カテゴリ:環境問題( 141 )

 

効果不明瞭な薬剤継続した医師たちの罪? ジエチルスチルベストロール:DES 子宮内暴露の健康被害

アメリカの話なので、日本には関係ないと言えるかどうか?効果のはっきりしない薬剤を熟慮せず使い続けているのではないか? 


ジエチルスチルベストロール(Diethylstilbestrol) DES
http://www.tokyo-eiken.go.jp/edcs/des56-53-1.html
DESは1950-1960年代にかけ,主に欧米で多くの妊婦に投与された.1970年代の初期には,投与された母親から生まれた女子の膣腺癌の発生 や同男子生殖器の異常 )との関連が指摘され始め,日本にも紹介された .


切迫流産防止のため使われたり、家畜肥育促進用に使われた歴史がある

Hoover RN, et al "Adverse health outcomes in women exposed in utero to diethylstilbestrol" N Engl J Med 2011; 365: 1304-1313.


・不妊: 33% versus 15.5%, HR 2.37, 95% CI 2.05 to 2.75
・自然流産: 50.3% versus 38.6%, HR 1.64, 95% CI 1.42 to 1.88
・早期産: 53.3% versus 17.8%, HR 4.68, 95% CI 3.74 to 5.86
・セカンドトリメスター妊娠喪失: 16.4% versus 1.7%, HR 3.77, 95 CI 2.56 to 5.54
・子宮外妊娠: 14.6% versus 2.9%, HR 3.72, 95% CI 2.58 to 5.38
・妊娠子癇: 26.4% versus 13.7%, HR 1.42, 95% CI 1.07 to 1.89
・死産: 8.9% versus 2.6%, HR 2.45, 95% CI 1.33 to 4.54
・早期閉経: 5.1% versus 1.7%, HR 2.35, 95% CI 1.67 to 3.31
・Grade 2 以上の頚部上皮内新生物: 6.9% versus 3.4%, HR 2.28, 95% CI 1.59 to 3.27
・乳がん: 3.9% versus 2.2%, HR 1.82, 95% CI 1.04 to 3.18


1938年から1971年まで400万人の人たちが使用
1953年にはDESが早産や他の妊娠合併症に対し有効でないことが示されていた。
しかしながら、医師たちは、DESと膣・頚部の明細胞腺癌発症との関連があきらかになる1971年まで少なくとも使用を継続していた。FDAが1971年傾向を発しその後処方が消失している。
参考:Diethylstilbestrol Exposure
SARINA SCHRAGER, M.D., and BETH E. POTTER, M.D., University of Wisconsin Medical School, Madison, Wisconsin
Am Fam Physician. 2004 May 15;69(10):2395-2400.



”代表的環境ホルモンのひとつとされる物質。ステロイド骨格を持たない合成女性ホルモン様物質の一種”という見方もある。http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=1035
・・・環境ホルモンとさわぐ火事場泥棒という見方も・・・

by internalmedicine | 2011-10-06 10:44 | 環境問題  

大気汚染:PM2.5、PM10、NO2長期暴露と、卒中発症、心血管疾患死亡との関連

多くのコホート研究で大気汚染と心血管死亡率との相関は示されていたが循環器系疾患との関係の論文2つしか無く、この論文は粒子状物質の長期暴露と、卒中発症、虚血性心疾患死亡との関連を示し、全身性疾患発症に関連があることが示唆された論文という主張

Long-Term Exposure to Air Pollution and Cardiorespiratory Disease in the California Teachers Study Cohort
Michael J. Lipsett et. al.
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 184. pp. 828-835, (2011)

大気小粒子・ガス状汚染物質と、心筋梗塞・卒中と全原因・原因別死亡率の関係

PM2.5長期暴露ハザード比は、10μg/m3増加毎に虚血性心疾患死亡率増加
特に閉経後女性において卒中(1.19 ; 95% CI, 1.02–1.38)増加。

PM10に関して、虚血性心疾患死亡リスク増加(1.06; 95% CI, 0.99–1.14) 、卒中発生増加(1.06; 95% CI, 1.00–1.13)

一方、酸化窒素物は虚血性心疾患・全心血管疾患死亡率増加と相関

長期PM2.5、PM10暴露は両者とも、卒中発症、虚血性心疾患死亡率増加と関連が示され、窒素酸化物は心血管原因死亡と関連することが判明

by internalmedicine | 2011-10-03 10:05 | 環境問題  

読売新聞「受動喫煙症」・地元新聞「受動喫煙による化学物質過敏症」での初の提訴

受動喫煙症」って病気初めて知った。「化学物質過敏症」の範疇で考えて良いのだろうか?

病名というのはやはり多くの関係者のコンセンサスを得なければ、混乱をもたらすのではなかろうか ?

論文検索しても該当病名が見あたらない(http://ci.nii.ac.jp/ http://ronbun.search.yahoo.co.jp/


読売新聞は”公用車運転で「受動喫煙症」…公務災害求め提訴”
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111001-OYT1T00208.htm?from=navr)となっている。

これは、”読売新聞”の誤報? 誤解?

地元新聞は、「化学物質過敏症」としている
 ↓
県職員「受動喫煙で過敏症」 公務災害認定求め提訴 
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20111001_1
 公務中の受動喫煙で化学物質過敏症(CS)を患ったにもかかわらず、公務災害と認められなかったのは不当として、遠野市の県職員男性(40)が30日、地方公務員災害補償基金県支部長に処分の取り消しと公務災害の認定を求め、盛岡地裁に提訴した。

 訴状によると、男性は2008年1月、公用車を運転し、車内に充満したたばこの煙に含まれる化学物質によって鼻痛や呼吸困難を発症。同年4月にCSと診断され、同年7月から1年間休職した。

 男性は同年5月に同県支部長に公務災害認定を請求したが、09年4月に公務外と認定された。その後、同県支部審査会に2回、審査請求を行ったが、いずれも棄却された。

 男性は健康被害について県に約890万円の損害賠償などを求める訴訟も起こしており、盛岡地裁で係争中。(2011/10/01)



たしかに、密閉空間で受動喫煙さらされれば、衣服に臭いはつき、喘息などあれば病状悪化をもたらすだろう。心血管疾患を有する人たちには急性増悪リスクまで可能性があるだろう。ただ、これを「化学物質過敏症」という”疾患”とするなら、この疾患の範疇はむちゃくちゃ広がる。たきぎの煙をすっても化学物質過敏症、隣の家のさんまを焼く煙でも・・・

民主党は問う全体として、「化学物質過敏症」という概念を一方的に支持している。
http://www1.dpj.or.jp/news/?num=10960

一方、Wikiにもあるごとく、また、わたしのブログ(「化学物質過敏症」: http://bit.ly/oCMu3W)でも再三触れてきたごとく、懐疑的意見もある。

化学物質過敏症、その原典:MCS ・・・ 2007年 10月 04日

いづれにせよ、基礎的、臨床的情報・データの集積の上、客観的にその因果関係やその影響度を討議してから、疾患概念は公的に提示して欲しいものだ。


化学物質過敏症の疾患概念があいまいと批判したら、2ちゃんねるで批判書き込みされたことがあったなぁ。今回はマイルドに書いたつもりだが・・・

化学物質過敏症という病名にはわだかまりを感じるが、無遠慮な喫煙行動で受動喫煙となりのどが痛くなったりというのは結構あるわけで、これを”病名”で呼ぶ意義には、ややシンパシーを感じてしまう・・・

by internalmedicine | 2011-10-01 11:32 | 環境問題  

米国青少年:睡眠時間の短さと問題行動リスク

Relationships between hours of sleep and health-risk behaviors in US adolescent students
Preventive Medicine In Press 
doi:10.1016/j.ypmed.2011.06.02




修学夜の不充分な睡眠比率は68.9%

不充分な睡眠との関連性オッズが高いのは
喫煙 (age-adjusted odds ratio [AOR], 1.67; 95% confidence interval [CI], 1.45–1.93)、marijuana (AOR, 1.52; 95% CI, 1.31–1.76)、 アルコール (AOR, 1.64; 95% CI, 1.46–1.84); 性的活動 (AOR, 1.41; 95% CI, 1.25–1.59)

重度自殺企図  (AOR, 1.86; 95% CI, 1.60–2.16)
悲しみ・希望無し感覚 (AOR, 1.62; 95% CI, 1.43–1.84)
身体的けんか  (AOR, 1.40; 95% CI, 1.24–1.60)

7日間に5日間以上60分以上の運動なし  (AOR, 1.16; 95% CI, 1.04–1.29)

コンピュータ使用3時間以上  (AOR, 1.58; 95% CI, 1.38–1.80)

soda/pop飲料 1日1回超 (AOR, 1.14; 95% CI, 1.03–1.28)

睡眠時間の短さは、原因なのか結果なのか・・・

眠れないほどの課題を生徒に与える学校の先生は今時いないのだろうか?私の高校の頃はおかげで年中睡眠不足だった

by internalmedicine | 2011-09-27 15:26 | 環境問題  

特発性悪臭:魚臭症(トリメチルアミン尿症)は人種・民族横断的可能性有り

I今回の特発性悪臭(idiopathic malodor)を有する被験者では、人口動態的情報はトリメチルアミン尿症の診断鑑別には役立たずしかし、特発性悪臭では比較的、このトリメチルアミン尿症は存在し、食事や他の治療により奏功するのでコリン誘発試験を行い診断を全例に行うことを勧める。

Individuals Reporting Idiopathic Malodor Production: Demographics and Incidence of Trimethylaminuria
The American Journal of Medicine doi:10.1016/j.amjmed.2011.05.030 | How to Cite or Link Using DOI


魚臭症と呼ばれる、トリメチルアミン尿症


勝手にリンク (ググればトップなのでリンクする必要もなかったかも・・・)→ 魚臭症候群,魚臭症,トリメチルアミン尿症,Trimethylaminuriaの日本におけるホームページ http://homepage2.nifty.com/hiroshi_yamazaki/index.htm

by internalmedicine | 2011-09-15 08:14 | 環境問題  

交通事故: 段階的運転免許取得システムにより若年交通事故死亡数

JAMAやBMJには交通事故関連の論文が掲載される。交通事故の医学的見地ってのが重要という認識があるのだろう。日本では・・・”警察が科学的エビデンスの乏しい後顧的データで、血液型占星学的な推測”をおおっぴらにして疑似科学論争を巻き起こす・・・あちゃらの方向にいく話

制度をいじくるのなら、”仮説を提示し帰無仮説否定のための前向きトライアル・デザイン”を行った上の、制度可否の検討をまともにしてもらいたいと思う・・・科学的考えが警察に期待できないのであれば、医療側が提示すべきなのかもしれない・・・

graduated driver licensing system = 段階的運転免許取得システム(勝手にリンクすいません)


Graduated Driver Licensing and Fatal Crashes Involving 16- to 19-Year-Old Drivers
Scott V. Masten, et. al.
JAMA. 2011;306(10):1098-1103


Graduated driver licensing programは、若年ドライバーの低リスク運転経験不足を考慮して経験を積む前の未熟なリスキーな運転に対する対処としてデザインされている。
Mastenらは、US内での16-19歳の段階的免許取得システムと、1986-2007年横断的時間推移解析を調査

プログラム導入無しと比べ、夜間運転制限・同乗者制限によって16歳の交通事故死亡低下(rate ratio, 0.74 [95% CI, 0.65-0.84])と関連した。
しかし、18歳での死亡事故頻度はより高かった(rate ratio, 1.12 [95% CI, 1.01-1.23]).。

by internalmedicine | 2011-09-14 08:44 | 環境問題  

米国:オゾン規制後退に対し呼吸器系関連学会非難

Amid dismal jobs report, Obama withdraws clean air rules
LA times

オゾン主体とする空気・大気汚染に関して後退を表明。厳しい規制だと、雇用をダメにするという理由らしい。


ATS Statement Regarding White House Decision to Delay New Ozone Standard
Released: 9/2/2011 3:30 PM EDT

”ozone standard”に関し、ホワイトハウスは最終的スタンダードに対し変化の態度を行わない旨のプレス・リリースを出した。これに対し、 ATS(米国胸部疾患協会)側会長は、この決定に対し、非難のコメントを出している。

オゾンは、スモッグとしても知られ、喘息、COPD、他の呼吸器疾患にとって脅威となるもので、EPAのオゾンレベルでは、学校欠席、ER受診・入院、早死を増やすと警告。

アメリカ医学協会(American Medical Association) 、アメリカ小児科協会( American Academy of Pediatrics)、米国胸部疾患協会(American Thoracic Society)を伴い医師グループがオバマ大統領に、オゾン規制の厳格化を求めている。




EPA:オゾン海面濃度環境基準 0.12ppm 0.075 ppm
...オゾンの規制を強化するための環境基準案を発表・・・と遅ればせながら、紹介。 2010/02/04


家庭用オゾン発生器業者側の勝手な言い分 2009年 10月 24日

【オゾン発生装置健康被害放置の日本】オゾン濃度:大気6.6時間・70 ppbで健康成人の肺機能低下2009年 08月 03日

by internalmedicine | 2011-09-03 11:45 | 環境問題  

ストレス反応によりDNA損傷を生じるしくみ

ストレス反応によりDNA損傷を生じるしくみ

Nature. Aug. 21号
A stress response pathway regulates DNA damage through β2-adrenoreceptors and β-arrestin-1
Makoto R. Hara et. al.
Nature (2011) doi:10.1038/nature10368
Received 16 July 2010 Accepted 18 July 2011 Published online 21 August 2011


p53はゲノムの門番であるが、p53低下が続くと、染色体異常に関わる。

アドレナリン作用物質を注射する、慢性ストレスモデル。4週間注入すると、p53の減少を生じ、低値となる。また、DNA損傷は、β-arrestin 1欠如マウスで予防できること、そして、β-arrestin 1はp53の胸腺細胞レベルを維持すること、急性・慢性ストレスとも臓器は反応し、性能への影響を与え、父性的に影響を与えることとなる。

βアドレナリン受容体のようなG-protein-coupled receptors (GPCRs)は、心疾患へのβ遮断剤、抗ヒスタミン剤や抗潰瘍薬を含め、これらの薬剤のターゲットである。 



ストレスへのヒトの心と体の関係は、ホメオスタシスへの脅威を受けた姿である。交感神経亢進、”戦闘態勢”でのカテコラミンであるアドレナリン・ノルアドレナリンの反応、このストレス反応は一般には一過性であるが、長期にわたると有害性の懸念が出現する。免疫抑制、成長阻害、カタボリズム促進など
慢性ストレス反応は、消化性潰瘍・心血管疾患と関連し、疫学的にも慢性ストレスがDNA損傷と関連することが知られている。このストレス誘起性DNA損傷は加齢促進、腫瘍発生性、神経精神状態、不妊などと関連する可能性がある。
しかし、このストレスとDNA損傷イベント関連のメカニズムは不明であった。ストレスホルモンであるアドレナリンはβ2-アドレナリン受容体を刺激し、germline cellやzygotic embryoを含む体全体で発現する。活性化β2アドレナリン受容体は、Gs蛋白依存的にprotein kinase A(PKA)を活性化し、G-蛋白シグナル化と機能を脱感作し、β-arrestinがシグナル・トランスジューサーの働きをする。
β2アドレナリンsどうせいカテコラミンの分子的メカニズムをGs-PKAやβ-arrestinを介するシグナル化経路を通し、DNA損傷、そして、p 53レベルの低下のトリガーとなり、DNA損傷の累積となる。
マウスも人間も、β-arrestin-1(ARRB1)がβ2アドレナリン受容体活性化し、MDM2のAKT-介在-活性化を促進し、molecular scaffold(分子足場)として働く。
カテコラミン誘発DNA損傷は、Arrb-1-ko(Arrb1 -/-)マウスで無くなり、これにより、胸腺や精巣でp53値が温存される。胸腺は急性・慢性ストrすに主に反応する器官であり、精巣は父性の影響が子孫ゲノムに伝わる意味がある。



アドレナリン作動性薬剤に関して・・・この辺の安全性担保できてるのだろうか?
特に、持続型とか・・・テオフィリン系とか・・・

”ストレスによる身体への影響”って、”ストレス”という言葉が曖昧なまま用いられることが多い、なんとなく分かったような気になっているが・・・




http://assay.nih.gov/assay/index.php/Section9:%CE%B2-Arrestin_Recruitment

by internalmedicine | 2011-08-22 11:40 | 環境問題  

乳業団体研究資金のMcMaster研究:運動後脱水の子供は水飲むよりミルクを飲めと!

McMaster研究:運動後脱水の子供は水飲むよりミルクを飲めと!

蛋白、炭水化物、カルシウム、電解質を多く含むからという理由


1%の脱水は、15%のパフォーマンス低下をもたらし、心拍を増加させ、核温度を増加させ、維持能力低下させる、その極まりが”熱中症”と述べている

http://www.mcmaster.ca/opr/html/opr/media/main/NewsReleases/MilkbetterthanwatertorehydratekidsMcMasterstudy.htm




McMaster大学だから、まぁ 信用しないといけないのだろうか? でも、Dairy Farmers of Canadaが研究資金出しているんだけど・・・

by internalmedicine | 2011-08-18 12:10 | 環境問題  

米国エネルギーシナリオ RCP4.5 :環境問題優先で・・・原発推進

門外漢なので、この背景に関してわからないが、Representative Concentration Pathway (RCP) 4.5をCO2削減シナリオとする旨、米国は動くようだ。

ことの是非はともかく、主に原発推進である。
ソーラーとか、地熱発電とかいっても、ほんのお飾りである現実をマスコミは正しく伝えるべきだ。
あるテレビ局ではソーラーや地熱発電でアメリカは行くという印象操作放送をみたが、それは嘘。

Allison M. Thomson, Katherine V. Calvin, Steven J. Smith, G. Page Kyle, April Volke, Pralit Patel, Sabrina Delgado-Arias, Ben Bond-Lamberty, Marshall A. Wise, Leon E. Clarke and James A. Edmonds, RCP 4.5: A Pathway for Stabilization of Radiative Forcing by 2100, Climatic Change, July 29, 2011, DOI 10.1007/s10584-011-0151-4 (http://www.springerlink.com/content/70114wmj1j12j4h2/).
http://www.springerlink.com/content/70114wmj1j12j4h2/fulltext.pdf
a0007242_8171817.jpg






"原子力発電を推進したい米政府は首相の「脱原発」方針にも強い不快感を伝えてきており、首脳会談は見送られる公算が大きくなった。"(日米首脳会談見送りの公算 米、日程調整を“拒否” 2011.8.8 09:25 )というように、原発がエネルギー施策の主体の米国

lame duck状態の総理大臣にあっても、展望など聞けないのだから、米国側の対応は当然中の当然。日本の未来のため早くやめてもらわないといけないのだろう・・・

日本は、ホントに、どうするんだろ? 米国のように、長期スタンスを示すべきだと思う。

福島原発事故以来、脱原発がトレンドになってるが、日本は国際舞台でCO2削減をおおっぴらに叫んでた・・・これとのすりあわせの上、2100年までのスタンスを明確にすべき・・・

政治家や官僚がしなくて、誰がするのだろ?

反原発の声が大きいが、現実的に考えればすぐにストップなんて出来ない・・・

by internalmedicine | 2011-08-08 08:28 | 環境問題