メタボリックシンドロームが2型糖尿病予測因子というが、なぜに比較対象がIFG?

多変量解析の補正要素を、年齢、家族歴、総コレステロール、アルコール摂取、喫煙、定期的運動として、メタボリックシンドロームが独立した予測因子だそうで・・・

体重は? 肥満度は? 中性脂肪などのコレステロール以外の脂質要素は?

なんか、私には、無理やりな気がする報告・・・

Impact of Metabolic Syndrome Compared With Impaired Fasting Glucose on the Development of Type 2 Diabetes in a General Japanese Population
The Hisayama study
Published online before print September 3, 2009, doi: 10.2337/dc09-0896 Diabetes Care December 2009 vol. 32 no. 12 2288-2293

by internalmedicine | 2009-11-26 09:30 | 糖尿病・肥満  

<< PBPペプチド抗体:自己免疫性... 低脂肪食ダイエットは動脈硬化を... >>