カテゴリ:その他( 61 )

 

ヤマカガシは毒蛙を捕食することで毒を獲得する

ヤマカガシ (Rhabdophis tigrinus )は毒蛙を捕食することによって毒を集めている。
まるで、ビデオゲームのロールプレイのように・・・

この仮説は、毒素をもつかえるのいない金華山のヤマカガシに毒がないことによって裏打ちされた。
Nature January 29, 2007
Snake Bites the Toxic Toad That Feeds It--and Spreads Its Poison


by internalmedicine | 2007-01-30 10:03 | その他  

Common Skin Conditions During Pregnancy


妊娠中の皮膚の状態は主に1)ホルモン関連、2)妊娠前からの状態、3)妊娠特異的変化に分けられる。

1) 妊娠線(striae gravidarum (stretch marks)); 色素沈着(hyperpigmentation (e.g., melasma)); 頭髪、爪、血管性変化

2)妊娠前からの皮膚の状態(e.g., アトピー性皮膚炎、疥癬、真菌感染、皮膚腫瘍)が妊娠中に性状の変化をきたしたもの

3) 妊娠特異的皮膚状態:(妊娠性)掻痒性丘疹(pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy), 妊娠性痒疹(prurigo of pregnancy), 肝内胆汁うっ滞, 妊娠類天疱瘡(pemphigoid gestationis), 疱疹状膿痂疹(impetigo herpetiformis), そう痒性毛のう炎(pruritic folliculitis of pregnancy)
・・・とくに、妊娠性掻痒性丘疹はもっとも多い

多くの皮膚所見は出産後消失し治療が必要な状態が残るのは少ない。しかし、いくつかの状態(e.g., melasma, intrahepatic cholestasis of pregnancy, impetigo herpetiformis, pruritic folliculitis of pregnancy)は治療を要する。

分娩前サーベイランスが必要
: 妊娠中の肝内胆汁うっ滞、疱疹状膿痂疹、妊娠性類天疱瘡
(Am Fam Physician 2007;75:211-8. )

by internalmedicine | 2007-01-20 11:43 | その他  

老人うつと潜在性甲状腺機能低下症

Subclinical hypothyroidism increases the risk for depression in the elderly
rchives of Gerontology and Geriatrics Volume 44, Issue 1 , January-February 2007, Pages 21-28
subclinical hypothyroidism(潜在性甲状腺機能低下症)が老人のうつのリスク要因になるかどうか、60歳超の323名の老人を調査(Structured Clinical Interview for Diagnosis and Statistical Manual of Mental Disorders, Fourth Edition (DSM-IV) for mood disturbances)

TSH高値:I群:252名(女性184名、男性68名、中央値67歳、60-89歳)
うつ:II群:71名(女性45名、男性26名、中央値67歳、60-92歳)

血中TSHやfT4をsensitive assayで測定。甲状腺抗体をIRMAにて測定。


うつは、1群24例(9.5%)にみられ、subclinical hypothyroidismが多い(14/24 58.3%)
一方、TSH高値はII群で22例(30.9%)


うつはsubclinical(74/149 49.7%)で、overt hypothyroidism(21/125 16.8%)より多く見られる(p<0.001)

実際、subclinical hypothyroidismは4倍のうつリスクを有する (OR = 4.886; 95% CI 2.768?8.627).

この結果によりsubclinical hypothyroidismはうつのリスク増加し、老人の甲状腺検診の重要性が示されたと結論




単純化された診断めやす
a0007242_1591164.jpg


単純に潜在性甲状腺機能低下症と診断する前に、同様の検査結果を示すNonthyroidal illnessや破壊性甲状腺炎からの回復期も考慮が必要だろう。経過によってT4にしろ、TSHにしろ変化するから、ワンポイントで判断する方が問題という話も
The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism Vol. 84, No. 1 151-164

さて、それで、その潜在性甲状腺機能低下症は治療すべきかどうか?
・野口病院:潜在性甲状腺機能低下の治療(Q&Aから)
AFP:Subclinical Hypothyroidism: Deciding When to Treat 

by internalmedicine | 2007-01-19 12:19 | その他  

訴訟乱用

ニュースなどで話題になっていた話

ミシガン訴訟乱用監視:Michigan Lawsuit Abuse Watch



昨年のは・・・
・A toilet brush with a tag that says "Do not use for personal hygiene" has taken top prize for the wackiest consumer warning label of the year, according to an anti-lawsuit group.
http://money.cnn.com/2005/01/06/news/funny/warning_labels/index.htm?cnn=yes


日本もすでにそうなっているのでは・・・そして、合理性より感情面が優先される日本の司法ではさらに大きな問題を具有すると思う。

直接関係ないけど、司法の問題点を考える題材として、『それでもぼくはやっていない』というは興味ある映画だと思う。

by internalmedicine | 2007-01-10 14:54 | その他  

Slentrol:犬の抗肥満薬

テレビなどでもこのニュースやってたので・・・周知とのことと思うが・・・

January 5, 2007

Slentrolはnew chemical entityであり、 “selective microsomal triglyceride transfer protein inhibitor”であり、集積を阻害し、血中へのリポたんぱくの血中放出を抑制.体重減少メカニズムは完全には理解されていないが、脂肪吸収を減少させ、腸管での脂肪の累積した細胞からの満腹シグナルによるものかもしれない。

http://www.fda.gov/OHRMS/DOCKETS/98fr/2006-141-260-fois001.pdf


初期容量14日間で開始、月1回ごとに評価して、容量を調整。目標体重まで達した後、3ヶ月維持することを製薬会社は推奨。食事摂取量と身体活動性を体重を維持するようにすること。副作用は、嘔吐、軟便、下痢、倦怠感、食欲低下


“犬の飼い主への薬剤ではない”・・・とカナダのニュース・サイト
猫にも使えないとのこと。犬は人より成長のため、脂肪食を好むらしい。
paunchy pooches(太鼓腹の犬)の飼い主への安易な方法に頼る事への戒めも忘れてないようである。

1日1回$1~$2の出費が必要となるとのこと




Investigational therapies in the treatment of obesity.
Expert Opin Investig Drugs. 2006 Aug;15(8):897-915. Review.

Obesity: new perspectives and pharmacotherapies.
Cardiol Rev. 2006 Sep-Oct;14(5):238-58. Review.

anorexiants
thermogenic drugs
lipid-partitioning drugs

beta3-adrenergic receptor agonists
modifiers of leptin
cannabinoid receptor-1 antagonists (rimonabant)

antidiabetic agents (metformin, exenatide)
anticonvulsant drugs (topiramate, zonisamide)
antidepressants (bupropion, fluoxetine)
growth hormones

新しいターゲット:
脂肪酸シンターゼ(fatty acid synthase);例示;
neuropeptide Y;European Journal of Pharmacology, Volume 440, Number 2, 12 April 2002, pp. 173-187(15)
melanocortin;例示:Acomplia(Rimonabant)
ghrelin:Drug News Perspect. 2006 Jan-Feb;19(1):13-20.
various regulatory gut peptides:Endocrine Reviews 27 (7): 779-793
ciliary neurotropic factor:recombinant human variant ciliary neurotrophic factor (rhvCNTF) JAMA Vol. 289 No. 14, April 9, 2003



Current and Investigational Antiobesity Agents and Obesity Therapeutic Treatment Targets
Obesity Research 12:1197-1211 (2004)

by internalmedicine | 2007-01-08 12:11 | その他  

剣呑み込みとその副作用

To The Hilt Sword Swallowing には、こういう変な人たちのいろんな資料がある。




British Medical Journalの恒例のおふざけ論文と思われるもので、大道芸になると思うが、剣呑み職人たちの論文。確かに、医学的に見てなぜあんな事ができるの?・・・という疑問には答えてくれているのだろう。



刀のみ師たちは仕事が危険であるというのは承知しているわけで、Sword Swallowers' Association International (SSAI, www.swordswallow.org) (剣呑み師協会?)は、少なくとも2cm幅で、38センチメーターの長さの、伸縮自在でない、硬い鉄の刃を飲み込むことができる人が入会を認められる。英語ベースの症例報告は2つのみで、そのテクニックと合併症について調査されたもの

Sword swallowing and its side effects
【目的】 剣呑みの実践と、その疾患的影響の情報評価
【デザイン】 剣呑み師たちに書簡を送り、技術と合併症の情報を入手
【設定】剣呑み師協会インターナショナルのリストのメンバー
【参加者】 16カ国の100名の剣呑み師
【結果】 46名の剣呑み師から情報を得ることができた。
最大の合併症は、注意散漫時、多数・通常と違う剣の時、以前外傷があった時など大きな合併症が生じやすい。
穿孔は主に食道であり、通常予後は良好。
咽頭痛はコモンであり、特に習いたての時や穿孔が非常に多いときなどである。
重篤な消化管出血が時に生じ、医学的コンサルト無しに胸痛が処理される場合がある。
医療的なカバー無しだと、経済的及び身体的リスクをかれらはさらすこととなる。

【結論】 剣呑み師たちは、注意散漫になったり、飾り的な要因をパフォーマンスに加えたら、外傷リスクが高くなる。しかし、特発性穿孔より予後がよいようである。



Technique
剣を呑むことが簡単にできる人もいるが、多くは習得するまで数ヶ月から数年かかる.
繰り返し、咽頭部に指を置くことで咽頭反射が鈍化するが、曲がっているワイヤーハンガーに進む前に、スプーン、ペイントブラシ、編み針、プラスティック・チューブで練習する。パフォーマーは、頚を過伸展して、上部食道括約筋を剣に沿わせる。
次のステップは、咽頭と食道の弛緩が必要。通常随意的にできない。
Devganらは、剣飲み師が、10-20mm水銀柱の圧まで、この括約筋の安静時圧を減少させることができることを示した。“頚の筋肉をリラックスさせている”と述べている剣飲み込み師は述べ、痛いときは“リラックスできない”、咽頭部を“閉じて”しまい、このパフォーマンスはできないと他の数人の剣呑み師は述べている。
Huizingaは、剣を飲み込んだひとの記載と、側面レントゲンを示し、空気に満たされた咽頭部と、事前の空気嚥下が不変でないことが示された。力を加えない、気鋭な剣は通常唾液で滑るようになるようである。バターを用いるひとがおり、ドライマウスが故に引退した人もいる。


一度cricopharyngeusを通り、食道が弛緩すると、吻門部へ到達するように、吐き気をコントロールするよう学ばなければならない。噴門まで約40cmであり、剣は柔軟で膨張性のある食道を引き延ばすこととなる。下部食道括約筋の弛緩法・吐き気を押さえる方法を身につけるだけでなく、胃の形状についてもコントロールする必要がある。
胃食道接合部の角度、小弯側のカーブは様々であり、垂直に鈍角を形成し、特に満腹であるときは相であり、もし太っている場合は水平となる場合もある。
220cmの背の高い人の例は、剣が最も長い記録(82.5 cm) となっており、体格が剣の長さの決定因子となっているのだろうが、慎重と剣の長さの関係に相関が見られず、他の要因も有る可能性がある。
経験のある芸人は、より危険性のあるお飾りを付け加える。剣が落とす芸、“the drop”として知られているが、この場合は落下を喉頭の筋肉でコンロールし、剣の移動で観客を引きつける技。他に、爪床で傾けたり、一輪車の上で行ったり、水の上で行ったり・・




by internalmedicine | 2006-12-22 14:42 | その他  

「マイナスイオン商品」根拠なしも、都が文書指導

オゾン発生器、マイナスイオン治療?機器批判・・・オゾンの危険性
なぜ大企業はサプリメントに手をだすのか?
などで、批判してきたが、今回、東京都は、重き腰を上げて文書指導・・・

GINA2006では、以前の記載よりソフトになってしまい、鍼灸やharbと一括処理されてしまっているのは残念。



「マイナスイオン商品」根拠なしも、都が文書指導
 「細胞を活性化させ、心に安らぎをもたらす」「たばこや排ガスを浄化し、空気をきれいに保つ」――。こんな「マイナスイオン」効果をうたったインターネット広告に、科学的根拠がないものが含まれているとして、東京都は7業者に対し、景品表示法を守るよう指導した。

 マイナスイオン商品は数年前から、健康志向に乗って市場を拡大。都は表示に問題がありそうな布団やネックレス、空気清浄器など8商品を選び、業者に資料の提出を求めた。

 業者側は「材料のトルマリンからマイナスイオンが発生する」などと説明したが、都で分析したところ、商品の仕組みと合致しない実験データを示していたり、ネット上で見つけた数値を根拠なく引用したりしていて、広告内容には裏付けのないことが判明。都は27日に文書で指導した。

 こうした商品の中には数十万円もするものもあり、都消費生活総合センターなどには昨年度までの5年間で計400件の相談があった。都は「科学的な説明に見えても、うのみにしないで」と呼びかけている。

2006年11月28日11時10分 読売新聞

by internalmedicine | 2006-11-28 22:43 | その他  

'Beer goggles' effect "

2ちゃんねるの科学ニュース板にあったのだが、もとの記事は昨年のようである。
今頃取り上げてるのは、年末に向けての話題と思ったからだろうか?

そして、イギリス人は"'Beer goggles' effect "とか"drink-fuelled phenomenon"とか、よっぽど、ひどい目にあってるんだろうか?



An = number of units of alcohol consumed
S = smokiness of the room (graded from 0-10, where 0 clear air; 10 extremely smoky)
L = luminance of 'person of interest' (candelas per square metre; typically 1 pitch black; 150 as seen in normal room lighting)
Vo = Snellen visual acuity (6/6 normal; 6/12 just meets driving standard)
d = distance from 'person of interest' (metres; 0.5 to 3 metres)


Wikipedia (Love (scientific views))を見ると、結構おもしろい・・・

以下の式は・・・もろなというか、なんというか
Love = Sex + Friendship


心理学者が見いだした・・・“完璧な愛の方程式”(インドのYahoo

Love= ((F+Ch+P)/2) +(3(C+I))/10)/((5-SI)2+2.


デジャビューを感じてしまうのだが・・・私のブログも・・・似たようなことの繰り返しになってきているようである。
愛の方程式、25年間医学界のベスト25

by internalmedicine | 2006-11-27 17:58 | その他  

モスキート着信音

イグ・ノーベル平和賞の「教師に聞こえない携帯着信音」・・・「モスキート着信音」

検索すると、このBBCニュースの音が引用されているようである。
http://www.bbc.co.uk/wiltshire/content/articles/2006/04/04/mosquito_sound_wave_feature.shtml

その中の音:http://www.bbc.co.uk/wiltshire/audio/mosquito_sound.mp3



これって、以前から話題になってたようで・・・“mosquito_sound.mp3”で検索するといっぱい・・・


大人をからかうのに都合の良い話題になっている・・・私に聞こえるわけないや

by internalmedicine | 2006-10-06 15:31 | その他  

水不足

これを見ると、アフリカはもとより、中国・インドも水飢饉の可能性が出てくるようである。オーストラリア、アメリカというところも深刻なのでは・・・。




【世界の水需要】




【世界の水使用】


日本人1人の1日の水使用料が300リットルを超える・・・

日本というところは、世界的に見れば、水には困らないところのようである。

by internalmedicine | 2006-08-22 11:45 | その他