カテゴリ:その他( 61 )

 

早漏

Identification and diagnosis of premature ejaculation
International Journal of Clinical Practice, Volume 61, Number 6, June 2007, pp. 903-908(6)は残念ながら、フルテキストを読めなかった・・・

以前とりあつかったのは、早漏(PE)に関する初めての本格的疫学研究でわかったものは・・・でPEと診断されている人とそうでない人の膣内射精平均時間をストップウォッチで測定した論文を紹介した。その後・・・この論文フルテキストで公開されているようである。



ORIGINAL RESEARCH—EJACULATORY DISORDERS
Premature Ejaculation: An Observational Study of Men and Their Partners
The Journal of Sexual Medicine Volume 2 Issue 3 Page 358 - May 2005
PEある(207)なし(1380)の初めての大規模な疫学研究が公表された。
ストップウォッチで射精までの平均時間を測定したもので、膣内挿入後から膣内射精平均時間:IELATと定義したものである。
この研究はパートナーの意識へのも調査された初めての研究でもある。
主観的要因に及ぶ質問がなされた。IELTへの悩みPE群とそうでない群にもみられた。
IELTは必ずしもPEの診断が十分でなく、主観的なものであり、自制不良などが有益な指標となる可能性がある。

多くの人々はPEについては一次元的に単なる時間の疾患であると考えているが、この論文で主観的要因が大であることが示された。

PEはコモンな性行為障害である。しかし、有益なデータでは1-12%の男性の自己申告でその比率がもとめられていた。




schematicに紹介されている



世界的にみれば東・東南アジアは疾病頻度が多く、中東が少ないらしい



行動療法



局所治療


MedscapeではSSRIやdapoxetine hydrochloride(short acting SSRI)が紹介されているが、後者は2005年FDAから承認されていない


ちなみに・・・・
早漏(Premature Ejaculation)の定義について
http://www.daito-p.co.jp/reference/pe.htm
(1) 膣内射精潜時が、短い。
  (診断基準に合致する必要は無いが、膣内射精潜時の目安を、通常2分以内とする。)
(2) 射精のコントロールが不能。
(3) 本人、またはパートナーの心理的な苦痛。
・・と書かれているサイトがある。

by internalmedicine | 2007-05-22 09:36 | その他  

コップの中の抗争

どの組織もそうだが、人が複数集まると、ケンカが始まる。主導権争い、自我のぶつかり合い。
組織内で目的・方向性を等しくする努力を行わないと組織の崩壊につながる。


自己主張の強いもの同士が集まるとそうなるようである。
比較的組織としてまとまってるのは、カリスマ性をもつ指導者がある場合

リーダーは人間的魅力が一番なのだろうが、渉外能力・弁舌能力というのも重要である。場合によって経済力・腕力という場合もあるようである。

傍目から見ると猿山のボス争いなので滑稽ですらあるのだが・・・



Japan Skeptics”(Wikipedia)に何があったのか知らないが、
メーリングリスト“「超自然現象」や疑似科学を調べる”の著者となんかあったようである。
(http://skeptics.ddo.jp)

群れるのが嫌いな私なのでどうでも良いが・・・

by internalmedicine | 2007-05-01 08:39 | その他  

Bystander Effect


The "Bystander Effect"は緊急事態における一群として出現する心理学的現象
大人数であるほど、手助けしようとする人が少なくなる現象

1964年のKitty Genoveseの事件をきっかけに有名となったもの

BBC:http://www.bbc.co.uk/dna/h2g2/A585362


通報できなかった40人の心理状態:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111411496


この事件は、メディアの決めつけ報道という問題も提起しているされている。
尼崎の事故では執拗にたたかれたJR西日本の保安管理問題にならないのはちょっと不思議だが、JR特急乗車で生じたこの種の暴力事件に関して万全な予防策が必要であろう。人減らしで保安的な意味合いもあった列車内鑑札など減っていることを考えれば夜間の電車というのも決して安全なものではない。


Kyodo,Jpan Timesが英字で情報発信してるが大手メディアでは取り上げられていないようだ。掲示板では、日本固有の問題でないという意見と、日本人の精神性、日本の性的情報氾濫などが議論されている。
http://www.japantoday.com/jp/news/404618

cf.
Bystander effect (照射細胞から非照射細胞への傷害の伝達)

by internalmedicine | 2007-04-29 18:18 | その他  

託児所に預けると口先だけうまく、争いやすく、素直でない子供になる・・・ただ親の影響の方が大きい。

保育園・託児所って日本の制度から考えればその呼称の訳にとまどう
http://web.mit.edu/sloanjapan/101/life/child-nursery.htm


NIH News(March 26, 2007)から・・・
NIHの基金による研究にて、より質の高いケアがなされている幼稚園前の施設で世話を受けた子供は質の低い施設で世話を受けた子より5年生での語彙スコアが良好であった。
さらに、センターベースのケアで過ごした子供は「従順でなく」、「学校での争いに関係し」、「口げんかを多くする」しかし、語彙や問題行動の増加量自体は少なく、親の質が子供の発達の予後因子としてはより重要であった。
2007年3/4月の“Child Development”の記事で扱われるということである。
1364名の子供はNICHD(Early Child Care and Youth Development)研究として誕生以来、長期的に研究されている。


アメリカの就学前児童の1/4ほどが託児所に行き、年々増加している。共働きが増えていることとt関係しているのだろう。報告では託児所による否定的な影響も正直に調査・報告されている。5年生の時に語彙スコアが託児所育ちは優れていたが、うれしいことだけではなかった。行動に関して問題が指摘されたのである。(abc news から一部引用)




教育の世界も前向き大規模研究しなければ、仮説だけの議論で、声の大きい者、権力を持っている者たちの妄想で右往左往するだけ・・・日本では、共働き推奨で、託児所環境を整えろという主張だけしているが、より深い議論が必要。長期的視点や科学的客観的視点を持たない政治家、その場限りの言い逃れだけ・責任逃れの行政、直情的な親たち、感情優先のメディア・司法・・・やっぱ大人がわるい

そういやぁ・・・口先だけが達者で、素直でなく、直情的子供たちが多くなったなぁ・・・

by internalmedicine | 2007-03-28 15:21 | その他  

Spaceguard Survey

Tracking of Killer Asteroids Runs Low on Money and Short on Time
NYT March 12, 2007
Spaceguard Survey

2012年、年410億ドル必要というNASA

国際スペースガード財団の設立

by internalmedicine | 2007-03-12 15:09 | その他  

CO中毒は冠動脈異常に関して心機能低下をもたらす

今日も、一酸化中毒による健康被害事故について報道されていたが・・・既出記載と異なる報告であり、記載

The American Journal of Cardiology Volume 99, Issue 3 , 1 February 2007, Pages 322-324
一酸化炭素中毒は重要な健康問題で、CO中毒で心臓の異常が生じた。しかし、重症度と期間は不明。
構造と機能を前向きに評価したもの
12名の患者で、心電図

BNPとcarboxyhemoglobin値を測定
心臓マーカーの増加した患者は冠動脈造影を行った。6名でマーカーが高い。
心臓マーカー値は高COヘモグロビン値と相関

左室駆出率は、入院時、8名の患者で<45%(I群)、7名の患者で>55%


有意な負の相関はBNPと入院時のLVEFで認められた(r = ?0.586, p <0.01).
LVEFの低下はCOヘモグロビン値とCO暴露期間に負の相関を認めた。
すべての血管造影所見は正常であった。

冠動脈は正常でも心筋機能の低下がCO中毒後認められる



初期には心拍出量の増加が見られる”(http://www.j-poison-ic.or.jp/ippan/COgaiyou.pdf)という記述とは異なるものである。

by internalmedicine | 2007-03-04 13:54 | その他  

physical restraint

“北欧夢の国”説を平気で宣う馬鹿教授たち

physical restraint in Swedenで検索してみたらよろしい


北欧の隠匿的薬物的身体拘束の現状
http://intmed.exblog.jp/1508789/

by internalmedicine | 2007-02-20 18:01 | その他  

ドイツでは運転中の喫煙禁止

ロイターでも記事にされていたようである。Germany may ban smoking while driving


喫煙行為に伴い、注意力が散漫になる可能性があり、片手運転になるわけなので、携帯電話を禁止するならタバコも禁止すべきと考えるのは当然


もともと喫煙により認知機能を低下させるという報告もある(Age and Ageing 2003; 32: 548-550)


ドイツのタクシー運転手の喫煙率は確かに高いようである
a0007242_11502585.jpg



日本ではどうなのだろう?禁煙タクシーが最近話題になっているようだが・・・



老人のドライバーライセンス診断書(http://geri.com/geriatrics/data/articlestandard/geriatrics/422006/379233/article.pdf)

by internalmedicine | 2007-02-19 13:48 | その他  

テレビゲームばっかりしていると・・・視力が改善する?

“テレビゲームをやってると視力が落ちる”と母親が心配しそうだが、文字判別能力など改善効果があるそうだ。勉強しなければ、学校の成績は悪くなるかもしれないので注意が必要だが・・・



Rochester大学の研究者たちは1ヶ月のコースで1日数時間アクション・ビデオ・ゲームを行ったところ、約20%ほどclutter内の文字判別(眼科受診時用いられるもの視力表と類似した検査)を改善したと報告。 Psychological Scienceに掲載されるそうで、おもしろいことに、National Institutes of Health(NIH)が基金となっているとのこと。
University of Rochester News


ビデオゲームは視力表の最小ラインを改善することとなり、脳は視力情報を処理法を変化させる。丁度30時間後、視覚空間分解能を改善し、よりクリアに画像が見えるようになる。

ビデオゲームプレイヤーたちがプレイしている視野だけでなく、モニターを超えた部分でも改善があり、手レーニン具していない末梢でも、訓練している中心部と同様の改善効果があった。

弱視患者などでは、迅速に対象を同定するアクションゲームを作り出して、特別なリハビリテーションとして、視力活動性を改善させる事ができる可能性がある。

Rochester大学では、ビデオゲーム・プレイヤーの夢である、最新の360度バーチャル・リアリティーコンピューターを完成しつつある。



以前からこういう論文もあり関心が持たれていたようだ
Action video game modifies visual selective attention
NATURE VOL 423 29 MAY 2003 www.nature.com/nature(pdf)



動体視力って科学的定義がよく分からないが、考えてみれば・・・ 動体視力というのはテレビゲームで鍛えられるはず・・・で、剣豪に・・・と考えるのは日本人特有のようで、米国では識字能力などに関心が持たれているようである(http://www.gsk.org/results.htm)。

by internalmedicine | 2007-02-06 15:17 | その他  

期待権

医学の専門家から見れば、子どもがしゃべっているような医学知識で、専門家を裁く・・・なんて滑稽なんだろう
医学的知識不足の発言、また、公判の起訴状朗読の際、「臍帯」(サイタイ、と通常いう、セイタイでも誤りではないが)を、堂々と「ジンタイ」と読んで弁護団より注意されたことも考慮にいれると、検察側はもっと医学的に勉強していただきたいと強く思った次第でありました

“期待権”というのは、医療の世界ではずいぶん前から当然のように用いられる言葉であり、医療過誤の慰謝料はそれが根拠となる部分が主である。そして、情的な部分を主観的に裁判官が裁量するという構造を医療の専門家は甘んじて受けているのである。

ところがメディアは矛先が自分たちにまわると・・・おもしろい反応を示す。

表現の自由への危うさはらむ「期待権」 NHK訴訟判決 2007年01月29日22時58分(
http://www.asahi.com/national/update/0129/TKY200701290353.html?ref=rss

川上和久・明治学院大教授(政治心理学)も、今回期待権が認められたのは、公共放送だからこそ取材する素材には慎重になるべきだ、と裁判所が警鐘を鳴らした特殊なケース、とみる。「疑惑について取材を受けた企業などから、『自分たちの言い分通りに編集しろ』と言われるような問題に波及してしまうと、言論の自由を脅かす恐れがある」と話した。



司法判断ではあるeventが生じると、原因を定量化せず、100%責任をある人物に起因すると認定する場合が多い。責任の相殺ということが交通事故などではなされているが、医療過誤に起因する場合は本来の疾病による死亡や後遺症リスクが勘案されず、一方的に100%に近い責任を医療事故の場に存在したbystanderに与えるのである。
分娩に係わる事故は一定の割合で生じる。それにたまたまでくあわせてしまった医師・看護師・病院は刑事・民事ともに訴えられ、医師の場合は行政処分まで負ってしまう。すると、別の医者の負担が増え、さらに、その確率の少しでも低い状況に努力するようになる。すなわち、萎縮医療、そして立ち去り。医療の現場では小さなリスクでも大げさにリスクを述べ、なるべく安全な選択に誘導する医師・施設も出てくるだろう。特に公的病院では利益より安全性を選択するであろう。現在、産科医療は司法の矛盾の行き着くところとなっているのである。そこに輪をかけて崩壊させようとしているのが“被害者”家族の情的部分をことさらに報道して、この医療崩壊の構図をspareしようとする(引用:http://dog.intcul.tohoku.ac.jp/bbs/spool/log200612.html)





「NHKが番組改変」 200万円賠償命じる 東京高裁
2007年01月29日20時42分 http://www.asahi.com/national/update/0129/TKY200701290245.html

条件付き権利や期限付き権利、あるいは、相続開始前における推定相続人の地位など、将来一定の事実が発生すれば一定の法律上の利益を受けることができるであろうという希望ないし期待を内容とする権利(将来、一定の法律上の利益を受けられることを希望したり期待したりできる権利)で、希望権とも、生成中の権利ともいわれ、最近では、入院患者が、適切な治療を受けることで救命を期待する「救命期待権」などが生まれている。

つまり、権利発生の要件である事実のうち、その一部分のみが発生して、他の一個、又は数個の事実が発生しない場合に、将未権利を取得するという現在の期待、あるいは希望状態が法によって保護される状態をいい、条件付法律行為から生ずる権利(民法128・129条)、取得時効完成前の占有者の権利、相続開始前における遺留分権利者の権利などがその典型である。

この権利が侵害されれば不法行為となるが、権利としてどの程度法的保護に値するかはそれぞれの権利によって異なる(期待権に対する法的保護の内容は、期待権の内容によって異なる)。

医療過誤訴訟では、患者が期待した適切な治療を怠った場合に「救命期待権」の侵害が認められ得る。再雇用の期待を抱かせる説明をした雇用主が契約更新をしなかった際、「更新期待権」を侵害したとして賠償を命じられた例もある。(引用:http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/yougo-horitu-3.htm)



医時紛争における期待権
  初診時に胆嚢癌を胆石と誤診し治療→症状が改善しない
  →発見時には手遅れで死亡→訴訟
  →誤診しなくとも死は免れない状態だった (と認められた)。
  しかし患者は最善の診療を受けることを望んでおり、それを受ける期待権があり、
  この場合それが侵害され、明らかに苦痛を受けた→慰謝料
  法医学講義 医師と法律 (医師法)


司法判断に真に論理性があるのか、ある時はバランスを重視し、ある時は法律の文面だけを重んじた判決などぶれが大きい。彼らは果たして司法試験を合格し、その後のトレーニングだけでのその資質が保持されているのか?その担保があるのか・・・医療関連の裁判に注目するにつけ、疑問を感じている。

かれらも(裁判官、検事ともに)、国民に、その資質の有無を公的に示すべき時だと思う

裁判官一般的判断より偏りの判断を下しやすい裁判官が存在し、それが社会に悪影響を与えるのである。

by internalmedicine | 2007-01-31 08:33 | その他