症例対照研究:喫煙と膀胱癌リスクの関係

膀胱癌において最大のリスク要因は喫煙であり、男性では約半数は喫煙が原因、女性では28%とされ、発がん物質が腎で濾過され、尿中で濃縮されることが機序と考えられている(http://www.cancer.org/docroot/CRI/content/CRI_2_4_2X_What_are_the_risk_factors_for_bladder_cancer_44.asp)。

症例対照研究だが、最近、そのリスクがさらに年ごとに増加している?

A Case–Control Study of Smoking and Bladder Cancer Risk: Emergent Patterns Over Time
JNCI Journal of the National Cancer Institute 2009 101(22):1553-1561; doi:10.1093/jnci/djp361
定期・現行喫煙者は、無喫煙者より膀胱癌リスクは各々オッズ比 3.0(95%信頼区間CI 2.4-3.6、5.2(95%CI 4.0-6.6)
ニューハンプシャーにおいて、統計学的に有意に喫煙関連膀胱癌リスクが年代毎 (1994–1998, 1998–2001, 2002–2004)に増加

定期喫煙OR = 1.4(95% CI = 1.0 to 2.0; OR = 2.0, 95% CI = 1.4 to 2.9; and OR = 2.6, 95% CI = 1.7 to 4.0)、現行喫煙では2.9(95% CI = 2.0 to 4.2; OR = 4.2, 95% CI = 2.8 to 6.3; OR = 5.5, 95% CI = 3.5 to 8.9) (P for homogeneity of trends over time periods = .04)

強度カテゴリー内で、オッズ比は線形にpack-yearsにて増加、しかしスロープは強度とともに減衰

by internalmedicine | 2009-11-18 12:05 | がん  

<< 米国内科学会誌:乳がん臨床ガイ... 米国小児食物アレルギー急増 >>