他職種地域COPD包括プログラムのコスト効果

日本では、コストカットだけを目的に官僚主導で、在宅医療への推進が図られているが、ホントに科学的エビデンスがあるかというとはなはだ疑問。

INTERCOMプログラムはヨーロッパの他職種・地域院外ベースのCOPD介入プログラム

(Cost-)Effectiveness Interdisciplinary Community-Based COPD Management Program (INTERCOM)
http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00840892

2年間の、気流制限、運動機能障害を有する199名ののランダム化対照治験結果で、地域ベースの理学療法士・栄養士・病院ベースの看護師による運動トレーニング、教育、影響、禁煙コンサルト介入で、疾患特異的QOL改善。だが、急性増悪率には影響を与えず、コスト/AQLY比は中等度で、受容性ありと判断される。

Is INTERdisciplinary COMmunity-based COPD management (INTERCOM) cost-effective?
M. Hoogendoorn, C. R. van Wetering, A. M. Schols and M. P. M. H. Rutten-van Mölken
Eur Respir J 2010; 35:79-87



Short- and long-term efficacy of a community-based COPD management programme in less advanced COPD: a randomised controlled trial. van Wetering CR, Hoogendoorn M, Mol SJ, Rutten-van Mölken MP, Schols AM. Thorax. 2010 Jan;65(1):7-13. Epub 2009 Aug 23.



先行研究報告:多職種的、コミュニティーベースの疾患マネージメントプログラムは、運動機能障害を有するCOPD患者に有効だが、気流障害にはadvantageは少ない。
Short- and long-term efficacy of a community-based COPD management program in less advanced COPD: a Randomized Controlled Trial
Thorax doi:10.1136/thx.2009.118620

by internalmedicine | 2010-01-04 11:36 | 呼吸器系  

<< 癌患者での骨髄穿刺・生検疼痛に... 喀痰好酸球減少目安の吸入ステロ... >>