NGT・糖尿病前状態:1時間後血糖値 155 mg/dl と 炎症性マーカーとインスリン感受性の相関


Inflammation markers and metabolic characteristics of subjects with one-hour plasma glucose levels.
Diabetes Care. 2009 Nov 16.
糖尿病前状態(pre-DM)患者での1時間食後血糖値と炎症の関連
1062名の被験者参入にて、OGTT後、NGTとpre-DM患者での 食後血糖1時間値155mg/dl 比較

臨床下状態のフィブリノーゲンと白血球数数、脂質比、インスリン感受性(matsuda Index)比較


NGTとpre-DMに55mg/dlは有意な、炎症性マーカーと脂質比増加を示した (for all, p<0.05)

年齢・性・BMI補正解析にて、1hPGは有意に白血球数、フィブリノーゲンと相関(p<0.05)

1hPG高値群は、低値群に比べ、有意にインスリン感受性対価と関連(p<0.01)

by internalmedicine | 2009-11-30 15:32 | 糖尿病・肥満  

<< COPDなど肺用過分極化<... 漢方の一律健康保険適応はおかし... >>