パイプや葉巻による尿コチニン濃度と肺機能への悪影響

パイプ(葉巻)やシガー使用は、シガレット使用の有無に関わらず、尿中コチニン濃度と相関し、肺機能減少、気流制限オッズ比増加と相関する。


The Association of Pipe and Cigar Use With Cotinine Levels, Lung Function, and Airflow Obstruction
A Cross-sectional Study
Ann. Int. Med. Feb. 16, 2010 vol. 152 no. 4 201-210

MESA Lung Study(48-90歳の臨床的な心血管疾患の被験者) :ATSガイドラインに従っったスパイロメトリーとMESAのsubsampleの尿中コチニン濃度(免疫分析)
pipe-yerasとcigar-yearsを事故報告禁煙開始年齢(あるいは、現行喫煙年齢)を日数あたりのpipe-bowlもしくはcigar数で分類
被験者3528名のうち、9%がpipe smoking(中央値、15 pipe-years)で、11%がcigar smoking(中央値、6 cigar-years)で、52%がcigarrette smoking (中央値, 18 pack-years)報告。

自己報告現行pipe、cigar smokerは尿中コチニン濃度が非喫煙者比較で高値

pipe-yerasはFEV1減少と相関
cigar-yerasはFEV1-FVC比減少と相関

pipeとcigar喫煙者は、airflow閉塞オッズ比増加する。これはcigarette使用有無に関わらない(有:3.43 [95% CI, 1.75 - 6.71]; P < 0.001) or 無し (odds ratio, 2.31 [CI, 1.04 - 5.11]; P = 0.039)



シガレットと異なり、シガーやパイプは吸い込まないから体に悪影響は少ない・・・とのたまわれる方が多いが、いずれも平均余命を短くする
 ↓
Cigar or pipe smoking reduces life expectancy to a lesser extent than cigarette smoking. Both the number of cigarettes smoked and duration of smoking are strongly associated with mortality risk and the number of life-years lost. Stopping smoking after age 40 has major health benefits.
Tob Control. 2007 Apr;16(2):107-13.

by internalmedicine | 2010-02-16 10:38 | 呼吸器系  

<< メトホルミンは魚のような、古び... 血液型抗原細菌に対する腸のga... >>