重症敗血症・敗血症性ショックへのコルチコステロイド:システム・レビューとメタ・アナリシス

敗血症や成人呼吸促迫症候群にこだわるかというと、死亡原因としてはかなり比率が高く、かつ、可逆性の可能性が高いと思ってるからですが、この方面のドラスティックな治療法の進歩はなかなかありません。


“敗血症におけるステロイドの生存率やショックへの影響は用量依存的である(メタ・アナリシス)”(http://intmed.exblog.jp/603473/)とほぼ同じ結論のメタ・アナリシスです。
まだHarrisonsonlineでは微小血栓予防薬とともに低用量ステロイドの遷延期への投与例について記載があるだけで記載がまだ無いようですが、そろそろ教科書レベル?



重症敗血症・敗血症性ショックへのコルチコステロイド:システム・レビューとメタ・アナリシス
Corticosteroids for severe sepsis and septic shock: a systematic review and meta-analysis
BMJ 2004;329:480 (28 August),
─────────────────────────────────
16/23トライアル(n=2063)で選択。コルチコステロイドは28日死亡率を変化させず(15 trials, n = 2022; relative risk 0.92, 95% confidence interval 0.75 to 1.14) 、入院死亡率も変化させず (13 trials, n = 1418; 0.89, 0.71 to 1.11)。有意な不均一性が存在。
長期のサブグループ解析で低用量(300mgハイドロコーチゾンあるいは同等量)のコルチコステロイドでは不均一性を認めず。
死亡率の相対リスクは28病日で (5つのトライアル n = 465; 0.67 - 0.95)、退院時死亡率0.83(5つのトライアル n = 465, 0.71 - 0.97)

コルチコステロイドの使用は、重篤な副作用無く、ICUでの死亡率を減少 (4つのトライアル n = 425, 0.83, 0.70 - 0.97)、7日目のショック回復増加(4つのトライアル n = 425; 1.60, 1.27 - 2.03)、28日目の回復増加 (4つのトライアル n = 425, 1.26, 1.04 - 1.52)
─────────────────────────────────

このステロイド投与は、敗血症の患者で、特に治療抵抗性のショックの患者においては副腎不全に陥っている人が多い(50~75%)。こうした患者では、コルチコステロイドの絶対量が不足しているだけではなく、末梢でのステロイドの効果が減弱することへの対策であって、根本治療でないのかも!

8月25日のNEJMに、遺伝子組換えによるプロテインCベースのサーファクタント投与により
生存率、人工呼吸必要日数の減少効果はなかったが、酸素化能の改善などが認められ投与期間延長により予後改善が期待できるかもしれない・・・・ということで、この辺の研究に期待したいですね。

by internalmedicine | 2004-08-27 11:33 | 呼吸器系  

<< 乳幼児突然死症候群(SIDS)... 間欠的短期間低酸素呼吸により心... >>