受動喫煙と結核

15486名の夫生存の非喫煙女性65-74歳香港居住コホートで、2000-2008年の地域結核発症登録と 結核死登録yと死亡を前向きに調査

受動喫煙暴露は、交絡背景因子補正後 独立した活動性結核 (ハザード比, 1.49; 95% 信頼区間, 1.01-2.19) 、培養確認結核発症 (ハザード比, 1.70; 95% 信頼区間, 1.04-2.80)と関連


Passive Smoking and Tuberculosis
Arch Intern Med. 2010;170(3):287-292.



能動喫煙でも当然ながら関連あり
Association between Tobacco Smoking and Active Tuberculosis in Taiwan: Prospective Cohort Study
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2009; 180: 475-480. First published online June 19 2009 as doi:10.1164/rccm.200904-0549OC
喫煙者は、活動性結核、オッズ比 1.94; 95%信頼区間, 1.01-3.73
65歳未満は、65歳超と比較してより相関が顕著(adjusted OR, 0.78; Pinteraction = 0.036)
1日の喫煙本数と用量依存関係あり

by internalmedicine | 2010-02-09 10:12 | 呼吸器系  

<< プライマリケア非特異的胸痛患者の経過 吸入ステロイドのCOPD急性増... >>