カテゴリ:運動系( 322 )

 

マラソン・ハーフマラソン時の心停止はかなり稀 ;心肺蘇生未施行例問題、心肥大リスクの問題あり

長距離走間の心停止の検討

検討では、突然死は、25万9千名に1人。大学のアスリートでは4万3770名に1人で、競技アスリートは5万2630名に1人

稀だが、死亡例のうち半数未満で、心停止後すぐの心肺蘇生を受けてなかったという改善すべき点が見られる。また、リスク層別化として、心肥大の問題が持ち上がっている。

Cardiac Arrest during Long-Distance Running Races
the Race Associated Cardiac Arrest Event Registry (RACER) Study Group
N Engl J Med 2012; 366:130-140January 12, 2012



2000年1月1日から2010年3月31日までのマラソン・ハーフマラソンに関連するUS内での心停止検討

1090万人ランナーにおいて、59(平均年齢 [±SD] 歳, 42±13 years; 51 男性)

心停止頻度  0.54 per 100,000 被験者; 95% 信頼区間 [CI], 0.41 to 0.70)

心血管疾患は心停止の大多数

ハーフマラソン(0.27; 95% CI, 0.17 to 0.43)より、マラソン(1.01 per 100,000; 95% CI, 0.72 to 1.38) で頻度が高く、女性(0.16; 95% CI, 0.07 to 0.31)より男性 (0.90 per 100,000; 95% CI, 0.67 to 1.18)で高い。

男性マラソンランナー、高リスク群は、調査10年間の後半期間で、その頻度増加  (2000–2004, 0.71 per 100,000 [95% CI, 0.31 to 1.40]; 2005–2010, 2.03 per 100,000 [95% CI, 1.33 to 2.98]; P=0.01)

心停止59名の内、42(71%)が致死的  (incidence, 0.39 per 100,000; 95% CI, 0.28 to 0.52)

完全な臨床データを有する31名の症例で、バイスタンダーによる心肺蘇生開始、肥大型心筋症より他の診断が良好な生存率の予測因子。


by internalmedicine | 2012-01-12 08:32 | 運動系  

フィットネストレンド 2012年予測

the American College of Sports Medicineが行っている調査

2012 ACSMWorldwide Survey of Fitness Trends
http://i2.cdn.turner.com/cnn/2011/images/12/16/fitness.trends.pdf

2011年のトップ10世界フィットネストレンド
1. Educated and experienced fitness professionals
2. Fitness programs for older adults
3. Strength training
4. Children and obesity
5. Personal training
6. Core training
7. Exercise and weight loss
8. Boot camp
9. Functional fitness
10. Pysician referrals

2012年
1. Educated, certified and experienced professionals
2. Strength training
3. Fitness programs for older adults
4. Exercise and weight loss
5. Children and obesity
6. Personal training
7. Core training
8. Group personal training
9. ZUMBA and other dance workouts
10. Functiona fitness
11. Yoga
12. Comprehensive health promotion programming at the worksite
13. Boot camp
14. Outdoor activities
15. Reaching new markets
16. Spinning(indoor cycling)
17. Sport-specific training
18. Worker incentive programs
19. Wellness coaching
20. Physician referrals

(赤文字は上昇 、青は顕著低下)


"コアを鍛えよう"という腹横筋にフォーカスを当てるトレーニング、Zumba(r)などの音楽を取り入れたエクササイズがさらに流行るだろうと・・・

ZUMBAの人気は急増しており、一番目立つ。提供ジムを見いだす方が難しい状況とのこと。

また、フィットネス・トレーナー需要が全般的に高まっており、他の職種に比べても、今後5年くらいの急増が予測される。










臨床整形外科学会がやろうとしている、内科系疾患無視ロコモなんたらは低下傾向顕著な”Physician referrals"に相当すると思う・・・

インチキ資格商売をするにはもってこいの時期! 行政がしっかりしていたら、この方面への目配りがあるのだろうが・・・ まぁ無理でしょ。アホ官僚どものことだから・・・

by internalmedicine | 2011-12-28 10:40 | 運動系  

メタアナリシス: ビタミンD±カルシウムサプリメント:癌・骨折予防

施設内老人に対して、骨折予防に関しては、血中濃度を測定の上、予防的に投与は合理的なのかもしれない。一方で、地域居住老人では合理性根拠厳しいのでは・・・

25(OH)D3は、日本において、現時点で、測定上の保険適応認められてない。

Vitamin D With or Without Calcium Supplementation for Prevention of Cancer and Fractures: An Updated Meta-analysis for the U.S. Preventive Services Task Force
Ann Int Med. December 20, 2011 vol. 155 no. 12 827-838

ビタミンD・カルシウムサプリメントは骨折リスクを減少させるが、地域居住の高齢者は、施設入所者よりその効果は小さい。適切な投与・投与量レジメンによるさらなる検討が必要。
ビタミンDサプリメントの有益性・有害性に関する結論は癌予防に関しては結論づけ出来ない。


19 RCT (癌:3、 骨折16 )、 28の観察研究(癌アウトカム)

高用量 (1000 IU/d)ビタミンDはがんリスク減少を示唆するRCTデータは限定的。
高濃度25-(OH)D濃度はがんリスク増加と関連するかもしれない観察研究結果。

Mixed-effects dose-response meta-analysisでは、10 nmol/L毎、血中25-(OH)Dのどは、6% (95% CI, 3% to 9%) の直腸結腸癌リスク減少と関連。しかし、前立腺癌・乳がんに関しては統計学的用量依存関連が見られなかった。
Random-effects model meta-analysisでは、ビタミンD・カルシウム組み合わせサプリメントにて、高齢者骨折リスク減少(pooled relative risk, 0.88 [CI, 0.78 to 0.99])するも、研究状況にて異なる効果;施設内高齢者(relative risk, 0.71 [CI, 0.57 to 0.89]) v 地域住居高齢者 (relative risk, 0.89 [CI, 0.76 to 1.04])

一つのRCTにて、副作用(腎臓・尿路結石)はサプリメント投与と関連。


Figure 1. Results of random-effects meta-analysis of the effects of vitamin D supplementation compared with placebo on total fracture in randomized, controlled trials.




Figure 2. Results of random-effects model meta-analysis of the effects of combined vitamin D and calcium supplementation as compared with placebo on total fracture in randomized, controlled trials.

NS = not specified; NV = nonvertebral.

* Equally allocated groups.

† Unequally allocated groups; 2 women were randomly assigned to the control group for every 1 woman randomly assigned to the treatment group.




Figure 3. Relationships between prediagnosis blood 25-(OH)D concentrations and risks for colorectal, prostate, and breast cancer in individual nested case–control studies included in the dose–response meta-analyses.



Appendix Figure 7. Effects of vitamin D with or without calcium supplementation on the net changes in serum 25-(OH)D concentrations.

by internalmedicine | 2011-12-26 17:49 | 運動系  

ACR発表:ステロイドと骨壊死

ビスフォスフォネート副作用がらみで骨壊死ってをよく聞くようになったが・・・

Department of Veterans Affairs (VA) の症例対照データ
30日内の短期使用でも骨壊死リスクは、非暴露に比べ オッズ比 3.8 (95% CI 2.1 to 6.8)
1年超で オッズ比 212.2 (95% CI 8.9 to >999.9)に跳ね上がる

92%が股関節で、他は、顎 2%、膝 1.9%

直近の薬物治療不問・ステロイド暴露関連骨壊死
1-90日  OR 5.8 (95% CI 1.6 to 21.2)
180-365日 OR 8.9 (95% CI 2.5 to 32.5)
730日以降  OR 4.3 (95% CI 2 to 9)

既使用者(remote user)、指数日前1年超の暴露歴でもリスク継続
30-90日間 OR 9.3 (95% CI 2.5 to 34.9)
90-180日間 OR 4.1 (95% CI 0.4 to 47.9)
365日超 OR 165.4 (95% CI 7 to >999.9)


Source reference:
Vlad S, et al "Short periods of glucocorticoid use are associatd with a prolonged risk of osteonecrosis" ACR 2011; Abstract 802.
ソース:http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/ACR/29537

by internalmedicine | 2011-12-14 11:31 | 運動系  

夜間下肢こむら返りをみたら薬剤性を疑え!・・・LABA、K保持性利尿剤、サイアザイド系利尿剤

夜間下肢こむら返りをみたら薬剤性を疑え!・・・LABA、K保持性利尿剤、サイアザイド系利尿剤

Nocturnal Leg Cramps and Prescription Use That Precedes Them
A Sequence Symmetry Analysis
Arch Intern Med. Published online December 12, 2011. doi:10.1001/archinternmed.2011.1029

利尿剤やスタチン、吸入持続型β2刺激剤(LABA)の使用と筋痙攣は関連するが、逸話的エビデンスのみが広がっている。住民ベースのデータが必要。

ということで、カナダ・ブリティッシュコロンビア(420万人口)の50歳以上のデータで、利尿剤・スタチン・LABA処方後の新規キニーネ処方増加symmetry analysisで、統計学的比率は、sequence ratio 指標薬剤開始年度キニーネ開始数/前年キニーネ開始数

補正 sequence ratio (95% CIs) は、
・ 利尿剤 1.47 (1.33-1.63 [P < .001])
・ スタチン 1.16 (1.04-1.29 [P = .004])
・ LABA 2.42 (2.02-2.89 [P < .001])

利尿剤のサブクラスでは、補正sequence ratio(95% CIs)は
・ K保持性利尿剤 2.12 (1.61-2.78 [P < .001])
・ サイアザイド様利尿剤 1.48 (1.29-1.68 [P < .001])
・ ループ利尿剤 1.20 (1.00-1.44 [P = .07])

LABAサブクラスでは
・ LABA単独 2.17 (1.56-3.02)
・ LABA・ステロイ 2.55 (2.06-3.12)
(P < .001 for both).

by internalmedicine | 2011-12-13 09:21 | 運動系  

MRIは腰髄神経根障害患者へのステロイド硬膜外投与:アウトカムや意思決定に影響を与えず

硬膜外ステロイド注射:epidural steroid injection (ESI)使用前に画像診断にて確認するようガイド欄では推奨しているが、腰背部痛患者のアウトカムを改善しないことが今までの研究で示されている。
MRIが腰髄神経根障害患者のESI使用の意思決定に与える影響を検討。

結論から言えば、ESI使用に対して、アウトカム改善しないし、意思決定にたいした影響をさほど与えない。

多施設ランダム化研究で 第1群はMRI結果を盲目化し、第2群はMRI所見をレビューして治療を決定。
1ヶ月後2群が若干下肢痛スコア低下(mean scores, 3.6 vs 4.4) (P = .12)するも、3ヶ月時点では差を認めず。陽性効果比率は3ヶ月時点で同等  (第1群 35.4% vs 第2群 40.7% )

医師が独立して提案のと異なる注射を受けた第1群においては、画像補正後の患者より下肢痛スコア(4.8 vs 2.4) (P = .01)、機能(38.7 vs 28.2) (P = .04) は劣性であった。

第2群では6.8%がESIを行わず、第1群では行わなかったものはいなかった。

Effect of MRI on Treatment Results or Decision Making in Patients With Lumbosacral Radiculopathy Referred for Epidural Steroid Injections
A Multicenter, Randomized Controlled Trial
Steven P. Cohen et. al.
Arch Intern Med. Published online December 12, 2011. doi:10.1001/archinternmed.2011.593

Figure 2. Differences in treatment plans for group 1 patients between the blinded treating physician and independent evaluator privy to the magnetic resonance imaging (MRI) findings. ESI, epidural steroid injection.


by internalmedicine | 2011-12-13 09:03 | 運動系  

膝・股関節全置換術後のビスフォスフォネートは関節温存率改善

ビスフォスフォネートの、破骨細胞へのantiresorptive propertyに期待し、implantの生存率改善につながるのではないかと、後顧的解析。

Association between bisphosphonate use and implant survival after primary total arthroplasty of the knee or hip: population based retrospective cohort study
BMJ 2011; 343 doi: 10.1136/bmj.d7222 (Published 6 December 2011)
Cite this as: BMJ 2011;343:d7222


膝関節(n=18726)・股関節(23269)関節全置換術後の全患者(1986-2006)

ビスフォスフォネート使用車を6つの処方、最低6ヶ月治療(アドヒアランス 80%超)

primary 膝関節・股関節形成術後41995名のうち、1919名がビスフォスフォネート製剤使用で、非使用に比べrevision率低下(0.93% (95% 信頼区間 0.52% to 1.68%) v 1.96% (1.80% to 2.14%))

移植温存率は有意にビスフォスフォネート製剤使用者は非使用車より、propensity adjusted modelでいけば長い  (hazard ratio 0.54 (0.29 to 0.99); P=0.047) 、そして、股関節・膝関節revision期間ほぼ2倍  (time ratio 1.96 (1.01 to 3.82))

5年での失敗率2%と仮定し、ビスフォスフォネートによる1回のrevision回避NNTは107

by internalmedicine | 2011-12-09 08:27 | 運動系  

高度鍛錬アスリートの筋損傷回復に、超冷気治療が有効


Exercise-Induced Muscle Damage in Highly-Trained Runners.
PLoS ONE 6(12): e27749. doi:10.1371/journal.pone.0027749

運動後の回復・運動による筋ダメージ回復促進はアスリートにとってpriorityになりえる。さらに、科学的根拠無く、運動後回復戦略が数多く用いられている。このフレームワークの中で、この研究では
シミュレートされたtrail running race後48時間の筋肉回復促進modality
・whole body cryotherapy (WBC)
・far infrared (FIR)
・passive (PAS)

3非連続週、9名の熟練ランナーが3回の繰り返しで、可動式トレッドミル上の筋肉障害をシミュレーションするtrail runを行った。運動直後、24時間後、48時間後で、3つの回復modalityをランダム順に行った。
筋ダメージマーカー(最大等尺筋力、血中CK活性、知覚[i.e. 疼痛、疲労、well-being]を、直後、1時間後、24時間後、48時間後記録

全セッションにおいて、trail run48分で、同様な一定の筋ダメージ量
最大筋力・知覚はWBC セッション1時間後回復
FIRの回復は24時間かかり
PAS回復modalityでは回復まで至らない。

血中CKの差は条件下で見られない。

ランニング運動ダメージ後48時間内の3WBCセッションは、FIRやPAS modalityに比べ、EIMD回復を促進する。


WBCは”-110度から-140度の超冷気の特別温度調整cryochamberにて3-4分間暴露"するもの(J Therm Biol 29: 285–290.

cryo-chamber
動画あり
http://www.fox40.com/news/headlines/ktxl-countrys-first-cryochamber-for-athletes-in-roseville-20110804,0,1620554.story

by internalmedicine | 2011-12-08 16:30 | 運動系  

閉経後骨粗鬆症検診の多くはコスト効果的

閉経後骨粗鬆症の多くの検診戦略は55歳開始戦略を含め有効で、コスト効果的
検診戦略の中で他を圧倒するものはない。


Cost-Effectiveness of Different Screening Strategies for Osteoporosis in Postmenopausal Women
Ann Int Med. December 6, 2011 vol. 155 no. 11 751-761

55歳以上の女性

組み合わせ代替的検査検診戦略 (central dual-energy x-ray absorptiometry [DXA], [QUS], Simple Calculated Osteoporosis Risk Estimation [SCORE] tool)

経口ビスフォスフォネート製剤を処方し、50%の症例アドヒアランスと仮定し5年on/off治療パターンとした

すべての評価年齢で、検診は非検診より優越。
一般的に、 quality-adjusted life-days gained with screeningは年齢とともに増加傾向。
全開始年齢で、QALYあたり5万ドル未満のincremental cost-effectiveness ratio (ICER)のベスト戦略は、T-score threshold -2.5以下治療・5年毎のフォローアップ検診であった。
検診開始横断的に、QALYあたり5万ドル未満ICERのベスト戦略は、55歳開始、DXA -2.5、検診繰り返し5年毎
QALY 10万ドル未満ICERベスト戦略は、55歳開始、DXA T-score -2.0以下の10年毎検診繰り返し

osteopenia女性の治療に関する戦略として、ICER<10万$/QALYは存在しなかった。

SCORE、QUS prescreeningの戦略を含む多くの他の戦略でもcost-effectiveであり、一般的に有効性とコストの差は小さい。

DXAだけでなく、Simple Calculated Osteoporosis Risk Estimation [SCORE] toolでも、踵骨超音波定量法でも有効らしい・・・

ビスフォスフォネート製剤5年間on/offがこの場合は行われている。

by internalmedicine | 2011-12-07 15:09 | 運動系  

レントゲン異常なしの膝痛が増えている・・・米国調査

北米・NHANES・FOA研究から

NHANES研究からは、年齢・BMI補正・膝痛・有病率は、1974年から1994年で、 非ヒスパニック系白人・メキシコ系アメリカ人男女・アフリカ系アメリカ人女性で約65%増加
FOA研究では、20歳超において、膝痛・有症状変形性膝関節症は、女性で約2倍、男性で約3倍
FOA研究のレントゲン的な膝関節症有病率の頻度ではその変化は見られない
根例補正後、BMI補正追加後、膝痛・変形性膝関節症の頻度は10%から25%減少


Increasing Prevalence of Knee Pain and Symptomatic Knee Osteoarthritis: Survey and Cohort Data
Ann Int Med. December 6, 2011 vol. 155 no. 11 725-732

by internalmedicine | 2011-12-07 09:29 | 運動系