カテゴリ:糖尿病・肥満( 331 )

 

学校と子供の肥満:Competitive Food Salesとの関連

Competitive Food Sales in Schools and Childhood Obesity: A Longitudinal Study
Sociology of Education January 2012 85: 23-39, first published on August 8, 2011 doi:10.1177/0038040711417011

アメリカの中学・高校で販売されている、ソフトドリンク・キャンデーバー・チップスを売る、”Competitive Food Sale”

これが子供の不健康な体重増加と関連してるかどうか不明だった。
Early Childhood Longitudinal Study, Kindergarten Classのデータを用いて関連性を調べたところ、5年、8年次の体重増加は中等部でのcompetitive food sale導入・暴露期間と関連してなかった。
性別、人種/民族、家族の社会、家族社会経済的状況で変化認めず。


日本でいうところの購買部か・・ 

by internalmedicine | 2012-01-17 18:04 | 糖尿病・肥満  

システマティックレビュー;GLP-1受容体アゴニスト:非糖尿病・糖尿病で体重減少効果

agonists of glucagon-like peptide-1 receptor (GLP-1R)

・ exenatide given twice daily
・ exenatide given once weekly (as a long acting release)
・ liraglutide given once daily:ビクトーザ (リラグルチド)
以上が具体的薬剤名

Effects of glucagon-like peptide-1 receptor agonists on weight loss: systematic review and meta-analyses of randomised controlled trials
BMJ 2012; 344 doi: 10.1136/bmj.d7771 (Published 11 January 2012)
Cite this as: BMJ 2012;344:d7771


25トライアル解析

対照群に比べ明らかな体重減少 (weighted mean difference −2.9 kg, 95% confidence interval –3.6 to –2.2; 21 trials, 6411 participants)

トライアル間のheterogeneityあるも、バイアスやsmall study effectのエビデンス回帰分析で認めず。
連続的解析で確認。

糖尿病無し、糖尿病有りでもGLP-1Rアゴニストの体重減少効果記録 (–3.2 kg, –4.3 to –2.1; three trials、–2.8 kg, –3.4 to –2.3; 18 trials)

包括解析にて、GLP-1Rアゴニストは収縮期・拡張期血圧、血中コレステロール、血糖コントロールへのベネフィット効果認めるが、有意な肝機能改善効果認めず

GLP-1R アゴニストは吐気、下痢と関連するが、低血糖とは関連せず


Liraglutide の体重減少降下、糖尿病発症遅延化? 2009年 10月 26日
orlistat(Xenical, Roche)より、liraglutide(Novo Nordisk)の方が、肥満者に対する体重減少が認められた(Lancet 2009; DOI:10.1016/S0140-6736(09)61375-1.)

・・・

by internalmedicine | 2012-01-13 09:12 | 糖尿病・肥満  

糖化飲料への税金は、10年間医療費170億ドルを超える節約になり、年130億ドルの税収増加につながる

A Penny-Per-Ounce Tax on Sugar-Sweetened Beverages Keeps the Doctor Away and Saves Money
Tax has huge potential to reduce obesity, diabetes, and heart disease, while saving more than $17 billion in healthcare costs over ten years and generating $13 billion a year in tax revenues
http://www.mailman.columbia.edu/news/penny-ounce-tax-sugar-sweetened-beverages-keeps-doctor-away-and-saves-money


糖化飲料への税金は、10年間医療費170億ドルを超える節約になり、年130億ドルの税収増加につながる


Primary source: Health Affairs
Source reference:
Wang Y, et al "A penny-per-ounce tax on sugar-sweetened beverages would cut health and cost burdens of diabetes" Health Affairs 2012; 31: 1-9.

Additional source: Health Affairs
Source reference:
Zhuo X, et al "A nationwide community-based lifestyle program could delay or prevent type 2 diabetes cases and save $5.7 billion in 25 years" Health Affairs 2012; 31: 50-60.

Additional source: Health Affairs
Source reference:
Ali M, et al "How effective were lifestyle interventions in real-world settings that were modeled on the Diabetes Prevention Program?" Health Affairs 2012; 31: 65-75.


消費税を上げることだけじゃなくて、酒税大幅アップ、たばこ税のさらなるアップと共に、糖化飲料水課税考えてはどうだろう。

アルコール最低価格10%上げれば、16.1%アルコール消費量を減らせる・・・ 2012年 01月 05日

by internalmedicine | 2012-01-12 09:28 | 糖尿病・肥満  

閉経後女性;スタチンと糖尿病発症増加リスク WHI研究解析


Statin Use and Risk of Diabetes Mellitus in Postmenopausal Women in the Women's Health Initiative

Annie L. Culver, BPharm; Ira S. Ockene, MD; Raji Balasubramanian, ScD; Barbara C. Olendzki, RD, MPH; Deidre M. Sepavich, MBA; Jean Wactawski-Wende, PhD; JoAnn E. Manson, MD, DrPH; Yongxia Qiao, MD; Simin Liu, MD, ScD; Philip A. Merriam, MSPH; Catherine Rahilly-Tierny, MD, MPH; Fridtjof Thomas, PhD; Jeffrey S. Berger, MD, MS; Judith K. Ockene, PhD, MEd, MA; J. David Curb, MD; Yunsheng Ma, MD, PhD

Arch Intern Med. Published online January 9, 2012. doi:10.1001/archinternmed.2011.625
http://archinte.ama-assn.org/cgi/content/abstract/archinternmed.2011.625



閉経後WHI被験者対象の検討

153840名の糖尿病無し、ベースラインで損失データ分無しの被験者対象

ベースラインで、7.04%のスタチン治療
自己報告糖尿病発生10242(フォローアップ 1,004,466人年)
ベースライン・スタチン治療は糖尿病リスク増加と関連 (hazard ratio [HR], 1.71; 95% CI, 1.61-1.83)

他寄与因子補正後相関残存 (multivariate-adjusted HR, 1.48; 95% CI, 1.38-1.59) し、全種類のスタチンで観察

長軸的スタチン治療に関する自己報告糖尿病発症評価に関わるサブセット解析(125,575)で、これらの所見はより確実となった。


”スタチン誘起性糖尿病”という合併症がまだ十分検討されているわけではない。
しかし、スタチンの一次予防使用に関し、糖尿病リスクを上回る利益性がなければならない。

by internalmedicine | 2012-01-10 08:44 | 糖尿病・肥満  

食べ過ぎ:食事組成による影響 :カロリー=脂肪量、 蛋白組成=エネルギー消費&除脂肪体重

過食とエネルギー消費に関わる食事構成成分の影響は分かってないのに、テレビ・クイズ番組などでは、なんたら成分があるとやせる・・・みたいな非科学的事象が踊っている

この報告は、低・通常・高レベルのたんぱく食を含む過食状況で、それぞれの蛋白レベルで、どのように、体重増加、エネルギー消費、体組成への影響を与えるか検討したもの。


Effect of Dietary Protein Content on Weight Gain, Energy Expenditure, and Body Composition During Overeating
A Randomized Controlled Trial
JAMA. 2012;307(1):47-55. doi: 10.1001/jama.2011.1918

25名の米国健康体重安定(BMI 18-30)男女ボランティア(18-25歳)単盲検ランダム化対照化トライアル

体重安定化ダイエット13-25日摂食後ランダム化
食事の種類
・ 5% of energy from protein (low protein)
・ 15% (normal protein)
・ 25% (high protein)
入院メタボリックユニット滞在10~12週滞在の最終8週間過食介入

体重安定介入期に比較して、蛋白食はエネルギー摂取の40%ほどで、954 kcal/d(95%CI, 884-1022 kcal/d)に相当


過食による体重増加に関し、通常蛋白食・高蛋白食群に比べ、低タンパク食群の方が体重増加低下   (3.16 kg; 95% CI, 1.88-4.44 kg vs 6.05 kg; 95% CI, 4.84-7.26 kg) or 6.51 kg; 95% CI, 5.23-7.79 kg) (P = .002)

3蛋白食群すべてで、体脂肪増加あり、過剰蓄積カロリー50%~90%超程度。

低蛋白・過剰食事投与群では、安静エネルギー消費、総エネルギー消費、体蛋白は増加せず
一方、通常蛋白食・過剰食投与群では、安静エネルギー消費 (通常蛋白食: 160 kcal/d [95% CI, 102-218 kcal/: 2.87 kg [95% CI, 2.11-3.62 kg]; 高蛋白食: 3.18 kg [95% CI, 2.37-3.98 kg]) は有意に増加


結論としては、コントロール下で、カロリーは単純に脂肪蓄積増加と関連する。
蛋白組成の中身は、エネルギー消費と除脂肪体重蓄積と関連するが、体脂肪蓄積とは関連しない。


低蛋白食の場合、除脂肪組成(主に筋肉)での消費が節約され、代謝的に非効率となるが、一方高タンパク食の場合は、除脂肪体重(主に筋肉)で消費されることになる、metabolic inefficiency、 “wasting” of caloryという機序が関わり、体組成に影響を与える可能性があるということで、なされた研究・・・という趣旨が、序文に書かれてると思う。

「”食べ過ぎの状況は一緒だけど、その中身が高蛋白比率の時は筋肉でエネルギー消費が増大し、低蛋白比率のときエネルギー節約的になる故に、体組成に変化が見られるはずだ”」という趣旨の論文。

by internalmedicine | 2012-01-04 10:03 | 糖尿病・肥満  

糖尿病合併症:幹細胞mobilopathy

Clinical Implications of Basic Research
Diabetic Stem-Cell “Mobilopathy”
John F. DiPersio, M.D., Ph.D.
N Engl J Med 2011; 365:2536-2538December 29, 2011

造血幹細胞:Hematopoietic stem-cell (HSC)は、様々な造血器系腫瘍治療に用いられて、自家・同種幹細胞移植にはこの細胞の定着が必要。CD34を発現し、フローサイトメトリーで捕獲・測定可能。
骨髄移植成功にはG-CSFによる骨髄へのmobilization後、適切なHSPCの集積が必要。

糖尿病により、骨髄の生理的・微小構造が変化を来し、 HSPC mobilization不全をもたらされたという報告

1・2型糖尿病マウスモデルで、G-CSF処理後骨髄でのマウスHSPCの障害が見られた。
糖尿病マウスでは骨髄nicheでlocalization障害を来し、交感神経末端での数・機能障害がこのmis-localizationから生じたと考えられた。βアドレナリン作動性刺激欠如が骨髄間葉系幹細胞不全を来たし、G-CSF処理に嘔吐するchemokine CXCL12のdown-modulateのマーカーであるneostin発現不全を示した。
Ferraro F, Lymperi S, Mendez-Ferrer S, et al. Diabetes impairs hematopoietic stem cell mobilization by altering niche function. Sci Transl Med 2011;3:104ra101-104ra101

by internalmedicine | 2011-12-29 07:03 | 糖尿病・肥満  

母と子供関係が15歳児の肥満と関連:母の過敏症性格と子供の情緒的不安定さ

1364名の”Study of Early Child Care and Youth Development”のうち977名検討

Quality of Early Maternal–Child Relationship and Risk of Adolescent Obesity
Pediatrics Published online December 26, 2011 (doi: 10.1542/peds.2011-0972)

Study links quality of mother-toddler relationship to teen obesity
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-12/osu-slq122011.php

母と子供の関係特性解析にて、子供のemotional security(情緒的安定)と、母のsensitivity(過敏症性)という意味でその質が低ければ、15歳児肥満となりやすいという結果。

以前にも小規模研究で4.5歳児の肥満リスクと子供の情緒的不安定さの関連が示されており、脳の情緒・ストレス反応と食欲・エネルギーバランスの関連が示唆されていた。


Obesity linked to poor mother-toddler bond
http://www.cbsnews.com/8301-500368_162-57348350/obesity-linked-to-poor-mother-toddler-bond/

by internalmedicine | 2011-12-27 09:13 | 糖尿病・肥満  

就学前子供:たべものの好みは2ヶ月齢から環境により影響をうける

Preferences for salty taste and new vegetables influenced early in life
http://www.ajcn.org/site/misc/release2.xhtml#remi

論文:Stein LJ, e al "The development of salty taste acceptance is related to dietary experience in human infants: a prospective study" Am J Clin Nutr 2012; 94: 123–129.


食べ物への好き嫌い、その差は遺伝的なのか、生後の影響なのか・・・The American Journal of Clinical Nutritionの2012年1月号に上記論文が報告されるとのこと

2つの研究から成り立つ
1)51名の乳児を生後2-6ヶ月で、塩分水溶液を味わせ、乳幼児の塩摂取量の主成分である、デンプン質性卓食食品と開始の有無と関連するかどうかの検討。就学前で再検査する。
2)3-4歳児(n=173)、嫌いな野菜を少量10日間で、好きになるか拒否するかを検討。対照群は無味食品。

2ヶ月齢では、全員、塩水への拒否。
6ヶ月齢で、デンプン質卓食食品を与えられた乳児では塩水受容性が、非暴露群に比べ、有意に増加。
(則ち、塩分になれた子供はさらに塩分摂取が増える影響)。55%ほどデンプン質卓食食品量増加した。
則ち、早期に、(塩分量の多い)デンプン質食品を与えた場合、就学前から、塩を好む傾向となる。

2つの目の研究では、対照群に比べ嫌いな野菜を好むようしむけた場合、より多く食べるようになった。この差は3ヶ月影響として残る。好きなものを与えた場合はこのような効果は無かった。


3つ子の魂どころか、生まれたときから・・・ あたえられたものにより、食事の好みに影響が出る

by internalmedicine | 2011-12-22 09:28 | 糖尿病・肥満  

カルシウム・ビタミンDサプリメントにより体脂肪減少効果

Calcium and vitamin D supplementation is associated with decreased abdominal visceral adipose tissue in overweight and obese adults
Am J Clin Nutr January 2012 vol. 95 no. 1 101-108

過体重・肥満へのカルシウム+ビタミンDを補充したサプリメントオレンジジュースの体重、内臓脂肪組織(VAT)への影響

平行二重盲検プラシーボ対照化トライアル、16週間トライアル
・オレンジジュース240 mL+(サービングあたり カルシウム350mg+ビタミンD 100 IU付加)
・対照群:通常・非付加あるいは少量のオレンジジュース:OJ

16週後、両群体重減少 ~ 2.45 kgは差なし

VAT減少は、介入群CaD群(−12.7 ± 25.0 cm2)で、対照群より有意に大きい(−1.3 ± 13.6 cm2)
少量OJトライアルでは、−13.1 ± 18.4 cm2、 −6.4 ± 17.5 cm2

カルシウム・ビタミンDサプリメントの腹部体脂肪量への影響は有意に2つのトライアル複合検討で高かった。

結論:カルシウム and/or ビタミンD サプリメントは腹部脂肪量減少に効果を認める


やはり、ビタミンD濃度(25(OH)D)とカルシウム量測定チェックが望ましいだろう。日本では一定割合に高ビタミンD状態の住民がいる。



Interactions of single nucleotide polymorphisms with dietary calcium intake on the risk of metabolic syndrome
Am J Clin Nutr January 2012 vol. 95 no. 1 231-24
韓国でのメタボリックシンドロームにおける、SNPs研究
カルシウム摂取量とメタボリックの逆相関、それに関わるminor alleleの関連

by internalmedicine | 2011-12-22 08:34 | 糖尿病・肥満  

Medscape: Top 10 Articles for Endocrinologists in 2011

Top 10 Articles for Endocrinologists in 2011
http://www.medscape.com/viewarticle/754832


2型糖尿病とビタミンD関係だらけ・・・



10. FDA Approves Diabetes and Cholesterol-Lowering Drug Combo:合剤の話:Juvisync (Merck), the new medication combines sitagliptin (Januvia, Merck), a dipeptidyl peptidase-4 (DPP-4) inhibitor used for glycemia control, with the cholesterol-lowering simvastatin

9. FDA Restricts Use of Simvastatin 80 mg :既に12ヶ月服用・ミオパチーの証拠がないという条件がなければ80mg/日に最大投与量制限

8. Vitamin D Supplementation: An Update:ビタミンDと慢性疾患との関わり、ビタミンDの直腸結腸癌予防との役割など・・・

7. Which Is Better: Vitamin D2 or D3?:ergocalciferol (vitamin D2) and cholecalciferol (vitamin D3) are not bioequivalent and should not be considered interchangeable. Although few head-to-head trials exist, based on pharmacokinetic studies and limited clinical evidence, cholecalciferol is preferred over ergocalciferol. :D2とD3は互いに代替できないもの。ガチンコ比較はすくないが、cholecalciferol(Vit D3)の方が好ましいかも・・・

6. Nine Drugs Added to FDA Watch List:薬剤副作用警告リスト

5. Endocrine Society Issues Practice Guideline on Vitamin D:ビタミンDガイドライン :The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism June 6, 2011 jc.2011-0385
→ 25-OHビタミンD 保険未収載なのは、日本の内分泌学会と厚労省の怠慢

4. Thyroidal Effect of Metformin Treatment in Patients With Polycystic Ovary Syndrome:メトホルミンはPCOS・甲状腺機能低下(l-thyroxine治療有無にかかわらず・・・)患者において、TSH低下作用を示す。

3. FDA Panel Says No to New Antidiabetes Agent:糖尿病新薬候補sodium glucose cotransporter-2 (SGLT-2) 阻害剤dapagliflozin (Bristol-Myers Squibb and AstraZeneca):FDA承認せず →関連:新規糖尿病薬ダパグリフロジンも膀胱癌・乳がんリスク懸念 &肝障害 ・・ FDA認可どうなる? 2011/07/16 、 SGLT2 阻害剤であるdapagliflozin 第Ⅲ相:SU剤との併用上乗せ効果 2011/12/10

2. Safety of Insulin Glargine Use in Pregnancy:るインスリングラルギン【商品名:「ランタス」(サノフィ・アベンティス社製)妊娠安全性について

1. FDA Approves New Drug for Type 2 Diabetes:日本名 トラジェンタ :linagliptin (Tradjenta, Eli Lilly Co and Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals):タブレット剤型、dipeptidyl peptidase-4阻害 :副作用は、上気道感染、鼻汁、咽頭痛、筋肉痛・頭痛 、併用としてはメトホルミン、アクトス、グリメピラド実績有り、インスリンとの併用実績無し(日本の保険適応とは違うの・・・注意を)

by internalmedicine | 2011-12-12 10:00 | 糖尿病・肥満