セイヨウオトギリソウはオキシコンチンの血中濃度を半減する

オキシコドン・・・商品名:オキシコンチン経口剤は、セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)により、血中濃度AUC半減

St John’s wort greatly reduces the concentrations of oral oxycodone
European Journal of Pain, 01/28/10(free full text)



オキシコドンに関しては、cytochrome P450 3A (CYP3A)とCYP2D6が関連するとのこと


RxList(http://www.rxlist.com/oxycontin-drug.htm)には"No specific interaction between oxycodone and monoamine oxidase inhibitors has been observed,"と書かれているが、サプリメントなど検討が必要だろう。


セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)には、覚えきれないくらいの相互作用がある。”インジナビル(抗HIV薬)、ジゴキシン(強心薬)、シクロスポリン(免疫抑制薬)、テオフィリン(気管支拡張薬)、ワルファリン(血液凝固防止薬)、経口避妊薬の効果が減少”程度は覚えておかないといけないのだろう。
これに、オキシコドンが加わった。他のμ受容体作動薬はどうなのだろう?

by internalmedicine | 2010-01-29 10:01 | がん  

<< CKD+うっ血性心不全患者の低... Mandometerを用いた子... >>