カテゴリ:がん( 215 )

 

乳ガン手術前の催眠術はコスト効果的

催眠術で人工呼吸離脱困難症の治療の試み(Chest, Vol 87, 267-269,)を見たことがあり、後続の論文を期待してたのだが、まだまとまった報告を見たことがなかった。

術前の催眠術という考えも当然あるだろうと思っていたが、やはり報告を見つけた(Anesth Analg 2006;102:1394-1396)。

コスト効果論文なので、日本で直接当てはまるものではない。特に手術時間コスト削減にインセンティブがさほど働かない日本では無視しうるコストなのかもしれない。


乳ガン手術患者に対する簡易催眠法RCT
乳ガン術後は手術後疼痛、吐き気、倦怠感などを生じるが、術中の麻酔剤や鎮痛剤の使用減少し、乳ガン術後の副作用を減少させ、コスト効果的となるかもしれないという仮説に対するトライアル。

A Randomized Clinical Trial of a Brief Hypnosis Intervention to Control Side Effects in Breast Surgery Patients
Montgomery et al. J. Natl. Cancer Inst..2007; 0: djm106v1-1312
切開生検や乳房摘出術を受ける予定の200名の被験者を、15分間の心理専門家による催眠術と非指示的共感的傾聴(attention controlとする)とにランダム割り当て
故に患者にはグループ割り当ては盲目的でない。

催眠術群は対照群に比して、ルーチンとした鎮静剤であるpropofol必要量が少なく (means = 64.01 versus 96.64 µg; difference = 32.63; 95% confidence interval [CI] = 3.95 to 61.30) 、lidocaine 筆両々も少なかった(means = 24.23 versus 31.09 mL; difference = 6.86; 95% CI = 3.05 to 10.68)。

催眠術群では痛み強度が少なくmeans = 22.43 versus 47.83; difference = 25.40; 95% CI = 17.56 to 33.25)、疼痛不快も少なく (means = 21.19 versus 39.05; difference = 17.86; 95% CI = 9.92 to 25.80)、吐き気も少なく (means = 6.57 versus 25.49; difference = 18.92; 95% CI = 12.98 to 24.87)、疲労感も少なく fatigue (means = 29.47 versus 54.20; difference = 24.73; 95% CI = 16.64 to 32.83)、不快も少なく(means = 23.01 versus 43.20; difference = 20.19; 95% CI = 12.36 to 28.02)、情緒不安定も少ない (means = 8.67 versus 33.46; difference = 24.79; 95% CI = 18.56 to 31.03)。

fentanylやmidazolamや回復室での麻酔使用に関しては統計的な有意差がなかった。

乳ガン施設コストは1人あたり$8561

催眠術群では対照群より$772.71ドル少なかった (95% CI = 75.10 to 1469.89)、これは主に手術時間の減少によるコスト削減効果である。

by internalmedicine | 2007-10-23 09:10 | がん  

前立腺癌検診「推奨しない」

2003年1月にさる高貴なお方が前立腺癌手術を行い、一気に“PSA”が広まった。2003年4月読売新聞にPSA検診に関して疑義が示されているという紹介がなされた。

いままで、
前立腺癌の検診でつかわれているPSAは見逃しが多い 2004年 05月 27日

PSAからみた検診・人間ドック 2005年 07月 07日

私は、終始、PSA値:共感を感じて検査してしまう  2007年 07月 10日
など、リスク層別化されてないPSA検診に疑問をもっている。

一方的に、PSA検診が無意味ということはないが、日本の“人間ドック”のようなリスク層別化無視のやり方はコスト・効果上も問題が大きい。そして、住民検診・職場検診もリスク層別化されないことが多かったのだ。

Mayoclinic.comにPros&Consが書かれている。


NCIの“Prostate-Specific Antigen (PSA) Test: Questions and Answers
医師により推奨にばらつきがあり、、メディケアは一応50歳以上の毎年のPSA試験をカバーしている。リスク要因が重要で、ほぼ65歳以上であること、家族歴、人種、食事が重要。父・兄弟に前立腺癌を有する場合重要。アジア人、アメリカ原住民は少ない。脂肪食が多いほど、リスクが高くなる。



読売新聞は、いち早く、PSA検診の問題点を報道していたため、厚労省の前立腺癌検診「推奨しない」をすんなり報道している。一方、朝日新聞は、両者言い分、特に、泌尿器科側言い分を多く記述している。

この検診に関しては、リスク層別化によるトライアルをやりなおすべきであり、明確な生存率改善の証明がない限り、公的な補助はすべきではないと私は思う。

More

by internalmedicine | 2007-09-11 15:57 | がん  

ビタミンCが“C:Cancer”進展を予防する新しいメカニズム

HIF-Dependent Antitumorigenic Effect of Antioxidants In Vivo
Cancer Cell, Vol 12, 230-238, 11 September 2007

Linus Pauling後30年近くビタミンCが癌予防できるかどうか議論がなされている。ビタミンCが少なくともマウスにおいて、ビタミンCと他の抗酸化物質において腫瘍増殖抑制を示すことが示されたと、Johns Hopkinsの化学者たちが主張。

酸素不足となると、HIF-1((hypoxia-induced factor))が代償する。HIFは酸素不足の細胞で糖をエネルギーに変える役割をする。新鮮な酸素供給がなされた新しい血管の再構成を担うのである。抗酸化物質未処理マウスではHIF-1が大量に存在していた。

それは期待してなかった結果であった。

抗酸化物質により、腫瘍の酸素欠乏状態での細胞の増殖を不安定化しているのではないかという知見。

いままでは、酸素供給十分な環境での、抗酸化作用による抗ガン作用が、今までの研究主眼であった。

ところが、この新しい抗酸化物質のメカニズムである、HIF-1などへの関与がはっきりしたことで、治療効果を最大にする介入ができるかもしれないのである。

マウスに人間のリンパ腫や肝臓ガン細胞を移植する実験で、抗酸化メカニズムが判明した。
これらのマウスでは、フリーラジカルを大量に産生するが、、それは抗酸化物質であるビタミンCやNAC投与により抑制された。

by internalmedicine | 2007-09-11 10:09 | がん  

食事パターンと乳ガン治療後予後

野菜や果物の摂食と乳ガンリスク減少、そして脂肪摂取食の乳ガンリスク増加の、特定のエビデンスがある。

しかし、癌の発症への、上記食物や他の食物の影響は不明である。


WHELトライアルは、WINS(Women's Intervention Nutrition Study)の結果(J Natl Cancer Inst. 2006 Dec 20;98(24):1767-76.)と相反する結果で、食事内容には、影響しないというものである。


Pierce らはWomen's Healthy Eating and Living (WHEL) Study、早期(I-IIIa)乳ガン患者治療を受けた患者で野菜・果物・繊維分の高く、脂質の少ない食事と、対照(“5-A-Day”)比較にて、乳ガン再発と新規乳ガン、全原因死亡率のリスクを評価
Influence of a Diet Very High in Vegetables, Fruit, and Fiber and Low in Fat on Prognosis Following Treatment for Breast Cancer
The Women's Healthy Eating and Living (WHEL) Randomized Trial
JAMA. 2007;298:289-298.
WHEL介入群は脂肪摂取目標の上限を超えず、5年次には、両群とも総エネルギー摂取の27%であり、6年次に増加していた。総カロリー摂取は80 kcal/d以上の差はなく、体重も1Kg以上の差が無く、医療内容にも差がない。
平均7.3年のフォローアップで、この2群間で、乳ガンイベント・全原因死亡率の差を認めなかった。



WHEL と WINS の結果の違いは、治験参加者によって達成されたエネルギーバランスにおける差かもしれませんと解説され、WINS では、低脂肪食事群は5年次で2.7Kg体重減少が対象群との比較で認められ、WHELは0.6 ~ 0.4Kg体重増加であった。




WINSの体重減少が予後良好に寄与したということか?・・・疑問が残る解説である。

by internalmedicine | 2007-07-18 14:26 | がん  

HDGC

Founder and Recurrent CDH1 Mutations in Families With Hereditary Diffuse Gastric Cancer
JAMA. 2007;297
遺伝性びまん性胃がん:Hereditary diffuse gastric cancer (HDGC)
2つのタイプ、1つはintestinal typeとdiffuse typeがあるそうで
British Columbia Cancer Agency(バンクーバー)のPardeep KaurahらはCDH1遺伝子の遺伝子頻度を調査し、突然変異による遺伝子変異なのか、先祖由来なのかを検討した。
臨床的診断された38家族を含む者。
26家族では50歳未満のdiffuse gastric cancerが一例を含む少なくとも20以上の胃癌を有する家族で、12家族は35歳未満の1例のdiffuse gastric cancerか50最長のdiffuse gastric cancer多発例である。38家族の内13のmutation( 6つの新規)を同定
2398delC変異を示す寄与効果を示していた。


gene CDH1:DGCとlobular breast cancerと関連

細胞周期制御因子Cdh1
GeneReview Japan

by internalmedicine | 2007-06-04 14:37 | がん