カテゴリ:呼吸器系( 1103 )

 

COPD:血中アディポネクチン高値は、呼吸器系関連死亡率増加

The complex relationship of serum adiponectin to COPD outcomes
Published online before print December 29, 2011, doi: 10.1378/chest.11-2173 CHEST December 2011 112173

アディポネクチンは、抗炎症、抗糖尿病、抗動脈硬化的に働くが、COPDでの関連性は不明であった。
軽度・中等度気道障害をもつ喫煙者 LHS(Lung Health Study)被験者で検討

血中アディポネクチン濃度は、冠動脈疾患による入院・死亡率と逆相関 (hazard ratio, HR, 0.73; 95% CI, 0.62 to 0.86) するも、呼吸器疾患原因死亡率相関(HR, 2.09; 95% CI, 1.41 to 3.11)

しかし、血中濃度は、全原因死亡率、癌関連死亡率と相関せず(HR, 1.10; 95% CI, 0.93 to 1.29、 1.11; 95% 0.92 to 1.34)

血中アディポネクチンは有意に気道過敏性増加と関連し、肺機能低下促進と関連(both p<.0001)

喫煙状態は血中アディポネクチン濃度へ確実な影響を与えず


COPDにおける、アディポネクチン高濃度と不利な健康上の相関の機序は不明。だが、アディポネクチンは、ユニバーサルに善玉というのは考え直した方が良さそうだ。

by internalmedicine | 2011-12-30 11:02 | 呼吸器系  

播種性非結核性非定型抗酸菌症

Lung Manifestations in an Autopsy Series of Pulmonary or Disseminated Nontuberculous Mycobacterial Disease
Published online before print December 22, 2011, doi: 10.1378/chest.11-0425
CHEST December 2011 110425

by internalmedicine | 2011-12-27 11:28 | 呼吸器系  

肺がん気道閉塞ステント:肉芽腫形成


Respiratory Infections Increase the Risk of Granulation Tissue Formation Following Airway Stenting in Patients with Malignant Airway Obstruction
Published online before print December 22, 2011, doi: 10.1378/chest.11-2005
CHEST December 2011 112005

172名、195ステント施行

Aero® stentは、感染リスク増加と関連 (HR=1.98; 95% CI, 1.03–3.81; P=0.041)
Dumon™ silicone tube stentは、  migrationリスクと相関 (HR=3.52; 95% CI, 1.41–8.82; P=0.007)
Silicone stent (HR=3.32; 95% CI, 1.59–6.93; P=0.001) と下気道感染(HR=5.69; 95% CI, 2.60–12.42; P<0.001) が肉芽腫組織リスク増加と関連。
下気道感染は生存率低下と相関  (HR=1.57; 95% CI, 1.11–2.21; P=0.011)

by internalmedicine | 2011-12-27 00:36 | 呼吸器系  

電子タバコで気道へ急性影響

電子タバコは、喫煙に見られるのと同じ即時性生理学的悪影響を及ぼす。
この報告では長期的効果は分からないが、さらなる悪影響を生体に与える可能性がある。


Acute pulmonary effects of using an e-cigarette: impact on respiratory flow resistance, impedance and exhaled nitric oxide
Chest published December 22, 2011, doi:10.1378/chest.11-2443

方法: 30名の健常非喫煙者 (年齢 19-56, 男性 14)
検査ベース vs 対照群比較
カートリッジを含む5分間の電子タバコ使用 (実験群 n=30) と デバイス除去(対照群 n=10)

結果: 電子タバコ5分使用で、呼気FeNO減少、対照群では変化認めず
Using an e-cigarette for 5 minutes was found to lead to an immediate decrease in exhaled FeNO within the experimental group by 2.14ppb, (p=0.005) while not in the control group (p=0.859).

総インピーダンス(Z5Hz)では0.033kPa(L/s)増加  (p<0.001)
抵抗( R5Hz, R10Hz and R20Hz)でも統計学的に増加

ベースライン測定値回帰分析にて、統計学的に有意なFeNO減少
インピーダンス増加  0.04kPa/(L/s), (p=0.003)
抵抗(R5Hz)増加 0.04kPa/(L/s), (p=0.003)
抵抗(R10Hz)増加 0.034kPa/(L/s), (p=0.008)
抵抗(R20Hz) 増加 0.043kPa/(L/s), (p=0.007)
全末梢気道抵抗増加  (beta: 0.042 kPa/(L/s), (p=0.024)


米国家庭医協会 :電子たばこに関して禁煙補助使用不可と   2009年 07月 29日
”電子たばこ”を有害性の説明無くメディアで扱って良いのか? 2008年 12月 08日
他・・・

by internalmedicine | 2011-12-26 12:12 | 呼吸器系  

ぜん息:フルチカゾンフロ酸エステル(Fluticasone furoate (FF) (not FP):至適投与量は?

フルチカゾンプロピオン酸エステル(Fluticasone propionate)ではなく、フルチカゾンフロ酸エステル(Fluticasone furoate (FF)

Fluticasone furoate demonstrates efficacy in patients with asthma symptomatic on medium doses of inhaled corticosteroid therapy: an 8-week, randomised, placebo-controlled trial
Thorax 2012;67:35-41 doi:10.1136/thoraxjnl-2011-200308

FFの至適投与量決定研究 8週間多施設ランダム化二重盲検(627)

FF 200, 400, 600 or 800 μg (once daily in the evening using a novel dry powder inhaler)
or
fluticasone propionate 500 μg twice daily (via Diskus™/Accuhaler™)

主要効果判定は、投与前FEV1ベースラインからの変化
他、朝・夕PEF、24時間レスキュー無し・症状無し

プライマリエンドポイントでどの量でもプラシーボ比較より良好(p<0.001)で、FPと同等の効果。
FF投与横断的に用量依存関係なし
全群でPEF改善(p< 0.001 vs プラシーボ)で、全active 治療群では24時間レスキュー無し・症状無し効果が有意。FFは全般的に耐用性良好。
口腔内カンジダはプラシーボよりFF 800 μgで多い
薬剤動態的・24時間コーチゾル解析では高用量レベルで全身性影響がある

結論:FFは <800 μgが治療指標。
有効性は200μgで、中等度持続型ぜん息には、適切な量だろう。

by internalmedicine | 2011-12-22 17:53 | 呼吸器系  

喫煙無既往者長期コホート:大気微細粒子状物質と肺がんの関係 ・・・ 明らかに

環境問題というと、なぜか、温暖化問題だけ、問題にしている日本・・・ 大手メーカーの企業利得になりやすいからなのだろうか?
ppbレベルで問題になっているこの時代、"PPM信仰を打破せよ”という記事を載せる産経! 2009/08/08

これなんぞ、思い出してもはらわたが煮えくりかえる記事・・・ さまざまな学術的報告を無視した非常識な御仁の意見を新聞に掲載し、誤った情報を垂れ流す新聞社の存在

マスメディアによる情報の非対称性として、”メディア・バイオレンス”や”ボクシング有害性問題”とともに当ブログの主要テーマの一つとなってきた。

PM2.5 → 当ブログ内項目


ambient fine particulate matter (PM2.5) air pollution:大気浮遊粒子状物質の急性暴露・慢性的暴露が心血管死亡リスク増加と関わることは多くのエビデンスが集積している。しかし、肺がんとの関連は未だ不明で、特に、先進国、非喫煙者でさほど明らかでない。

Long-term Ambient Fine Particulate Matter Air Pollution and Lung Cancer in a Large Cohort of Never-Smokers
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011; 184: 1374-1381. First published online October 6, 2011 as doi:10.1164/rccm.201106-1011OC

平均大気PM2.5濃度と肺がんの相関を188699生涯非喫煙者(120万名のCPS-II研究)で検討

26年フォローアップ期間中、総数1100肺がん死

PM2.5 10 μg/m3 増加毎、肺がん死亡率15-27%増加。
PM2.5と肺がん死亡の相関は男女とも、年齢・学歴カテゴリー横断的に同様だが、BMI正常者、登録時慢性肺疾患既往で特に相関性高い (P < 0.05)。


マスメディアの情報だけだと、日本には大気汚染問題が無いかのごとく、全く表に出てこない。
環境問題基礎知識:SPM,PM2.5,PM10,…,さまざまな粒子状物質;新田 裕史
http://www.nies.go.jp/kanko/news/20/20-5/20-5-05.html



PM2.5問題
大気汚染(粒子状物質PM10)と肺がんの関連 2011/10/30
大気汚染:PM2.5、PM10、NO2長期暴露と、卒中発症、心血管疾患死亡との関連 2011/10/03
Inner-City研究:空気清浄機は喫煙者同居喘息児の無症状期間延長効果あり・・・ 2011/08/08
喘息児童:SABAの有効性減弱が、3日前のNO2濃度、5日前のO3濃度に関連 2009/12/15
大気中微小粒子状物質対策で、住民5ヶ月余命延長 2009/01/22

by internalmedicine | 2011-12-15 15:38 | 呼吸器系  

特発性肺線維症:逆流性食道炎と予後関連有り、GERD治療は予後改善?

胃食道逆流(GER)が特発性肺線維症で多く見られ、GERによる慢性microaspirationが病態生理や自然史に影響を与えるかどうか?

Gastroesophageal Reflux Therapy Is Associated with Longer Survival in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011; 184: 1390-1394. First published online June 23, 2011 as doi:10.1164/rccm.201101-0138OC

204名の患者で、GER関連がこのコホートで多く見られる。
GER症状告知(34%)、GERD病歴(45%)、GER薬物使用歴(47%)、 Nissen 噴門形成術 (5%)
GER関連所見は非補正解析にて長期生存率と関連有り
補正後、GER薬物治療使用は生存率延長の独立した因子
加えて、GER薬物治療使用は、レントゲン上線維化スコアの低下と関連。
センターと関連せず見られる所見

by internalmedicine | 2011-12-15 14:24 | 呼吸器系  

特発性肺線維症:FVCのminimal clinically important difference

特発性間質性肺炎において、FVCはその値が正確なら、2-6%の減少でも臨床的に有意なものである

臨床的に意義のある最小変化量(minimal clinical important difference, MCID) 解析

Forced Vital Capacity in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis: Test Properties and Minimal Clinically Important Difference
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011; 184: 1382-1389. First published online September 22, 2011 as doi:10.1164/rccm.201105-0840OC

FVCと他のパラメータとの相関性は一般的に弱く、FVCとDLCOの相関が強い  (r = 0.38; P < 0.001)
FVCと他のパラメーターの変化量の相関性はやや強い (range, r = 0.16–0.37; P < 0.001)

大事なのは、1年後死亡リスクは24週間の5%-10%のFVCの減少した患者で2倍ほど高いこと(P<0.001)。
推定 MCID は 2–6%。



Phase III clinical study program called "CAPACITY"では、FVC 10%減少をプライマリアウトカムとしている。
CAPACITY: ピルフェニドン 特発性肺線維症 臨床第2相治験 2011年 05月 14日

Pirfenidone in patients with idiopathic pulmonary fibrosis (CAPACITY): two randomised trials
The Lancet, Volume 377, Issue 9779, Pages 1760 - 1769, 21 May 2011



臨床的重要性評価に関して、2群治療間の最小の臨床的差である、”minimal clinically important difference (MCID) ”を定義した上で検討すること(臨床トライアルの問題点回避を:有意差・信頼区間、複合エンドポイント、群内分析・・・ 2010年 01月 28日)が重要である。

Minimal clinically significant difference (MCSD) は、従来、患者が個別レベルで改善したと知覚する状況で定義されることが多かった(Ann Rheum Dis 2007;66:iii40-iii41 doi:10.1136/ard.2007.079798 )。

呼吸器分野と運動系疾患・神経系疾患の研究ではMCSDが取り上げられることが多いと思う。

http://qol.thoracic.org/sections/measurement-properties/minimal-clinically-significant-difference.html
大規模な住民データ数だと統計的意味はあっても、現実的に臨床的な意味合いのない場合がある。FEV1などの指標は臨床家や研究者は従来からMCIDを理解しているはず。FEV1 50mlの改善が離床的に意義有るなら、大規模研究で統計的に有意でなくても意義あることもある。同様の理解がHRQLや健康状態指標でも適応されている。

Minimal clinically significant difference in health status: the thorny path of health status measures?
ERJ March 1, 2002 vol. 19 no. 3 390-391


Minimal clinically important difference--exacerbations of COPD.
COPD. 2005 Mar;2(1):143-8.



Understanding the minimum clinically important difference: a review of concepts and methods
The Spine Journal Volume 7, Issue 5 , Pages 541-546, September 2007


ピレスパ

by internalmedicine | 2011-12-15 12:03 | 呼吸器系  

子供のぜん息:大気汚染微粒子状物質の影響は確かだが、間接喫煙の影響の方が強大

小児の環境的喫煙は微粒子状物質:mmPM2.5暴露の急性の影響を与えることが明らか。ただ、環境喫煙全体の影響に比べると、mmPM2.5の影響を隠すほど大きい。しかし、環境喫煙の影響が少ない場合、mmPM2.5の影響は確実に存在する。ぜん息関連要素と

The Response of Children with Asthma to Ambient Particulate Is Modified by Tobacco Smoke Exposure
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011; 184: 1350-1357. First published online August 25, 2011 as doi:10.1164/rccm.201010-1706OC
82名のぜん息で、3日以上学校欠席したこども
早朝の最大大気粒子(<2.5 μm:濃度 aerodynamic diameter (mmPM2.5))と、尿中コチニン濃度を連日測定

アルブテロール使用とLTE4は コチニン濃度が低い場合、日々のmmPM2.5濃度と関連;平均あぶる手ロール使用・LTE4はmmPM2.5 10 μg/m3増加毎に5、6%増加。
逆に、コチニン濃度が高い場合は、有意な相関を認めない。ただ、このケースでも平均アルブテロール使用回数やLTE4値は高い。
LTE4をmmPM2.5濃度機能としてフィットしたモデルでは、mmPM2.5濃度を指数化した場合、粒子暴露濃度と気道メディエーターとの非線形の用量・反応関連を示唆した。




受動喫煙による小児喘息への悪影響 2009年 04月 14日

喘息と喫煙の関係(禁煙と喘息寛解、受動喫煙と遺伝子感受性) 2007年 07月 04日

世界の受動喫煙被害実態;死亡数の1%、障害加味されたDALYsでは0.7%に相当 2011年 01月 10日

by internalmedicine | 2011-12-15 11:11 | 呼吸器系  

治療抵抗性ぜん息児:低ビタミンD血症との関係

ビタミンD値が低い難治性喘息児は、気道平滑筋肉量:Airway smooth muscle (ASM) mass 増加し、ぜん息コントロール悪化・肺機能悪化と関連する。
ビタミンDと気道構造・肺機能の関連性示唆により、小児難治性喘息でのビタミンDサプリメントの有効性を示唆するかもしれない。

Relationship between Serum Vitamin D, Disease Severity, and Airway Remodeling in Children with Asthma
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011; 184: 1342-1349. First published online September 8, 2011 as doi:10.1164/rccm.201107-1239OC



25(OH)D3 値測定が前提だろう・・・

内分泌内科領域では、ビタミンDサプリメントがトピックスでありつづけている。

by internalmedicine | 2011-12-15 10:31 | 呼吸器系