非結核性抗酸菌症:QuantiFERONの臨床的評価

川崎医大の報告

非定型抗酸菌に関して、種別で鑑別困難なのがある。

Clinical evaluation of the QuantiFERON®-TB Gold test in patients with non-tuberculous mycobacterial disease
Source: The International Journal of Tuberculosis and Lung Disease, Volume 13, Number 11, November 2009 , pp. 1422-1426(5)

214名のNTMを含む研究

Mycobacterium avium 83名 、M. intracellulare 80名 、M. kansasii 33名 、M. marinum 12名 、M. szulgai 3名 、M. abscessus 2名 、M. chelonei 1名

QFT-2Gテスト陽性
MAIC 2%
M. kansasii 52%
M. marinum 58%
M. szulgai 33%
M. abscessus 0%
M. chelonei 0%

QFT-2G陽性は NTM疾患の52%・・・これは、NTMはM. tuberculosis特異抗原を保有するためであろう

結論: QFT-2Gは、結核とMAICを鑑別する有効な診断方法であるが、いくつかの問題がのこる。M. kansasiiなどの鑑別やカットオフ値に関して・・・

by internalmedicine | 2009-11-02 10:53 | 呼吸器系  

<< 結核流行調査の胸部CT検査の有用性 COPDに対する運動訓練により... >>