カテゴリ:血液・膠原病( 11 )

 

血友病B・アデノ関連ウィルスベクター治療効果: 予備的報告

serotype-8–pseudotyped, self-complementary adenovirus-associated virus (AAV) vector expressing a codon-optimized human factor IX (FIX) transgene (scAAV2/8-LP1-hFIXco)

アメリカのメディア騒いでるようだけど・・・ → google news

Adeno-Associated Viral Vector Mediated Gene Transfer for Hemophilia B
NEJM December 10, 2011 (DOI: 10.1056/NEJMoa1108046)
A.C. Nathwani and Others 

The New York Times Treatment for Blood Disease Is Gene Therapy Landmark

6名の予備的研究、単回20分の注射で、正常値の血中凝固蛋白量を1%未満から2%へ、1患者で、11%ほどまで増加させた。多くはないが、それでも4例は通常の治療を中止できたという報告。

リスクの程度はまだ不明で、1例は肝酵素が5倍増加し、肝炎悪化の可能性が示唆された。

by internalmedicine | 2011-12-12 08:45 | 血液・膠原病  

自己免疫性疾患患者に於ける肺塞栓リスク


Risk of pulmonary embolism in patients with autoimmune disorders: a nationwide follow-up study from Sweden
The Lancet, Early Online Publication, 26 November 2011


自己免疫性疾患入院53万5538名
入院初年の肺塞栓包括リスクは6.38(95% CI 6.19-6.57)
33自己免疫性疾患は入院後1年内の肺塞栓リスク有意増加と関連
しかし、筒底の高リスク、すなわち、自己免疫血小板減少性紫斑病(10.79, 95% CI 7.98-14.28)、結節性動脈周囲炎(16.55, 11.57-22.69)、全身性ループスエリテマトーデス(10.23, 8.31-12.45)

時間とともに包括リスク減少、1-5年で  1·53 (1·48—1·57) 、5-10年で 1·15 (1·11—1·20) 、10年以上で 1·04 (1·00—1·07)
リスクは良性、全年齢群で増加

by internalmedicine | 2011-11-29 15:26 | 血液・膠原病  

自己免疫性疾患TNF-αアンタゴニスト治療:重症感染入院リスク増加せず

自己免疫性疾患で、非生物学的製剤レジメンと比較し、TNF-αアンタゴニストは重症感染入院増加と関連せず

Initiation of Tumor Necrosis Factor-{alpha} Antagonists and the Risk of
Hospitalization for Infection in Patients With Autoimmune Diseases
Grijalva et. al.
JAMA Published online November 6, 2011. doi:10.1001/jama.2011.1692

by internalmedicine | 2011-11-07 10:14 | 血液・膠原病  

FDA 活動性SLE治療に Belimumab (Benlyst) 承認

米国FDAは、活動性自己抗体陽性全身性エリテマトーデス治療に標準治療に付加する形の Belimumab (Benlysta®、抗BLyS モノクロ抗体、, Human Genome Sciences and GlaxoSmithKline)をループス治療承認。SLEとしては1955年以来の、hydroxychloroquine (Plaquenil) ・ステロイド依頼の新薬承認となるらしい。
http://www.medscape.com/viewarticle/738729

B-lymphocyte stimulator protein inhibitor としての働きで、異常B細胞量を減少させ、ループスの活性化メカニズムを押さえるカニズム

2つの臨床トライアルに基づく承認とのこと

Efficacy and safety of belimumab in patients with active systemic lupus erythematosus: a randomised, placebo-controlled, phase 3 trial
The Lancet, Volume 377, Issue 9767, Pages 721 - 731, 26 February 2011


Wallace DJ, Stohl W, Furie RA, et al. A phase II, randomized, double-blind, placebo-controlled, dose-ranging study of belimumab in patients with active systemic lupus erythematosus. Arthritis Rheum 2009; 61: 1168-1178.


Epratuzumab(エプラツズマブ)の方は、臨床治験はちょっとごたごたあったと聞いてたが、こちらも、トライアル中?

by internalmedicine | 2011-03-11 08:15 | 血液・膠原病  

Eltrombopag第Ⅲ相治験:特発性血小板減少性紫斑病治療効果あり、ただ、副作用も・・・

巨核球刺激薬剤、thrombopoietin receptor c-MPLに結合する作用をもつ薬剤 Eltrombopag(SB-497115)の第III相試験

脾摘や他の治療に不応性のchronic immune thrombocytopenia (特発性血小板減少性紫斑病)の治験

Eltrombopag for management of chronic immune thrombocytopenia (RAISE): a 6-month, randomised, phase 3 study
The Lancet, Volume 377, Issue 9763, Pages 393 - 402, 29 January 2011



a0007242_10594680.jpg

血小板数中央値(A)、治療反応患者比率t (B),脾摘後患者の血小板数中央値a (C)


2006年11月22日から2007年7月31日まで、197名のランダム割り付け、ITT解析 (135 eltrombopag, 62 placebo)

eltrombopag群106名(79%)が少なくとも一度は治療反応、プラセボ群は17(28%)
6ヶ月治療期間比較で、eltrombopag群患者で治療反応高く(odds ratio 8·2, 99% CI 3·59—18·73; p<0·0001)
eltrombopag治療患者37(59%)、プラセボ10(32%) (p=0·016)
治療必要数は、eltrombopag 24(18%) v プラセボ25(40%)(p=0·001)
eltrombopag群 3(2%)は血栓塞栓イベントあり、プラセボは無し
eltrombopag群 9(7%)、プラセボ群2(3%)でAlanin aminotransperase増加
eltrombopag群 5(4%)、プラセボ群0(0%)で総ビリルビン増加
プラセボ治療群4(7%)、eltrombopag治療群1(<1%)でで重篤な出血イベント


プラセボに比べ、血栓塞栓イベント、肝障害 副事象考慮必要だが、出血イベント減少効果は確実なようだ。



このLancet論文序文に、”chronic immune thrombocytopenia, previously known as idiopathic thrombocytopenic purpura”と書かれている。
Standardization of terminology, definitions and outcome criteria in immune thrombocytopenic purpura of adults and children: report from an international working group.(Blood. 2009 Mar 12;113(11):2386-93. Epub 2008 Nov 12.)が参照されている。


参考:特発性血小板減少性紫斑病の新薬たち 2009-03-26

by internalmedicine | 2011-02-01 11:13 | 血液・膠原病  

三歳未満の子供における鉄欠乏症・鉄欠乏性貧血は発達障害上重要

三歳未満の子供における鉄欠乏症・鉄欠乏性貧血

貧血を伴わない鉄欠乏状態でも、神経発達障害に影響をあたえる。故に、小児科医・医療従事者は、鉄欠乏・鉄欠乏性貧血を根絶するよう努力すべきである。

Clinical Report—Diagnosis and Prevention of Iron Deficiency and Iron-Deficiency Anemia in Infants and Young Children (0 –3 Years of Age)
PEDIATRICS (doi:10.1542/peds.2010-2576) (pdf

この報告だと、10%前後存在

貧血は、年齢・性別毎2SD未満値をHb濃度は定義としている。

この報告では、
貧血:Hb 11.0g/dlで定義

鉄欠乏は、以下の3つのうち2つ以上で定義
・SF (abnormal cutoff:<10μg/dL)
・zinc protoporphyrin (>1.42μmol/L redblood cells)
・transferrin saturation (<10%)


鉄欠乏性貧血は、鉄欠乏+貧血で定義

by internalmedicine | 2010-10-06 11:52 | 血液・膠原病  

Palifermin:造血系幹細胞移植関連粘膜炎予防

palifermin (Kepivance)


hematopoietic stem-cell transplantationの重度口腔粘膜炎予防に有効

ランダム化二重盲検プラセボ対照化トライアル

Single-Dose Palifermin Prevents Severe Oral Mucositis During Multicycle Chemotherapy in Patients With Cancer
A Randomized Trial
Ann. Int. Med. September 21, 2010 vol. 153 no. 6 358-367

by internalmedicine | 2010-09-22 10:24 | 血液・膠原病  

RITUXVAS研究とRAVE–ITN研究:ANCA関連血管炎 Rituximab(リツキサン) vs Cyclophosphamide

RAVE–ITN Research Group:Rituximab in ANCA-Associated Vasculitis (RAVE)トライアルとrandomized trial of rituximab versus cyclophosphamide in ANCA-associated vasculitis (RITUXVAS)トライアル

リツキサン: Rituximab : 抗CD20モノクローナル抗体


レアな疾患に関するこういうトライアルは、ほんとに大事!

厚労省、即、適応病名にしろ!

Rituximab versus Cyclophosphamide for ANCA-Associated Vasculitis
N Engl. J med. Vol. 363:(3) 221-232 Jul. 15, 2010

多施設ランダム化二重盲検二重ダミー非劣性

rituximab (375 mg per square meter of body-surface area per week for 4 weeks)
vs
cyclophosphamide (2 mg per kilogram of body weight per day)

寛解導入率を比較

Glucocorticoidsを中止

プライマリエンドポイントは、6ヶ月後プレドニゾロン使用しない再発率


9つのセンター、197ANCA陽性患者(Wegener肉芽腫症、microscopic polyangiitis)
ベースライン疾患活動性、臓器侵襲、再発の比率は2群同等

プライマリエンドポイント達成:rituximab群 63名(64%)、対照群 52名(53%)
これは、非劣性クライテリアに合致 (P<0.001)


rituximabベースレジメンはよりcyclophosphamideベースレジメンより、再発疾患関係導入有効性高い
iituximab 群 34/51 vs 対照群 21/50(P=0.01)

重大腎疾患、肺胞出血患者治療でも、rituximabは、cyclophosphamideと同等

治療群間の副事象率は有意差なし




RITUXVASトライアル

ANCA関連血管炎に対する、rituximab vs cyclophospamide(CPA)の初回導入比較

Rituximab versus Cyclophosphamide in ANCA-Associated Renal Vasculitis Vasculitis Study Group
N Engl. J Med. vol. 363:(3) 211-220 Jul. 15, 2010

新規診断のANCA関連血管炎+腎障害患者44名 3:1比率ランダム割り付け

標準ステロイド・レジメン+(リツキシマブ vs 2回のCPAパルス(33名:rituximab群) vs 静注CPA 3-6ヶ月間→azathiopurine(11名、対照群)

プライマリエンドポイントは、12ヶ月時点での寛解維持+重篤副事象

リツキシマブ・ベースのレジメンは、静注cyclophosphamide標準治療に比べ非劣性が示された
持続再発なし寛解が両群で高率で、リツキシマブ・ベースのレジメンは早期重篤な副事象との関連は見られなかった。

by internalmedicine | 2010-07-15 08:37 | 血液・膠原病  

予防的血小板輸血の適正投与量

投与血小板量を体表面積あたり血小板数 1.1x1011、 2.2x1011、 4.4x1011で、通常の半分、通常量、通常の2倍という設定

化学療法によるものや、他の骨髄抑制により、血小板減少患者の出血予防血小板輸血使用が増加しているが、適切な血小板投与量については未だ設定されてない。
3種投与量設定のランダムトライアルにて、通常量、通常の半量、倍量で検討したところ、出血合併症に大きな違いはなかった。しかし、予防としての投与量が少ないと、輸血機会数を増やすこととなる。

Dose of Prophylactic Platelet Transfusions and Prevention of Hemorrhage
N Engl. J Med. Vol. 362:(7) 600^613 Feb 18,2010


予防的血小板輸血の至適投与量は議論のあるところである。標準投与量は、3x1011 から 6x1011 という報告(Br J Haematol 2005;131:588-595.)。
高用量ほと止血効果は優れているという報告があるが、逆に低容量でも有効性は同等という報告(Transfusion 2004;44:1711-1719、Blood 2009;113:1564-1573.)もあった。



日本では・・・

血小板濃厚液の適正使用
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/5tekisei3b01.html

血小板輸血直後の予測血小板増加数(/μL):輸血血小板総数÷(循環血液量(mL)×103×2/3

 例えば,血小板濃厚液5単位(1.0×1011個以上の血小板を含有)を循環血液量5,000mL(体重65kg)の患者に輸血すると,直後には輸血前の血小板数より13,500/μL以上増加することが見込まれる。
 なお,一回投与量は,原則として上記計算式によるが,実務的には通常10単位が使用されている。体重25kg以下の小児では10単位を3~4時間かけて輸血する。

■ 不適切な使用
 1)  末期患者への血小板輸血の考え方
単なる時間的延命のための投与は控えるべきである。

by internalmedicine | 2010-02-18 10:19 | 血液・膠原病  

赤血球癆治療: 合成エリスロポイエチン受容体アゴニスト:Hematide

novel, synthetic, peptide-based erythropoietin-receptor agonist (Hematide, Affymax)


中和抗エリスロポイエチン抗体の導入にて稀な合併症だが、遺伝子組み替えエリスロポイエチン慢性腎不全貧血の赤血球合成目的使用で生じることがある。また、このような抗体がPRCA(赤血球癆)を引き起こすこともある。中和抗体はepoetin、darbepoetin-αだけでなく、自己のエリスロポイエチンにも働く。
重症抗体介在PRCAでは、骨髄にerythroblastがなく、網状球は10x109 /ml未満で、輸血が必要となる。

・・・・ということで、新しい薬剤が必要となった

Efficacy and Safety of Hematide™ Injection in the Treatment of Anemia in Patients With Chronic Kidney Disease
http://clinicaltrials.gov/show/NCT00314795

A Peptide-Based Erythropoietin-Receptor Agonist for Pure Red-Cell Aplasia
N Engl. J Med. Vol. 361:(19) 1848-1855 Nov. 5,2009
a0007242_9382770.jpg

by internalmedicine | 2009-11-05 09:40 | 血液・膠原病