カテゴリ:環境問題( 141 )

 

コカイン依存症:心MRI”無症候心筋障害”所見多し 他検査ではなかなか検知困難

"Silent myocardial damage in cocaine addicts"
Aquaro G, et al
Heart 2011; DOI:10.1136/hrt.2011.226977.
http://www.retecedro.net/wp-content/uploads/2011/06/Silent-myocardial-damage-in-cocaine-addicts.pdf


無症状だが、実は心MRIで見ると、ヘビーなコカイン・ユーザーは心筋ダメージを多く有するという報告。

コカイン中止48時間後、連続30の検討で、心臓MRIで25名に異常あり、左室浮腫14名、線維化22名
心機能は正常だったが、11名は心筋浮腫・線維化が同じ部位に観られ、15名が非虚血性の線維化
浮腫は直近の心筋ダメージの指標であり、可逆性だが、線維化は非可逆性

剖検例では、コカイン依存の20%に心筋炎を認め、非致死性心筋梗塞が25%

コカインの心毒性は無症候であり、MRIで初めて認められるものが多いことが分かった。
この研究では、BNP、トロポニンI、心エコー、運動ストレス試験、24時間心電図が行われている。

5名に一人がC型肝炎、HIV感染し、半数が他の薬物依存、オピオイドやアルコール依存
使用期間は平均12年で、毎日5.5gmほどを利用。snortingが最も多いが、ルートとして注射も2名含まれ
29名のうち、生化学マーカーは陰性で、15名が安静時心電図軽度異常、運動負荷検査、ホルター心電図を含め虚血性・不整脈認めず。心エコーにて12名に壁運動異常認めた。22名の線維化兆候の内、10名が単独依存群で、12名がpolydrug依存群。plydrugほど非虚血性パターン頻度が多い。
CT冠動脈血管造影では52歳で所見認め、年齢的な要素の可能性がある。


心臓MRI4例の依存につき3名異常があり、結局"silent heart attack"・毒性所見を示すと著者ら・・・

by internalmedicine | 2011-06-21 10:19 | 環境問題  

米国小児食物アレルギー有病率 8.0%

ランダム化横断調査

40104名の小児のデータから、食物アレルギー有病率は8.0%(95%信頼区間 [CI]: 7.6-8.3)
そのうち、重度病歴は38.7%、多数の食物アレルギーが30.4%
ピーナッツが25.2%[95% CI: 23.3-27.1]、ミルク(21.1% [95% CI: 19.4–22.8]) 、甲殻類(17.2% [95% CI: 15.6–18.9])
食物アレルギーは、人種、年齢、収入、地域により有意に関連。

The Prevalence, Severity, and Distribution of Childhood Food Allergy in the United States
Ruchi S. Gupta, Elizabeth E. Springston, Manoj R. Warrier, Bridget Smith, Rajesh Kumar, Jacqueline Pongracic, and Jane L. Holl
Pediatrics 2011; peds.2011-0204; Published online June 20, 2011 (10.1542/peds.2011-0204)



わが国における食物アレルギー有病率調査は諸家の報告より、乳児が約10%、3歳児で約5%、学童以降が1.3-2.6%)程度と考えられ、全年齢を通して、わが国では推定1-2%程度の有病率であると考えられる。欧米では、フランスで3-5%、アメリカで3.5-4%、3歳の6%に既往があるとする報告がある。
http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/05/index.html

日本の方が有病率多い可能性有り!

そして原因食物も、鶏卵、乳製品、小麦、果物、そば、魚、ピーナッツ、魚卵、大豆、木の実・・・だから、それも異なる。

by internalmedicine | 2011-06-21 09:48 | 環境問題  

子供のポータブル・プール事故

日本では、ポータブルプールってさほど普及してないと思うが・・・

このポータブルプール事故のPediatrics 7月号で報告とのこと

ポータブルプールの事故の94%が5歳未満、56%が男児、自宅の庭が73%、夏が81%

ソース:http://www.sciencedaily.com/releases/2011/06/110620122039.htm

by internalmedicine | 2011-06-21 09:25 | 環境問題  

1歳未満で犬猫と同居 → アレルギー獲得少ない ;女児と犬など例外

生まれたての頃、犬猫がいると、後年、それらを抗原とするアレルギーが少ないという傾向にあるようだ・・・

また、犬猫の乳児期減感作の話か?・・・と思いきや、そう簡単にはいかないようだ。

Ganesa Wegienka, Ph.D., epidemiologist, department of public health, Henry Ford Hospital, Detroit; Jennifer Appleyard, M.D., chief, allergy and immunology, St. John Hospital and Medical Center, Detroit; July 2011, Clinical & Experimental Allergy

解説:http://www.mercyhealthsystem.org/body.cfm?id=446&action=detail&ref=39373

”online June 13 in the journal Clinical & Experimental Allergy”に発表らしい。

生誕時から18歳までフォローした男女566名に関して、生涯を通しての犬猫へのアレルギー感作をモニターし、1歳未満にペットとともに過ごした場合、後年アレルギー獲得は少なくなる。
乳児期に猫の暴露がある場合は50%ほど少なく、犬に関しては男児では同様。
奇異なことに、女児と犬の関係ではそれは見いだせなかった。
さらに不思議なことに、帝王切開後の男女児では犬と一緒にいた子供より犬への感作が67%ほど減少している。


”cause-effect”に関しての情報でないことと、他因子の関連が除外されてないことなど解釈はすんなりいかない。






http://edition.cnn.com/2011/WORLD/asiapcf/06/11/japan.protests/index.html

by internalmedicine | 2011-06-14 11:35 | 環境問題  

今後10年、肝障害主因はNASHとなり、肝硬変・肝細胞がんへのインパクトも大きくなる

・ 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
・ 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)

Systematic review: the epidemiology and natural history of non–alcoholic fatty liver disease and non–alcoholic steatohepatitis in adults Evidence Based Medicine
G. Vernon1,2, A. Baranova2,3, Z. M. Younossi
Alimentary Pharmacology and Therapeutics
DOI: 10.1111/j.1365-2036.2011.04724.x


NAFLDは肝機能異常(肝逸脱酵素増加)疾患の中でもっとも多い疾患原因である。
NAFLDスペクトラムのうち、NASHのみが肝硬変・肝細胞がんを発症する。
肥満疫学調査が進むことでNAFLDの頻度・インパクトが増加し、次10年において、NASHが進行肝疾患の原因の首位になるだろう。


アジア太平洋地域での疾患の広がりが問題になり京都大学の肝臓移植あたりから、随分、広まっては来ているが、診療ガイドは、値段は安いものの市販
NASH・NAFLDの診療ガイド 2010
編集 日本肝臓学会

という状況。

ちなみに、講演会に行くとよく聞くのだが、NASHは”ナッシュ”、NAFLDは、“ナッフルドゥ”あるいは“ナッフルディー”と呼ぶそうだ。
そして、診断は、”実際には,肝炎ウイルス等の感染マーカーがいずれも陰性で,自己免疫性肝疾患も否定できて,ヘモクロマトーシスやWilson 病等の代謝性肝疾患でもなくて…,といった具合に除外診断を進めて行くことによって最終的にNAFLD に辿り着く”
http://www.jstage.jst.go.jp/article/kanzo/47/12/529/_pdf/-char/ja/


アルコール性肝障害との区別が問題となる。日本の指標も、米国指標の男性で30g/日、女性で20g/日(5年内)(ビール350mL、ワイン 120mL、アルコール10%のハード・リキュール45mLと換算)という米国指標(http://www.clevelandclinicmeded.com/medicalpubs/diseasemanagement/hepatology/nonalcoholic-fatty-liver-disease/)に準じており、”病歴に明らかな飲酒歴(1日20g以下)”と準じている。日本人のアセトアルデヒドの酵素活性から考えてどうなのか疑問がもたげる。

by internalmedicine | 2011-06-13 09:11 | 環境問題  

モバイルコミュニケーションデバイス(MCD)と交通事故

mobile communications devices (MCDs)が、1年に30万件もの交通事故を引き起こす。でも、法律が追いついてませんよ・・・というアメリカの話。

MCDs全般を禁止している州はない現状で、もっとも前向きに法律をつくれと主張しているよう・・・

携帯デバイスは、携帯電話だけでなく、ラップトップ、タブレットコンピュータを含み、ドライバーも年齢、免許種類、携帯デバイスの部位・タイプも検討。

Jennifer K. Ibrahim, Evan D. Anderson, Scott C. Burris, Alexander C. Wagenaar. State Laws Restricting Driver Use of Mobile Communications Devices. American Journal of Preventive Medicine, 2011; 40 (6): 659 DOI: 10.1016/j.amepre.2011.02.024


自家用がブルーツース対応で完全にハンズフリー化達成できて便利になった。
ウェブ検索しても、イヤピース型やヘッドセット型ばかりで、見つけた、耳に変な器具をつけずに済む設置式のを買ったら、半年程度で次々壊れる。これぞというブルーツース対応設置型ハンズフリー機器ないものか・・・

by internalmedicine | 2011-06-09 09:02 | 環境問題  

WHOのワークグループ 携帯電話の発がん性認める

”携帯電話と膠芽細胞腫の関連をWHOのワークグループが認めた”・・・ということには一定のインパクトがあるとのこと

携帯電話の電磁波で発がん性と指摘 

携帯電話の電磁波にがん危険性も。限定的ながら神経腫瘍などの可能性とWHO組織が初の指摘。 2011/06/01 06:18 【共同通信】


medpage(http://www.medpagetoday.com/PublicHealthPolicy/PublicHealth/26776 )
WHOのワークグループが、携帯電話によるEMFの発がん可能性を公表。
リオン(フランス)の International Agency for Research on Cancer (IARC)会合後公表され、14日か億31名の科学者が、携帯電話使用とglioblastomaのリスク増加関連の十分なエビデンスがあると報告。
電磁波を発がん物質としてIARCのグループ2Bへ分けるかどうかはまだ十分なエビデンスはないとしている。グループ2Bには、フェニトインやフェノバルビタールなどの抗けいれん薬やprogestinなどが含まれる。


ワークグループの長である、Jonathan Samet, MD ( University of Southern California)は、  "evidence, while still accumulating, is strong enough to support a conclusion and the 2B classification"(累積中ではあるが、結論と2B分類を補強する十分なエビデンス)と述べている。
携帯電話とがんリスクの関連をより綿密に関しすべきとも述べている。
ヒトへの発がん性が考えられるグループ2への分類には、概日リズムの変化をもたらすシフト労働や高温の揚げ物が含まれる。ベンゼン、6価クロム、マスタードガス、日光照射、他の放射性物質などが発がん物質のトップであるグループ1と分類され、”発がん性に対する十分なエビデンスがある”という分類である。

WHOワークグループは、がんとマイクロ波エネルギーに伴う環境・職業暴露との関連のエビデンスに関しては十分なエビデンスがあることは認められてない。
昨年報告の、政府と企業共同スポンサーのInterphone study、がんと携帯電話に関する大規模登録研究では、会話時間とglioblastomaの関連は結論づけられなかった。使用時間が最も長いと、(リスクの)有意な増加はあったが、研究者は使用時間との関連は認めがたかったという報告であった。加えて、携帯電話使用のカテゴリーに関するオッズ比はprotectiveでさえあった。

携帯電話依存のfMRIの研究、National Institute on Drug Abuse で、携帯電話使用は、アンテナに近い脳の部分でぶどう糖代謝に影響を与えることが分かっている。臨床的重要性は不明だが無線周波数電磁界に脳がsensitiveであることのエビデンスは存在する。
...(略)


抗てんかん薬を対照にして説明しているが、”放射線被曝におけるCT被曝量比較”と同様、奇異な感じがする。放射線被曝と同様、電磁波被曝量は少ないほどよいに決まってる(ホルミシス・エビデンス懐疑的&無閾値線形の立場として・・・)。その上で、ゼロリスクという現実的選択肢がないのなら、それを踏まえた上での基準作りが必要だろう。脳膠芽腫への影響は生涯照射リスクを考えれば子供・若年者ほど甚大となるだろう。それらの層へは配慮が必要と思う。防犯は別方法を十分配慮することを前提に、”携帯端末”依存に陥りやすい小児・青年であり、この世代には携帯電話は原則持たせない方が良いと思うのだが・・・



この時点で、”携帯電話のがん発症リスク WHOの専門組織、初めて認める”を報道した日本のメディア、NHK、日本経済新聞、共同通信、時事通信、IBTimes、CNN japan、WSJ日本版

日経以外の記者クラブ軍団”朝日・読売・毎日・産経・・・”など、報道せず スポンサー配慮?


CNN(http://www.cnn.co.jp/world/30002926.html)が詳しい

・・・発がんの危険がある物質の一覧表には、鉛、エンジン排気、クロロホルムなどと並び、携帯電話の利用を掲載した。・・・帯電話利用を分類するに足る根拠はあると判断した。・・・携帯電話を利用すると、脳腫瘍の一種である神経膠腫(こうしゅ)や聴神経腫瘍へのリスクが増えることはある程度実証されていると判断した。・・・・携帯電話から出る電磁波は非電離放射線と呼ばれ、X線とは異なるが、非常に出力の弱い電子レンジのような働きをする。・・・ロサンゼルスの病院に勤務する神経学の専門医キース・ブラック氏は「マイクロ波が放射されると、電子レンジの中の食品と同様に、言ってみれば脳が調理される」「がんや腫瘍ができるだけでなく、携帯電話を当てる部分には記憶を保持する側頭葉があるため、認識記憶機能などにも影響が及ぶかもしれない」と解説する・・・WHOの発表に対して携帯電話業界は同日、「携帯電話ががんを引き起こすという意味ではない」との見方を表明した。携帯通信業界団体のCTIAは「(WHOの研究者は)何も新しい研究を行わず、発表済みの研究を見直したにすぎない」と批判している。携帯電話の健康リスクをめぐっては、欧州環境庁(EEA)も既に、喫煙、アスベスト、有鉛ガソリンと同様に危険が大きい可能性があるとの見解を打ち出している。携帯電話メーカーの中にも、端末を体から離して使うよう助言しているところは多い。アップルのスマートフォン「iPhone 4」の安全マニュアルには「携帯電話ネットワークを使って通話やデータ通信を行う際は、iPhoneを体から少なくとも15ミリ離した状態を保つ」と記載されている。ブラックベリーもユーザーに対し、「通信を行っている際は、ブラックベリー端末を体から少なくとも25ミリ離した状態を保つ」よう助言している。

by internalmedicine | 2011-06-01 09:28 | 環境問題  

飲水ヒ素暴露と心血管疾患死亡リスク: 中等度ヒ素リスクに対する喫煙による悪化作用最悪

ヒ素は平成10年の毒物混入カレー事件や昭和30年のヒ素ミルク事件といった甚大な被害を惹き起こしたことで知られる元素(http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/5f/as.html)。
”日本の水道法で定められているヒ素の水質基準値0.01mg/L”で、10μg/Lという値


2000年に尿試料をとった11746名の男女の平均6.6年のフォローアップで、主要アウトカムは心血管疾患死

Arsenic exposure from drinking water and mortality from cardiovascular disease in Bangladesh: prospective cohort study
BMJ 2011; 342:d2431 doi: 10.1136/bmj.d2431 (Published 5 May 2011)
Cite this as: BMJ 2011; 342:d2431


住民の総死亡の43%に相当する198名の循環器系疾患死亡
心血管死亡率は、ヒ素濃度<12.0 μg/Lでは、10万対 214.3、対しそれ以上では 271.1

量反応関連があり、ハザード比は、共役要素補正後、 濃度 0.1-12.0、 12.1-62.0,、 62.1-148.0、 148.1-864.0 µg/L) で、 1.00 (対照)、 1.22 (0.65 to 2.32)、 1.35 (0.71 to 2.57)、 1.92 (1.07 to 3.43) (P=0.0019 for trend)

同様の相関が、暴露指数使用として総尿中ヒ素量を用いたときにも診られ、虚血性心疾患特異的であった。

虚血性心疾患・他心疾患に対する死亡率に関し、ヒ素暴露と喫煙暴露が有意なsynergistic interactionを示す。特に、25.3-114.0 μg/L(平均 63.5 μg/L)中等度暴露の喫煙とのjoint effectが個別影響より特に大きくなる (relative excess risk for interaction 1.56, 0.05 to 3.14; P=0.010).



虚血性心疾患・その他心疾患死亡率における喫煙とヒ素濃度ジョイント相関



多変量補正生存率



ヒ素と喫煙の心血管リスクへの関係、中等度ヒ素暴露の方が喫煙との共役効果が大きいという報告



直接関係ないが、一つのリスクに別のリスクが加わることによる相加作用を越えた相乗作用。放射線・放射能と他リスクとの相互作用関連ではどうなのだろう。放射線リスクをなるべくunderestimateしようとする動きの中、やはり、リスクは最大限見積もって対策することがまずは一番大事なはず・・・それを**行政は忘れてると思う。

by internalmedicine | 2011-05-06 09:40 | 環境問題  

救急医療のためのCT適正利用:NCRPsワークショップ

救急部門でのCTの乱用が問題になっており、他検査使用でCT使用回数減少するよう努力し、推奨プロトコールなどを利用共有化し過剰使用通達すること、CTや画像検査の回数・放射線量記録を行うこと、また、治療・アウトカム改善ベネフィットに着眼したエビデンスに基づくCT画像診に関するガイドライン開発することなどが議論されている


救急医療のためのCT適正利用 National Council on Radiation Protection's (NCRPs) ワークショップ

Summary of Workshop on CT in Emergency Medicine: Ensuring Appropriate Use
Journal of the American College of Radiology Volume 8, Issue 5 , Pages 325-329, May 2011


推奨
・ Educate health care providers and others of the status and appropriate applications of CT scanning in emergency medicine and acute care.

・Promote processes and skills to reduce the need for CT imaging when possible, such as the use of traditional radiography, ultrasound and emergency point-of-care ultrasound.

・ Communicate concerns on the overutilization of CT to hospitals, together with recommended collaborative protocols to reduce variability in CT scanning utilization in emergency medicine.

・ Develop mechanisms for reliable recording for emergency medicine patients of the number and doses received in CT scans and other imaging procedures.

・ Develop evidence-based guidelines that address the benefits of CT imaging in emergency medicine, including improvements in patient treatments and outcomes.

by internalmedicine | 2011-05-02 08:21 | 環境問題  

Ira Helfand

Ira Helfand, MD
http://www.psr.org/about/board-of-directors/ira-helfand.html


ノーベル賞も受賞した国際的な医師の団体がワシントンで会見し、文部科学省が子供の1年間の許容被ばく線量の目安を「20ミリシーベルト」に設定したことに疑問を呈しました。
【原発】「子供の許容被ばく線量高すぎる」と疑問(04/27 11:51)
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210427018.html

April 27, 2011 The Future of Nuclear Energy - Lessons from the Fukushima Tragedy for the IAEA

April 27, 2011 Dean Howard Frumkin speaks about Climate Change & Public Health at UW

by internalmedicine | 2011-04-28 10:58 | 環境問題