非重症肺気腫でも、気流制限・肺気腫の程度が左室機能・形態へ影響を及ぼす

住民ベース研究で、CTにて肺気腫定量化、スパイロメトリーにて肺機能評価、心室容積、心機能をMRIで評価

肺気腫の形態的指標(percent emphysema)と、気流閉塞重症度からみた肺機能は、ともに、左室拡張期終末容積、1回拍出量、心拍出量減少と線形関係をしめす。そして、この関連は、より喫煙者で大きい

Percent Emphysema, Airflow Obstruction, and Impaired Left Ventricular Filling
N Engl. J Med. Vol. 362:(3) 217-227 Jan. 21, 2010

最重症COPDは肺性心を生じ、肺血管抵抗高値となり、左室充満容積の減少を二次的にもたらし、一回心拍出量、心拍出量減少をもたらす。
最重症でない肺疾患患者でも、CTによる肺気腫の程度、気流制限が左室拡張終末期容積、心拍出量と逆相関するかの仮説をあきらかにしたもの

2816名の45-84歳を対象に、左室の機能・形態測定をMRIで行い、肺気腫の広がりを”percent emphysema”と表現し、心臓CTスキャンのlung windowでの-910 HU未満voxel単位比率をそれの定義。スパイロメトリーをATSガイドラインに従い施行し、threshold effectの検討のためにgeneralized additive modelを用いた。

現行喫煙者 13%、喫煙経験者 38%、喫煙経験無し 38%

percent emphysemaが10ポイント増加毎に、左室拡張期終末容積 (–4.1 ml; 95% 信頼区間 [CI], –3.3 ~ –4.9; P<0.001)、一回心拍出量 (–2.7 ml; 95% CI, –2.2 ~ –3.3; P<0.001)、心拍出量 (–0.19 liters per minute; 95% CI, –0.14 ~ –0.23; P<0.001).は、いずれも線形に減少。

現行喫煙者では、その関連の程度が、喫煙経験者・非喫煙者に比べ大きい。

気流制限の程度は、左室容積構造・機能と類似相関を示し、喫煙状態は他の関連に同様の修飾効果をもたらす。
Percent emphysema と気流制限は、左室駆出率と相関しない。




Cor pulmonale、肺性心は、最重症COPDで生じ、一般的には肺血管抵抗増大と右心不全をきたし、左室充満を阻害し、左室一回心拍出量、心拍出量を減少させる。だが、左室駆出率は一般的に保たれている。この病態は様々なメカニズム、肺実質破壊による肺血管能低下、低酸素肺動脈収縮、肺の過膨張による胸腔内圧増加などに起因する。

より軽症の肺疾患で同様なことが生じるかの命題。


a0007242_9443411.jpg


著作権に配慮して、サイズ極小画像だが、広範なばらつきはわかると思う・・・すなわち、肺気腫、すなわち、左室機能低下という即断にはつながらないと思う。

percent emphysemaに関して・・・
Image attenuation was assessed with the use of a modified version of the Pulmonary Analysis Software Suite at a single reading center by trained readers without knowledge of other information about the study participants. Attenuation of air outside the chest was measured on all scans to confirm scanner calibration at –1000 Hounsfield units. The percentage of lung volume with emphysematous features (hereafter referred to as percent emphysema) was defined as the percentage of the total voxels in the lung that showed attenuation of less than –910 Hounsfield units. This threshold was chosen on the basis of quantitative histologic comparisons and the generally mild degree of emphysema in the study. Emphysema measurements from the cardiac scans correlated closely with those from full-lung scans in the same study participants.

by internalmedicine | 2010-01-21 09:46 | 呼吸器系  

<< インフルエンザ点滴薬剤: ラピ... C. difficile毒素モ... >>