呼気指紋:呼気揮発性有機化合物分析:だれでも、COPDと喘息の鑑別が可能になる?

おもしろい論文発見・・・臨床で、非常に苦労している部分であるCOPDと喘息が簡単に区別できる可能性がでてきた。

Exhaled Breath Profiling Enables Discrimination of Chronic Obstructive Pulmonary Disease and Asthma
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 180. pp. 1076-1082, (2009)
慢性閉塞性肺疾患と喘息はoverlappingする病態
非侵襲的biomarkerとしてqualifyする呼気揮発性有機化合物(volatile organic compounds (VOCs) )を含む。VOC特性は電子鼻により集積的分析、呼気分子指紋(breathprint)で評価


喘息患者のBreathprintを、COPDと区別可能(accuracy 96%; P < 0.001)
同様に、非喫煙対照群(accuracy, 95%; P < 0.001)とも、喫煙対照群(accuracy, 92.5%; P < 0.001)とも区別可能

COPD呼気特性は一部無症状喫煙者とオーバーラップする(accuracy, 66%; P = 0.006)

測定は反復可能で、再現性有り

by internalmedicine | 2009-11-19 17:37 | 呼吸器系  

<< 新型インフルエンザ接種後の死亡... 36ヶ月齢での喘鳴は交通関連の... >>