見

輸液治療における主要制限因子は肺水腫リスクであり、間質性浮腫は肺胞性肺水腫の前段階で出現する。この研究は、間質性浮腫検知のベッドサイドツールとして、肺超音波を評価したもの

エコー上のA-lineは正常肺表面の水平aritifact、B-lineは胸膜下間質を示唆するcomet-tailのartifact
この所見とpulmonary artery occlusion pressure (PAOP) (肺動脈閉塞圧)値の関係の検討

A-Lines and B-Lines: Lung Ultrasound as a Bedside Tool for Predicting Pulmonary Artery Occlusion Pressure in the Critically Ill
Chest October 2009 136:1014-1020; doi:10.1378/chest.09-0001

・PAOP ≤ 13 mm Hg診断のため、 A-predominance は感度 90%、特異度 67%、PPV 91%、NPV 65%
・PAOP ≤ 18 mm Hg診断のため、A-predominanceは感度 93%、特異度 50% 、PPV 97%、NPV 24%



Relevance of Lung Ultrasound in the Diagnosis of Acute Respiratory Failure
Ches 2008; 134; 117-125; April 10,2008(pdf)
a0007242_11362446.jpg


a0007242_11325016.jpg


a0007242_1133571.jpg


a0007242_11332014.jpg


a0007242_11343777.jpg

by internalmedicine | 2009-10-29 11:39 | 呼吸器系  

<< 急性非広範性肺塞栓のトロポニン... 小児尿路感染:12ヶ月間 tr... >>