カテゴリ:呼吸器系( 1103 )

 

移動ぜん息クリニックはInner Cityでは役たたず・・・

Asthma in Head Start children: Effects of the Breathmobile program and family communication on asthma outcomes
The Journal of Allergy and Clinical Immunology 
published online 21 November 2011.
doi:10.1016/j.jaci.2011.10.013



"Breathmobile"って、ぜん息アレルギー評価を専門家が行い、標準・現在の薬物治療、管理教育・トレーニング、コミュニティー・行政との連携、医療保険制度との連携など、良さそうだけど・・・”inner-city children”では、6ヶ月時点での無症状日数(symptom-free days (SFDs))比較では軽度改善があったのも野の、有意なぜん息合併症・管理上の改善は認めなかった。

http://www.choc.org/clinics/index.cfm?id=P00330
"The CHOC Breathmobile and the Orange County School Asthma program is committed to providing comprehensive asthma care to school age children"
An asthma and allergy evaluation by an asthma specialist including a comprehensive history, physical exam, breathing tests, and limited skin tests
Standard and ongoing medical treatment for the child's asthma and allergies including medications and home peak flow monitoring
Education and training about the management of asthma including proper use of equipment, medications, asthma/allergy triggers, recognition of trouble symptoms, and emergencies
Referral to county and community resources
Assistance to families in obtaining health insurance.

by internalmedicine | 2011-11-30 08:20 | 呼吸器系  

アトピー性ぜん息:気温調整層流(TLA)デバイス効果 :QOL改善・気道炎症抑制

”temperature-controlled laminar airflow”デバイス、Temperature Controlled Laminar Airflow (TLA)-治療 (Airsonett社 http://www.airsonett.com/ )

Protexo

(http://www.airsonett.com/show.aspx?ref=1000178&no=1000251)


Boyle RJ, et al "Nocturnal temperature controlled laminar airflow for treating atopic asthma: a randomised controlled trial" Thorax 2011; DOI: 10.1136/thoraxjnl-2011-200665.

気道炎症・全身性アレルギー、持続型アトピー性ぜん息患者への夜間ベッドサイドデバイス

患者はQoLの改善(Mini Asthma Quality of Life or Pediatric Asthma Quality of Life Questionnaires (AQLQ) )を示す: 1年後active (143 of 189, 76%) v placebo (56 of 92, 61%)、絶対差 14.8%(95% CI 3.1-26.4, P=0.02)
AQLQ 0.5点以上を奏功と仮定すると、106/148(74%) v 42/70(60%)、絶対差 14.1%(95% CI 0.6-27.2 P=.059)

FENO:  – 7.1 ppb (95% CI -13.6 ~ – 0.7, P= 0.03)

プラシーボより猫特異的IgE増加程度の低下認める



Personal allergen exposures are increased by changes in sleep position and improved by temperature-controlled laminar airflow
Thorax 2010;65:A87-A88 doi:10.1136/thx.2010.150961.27

by internalmedicine | 2011-11-24 09:15 | 呼吸器系  

喘鳴就学前児(12-53ヶ月齢):隔日v連日ブデソニドに差は認めない、総投与量は隔日投与で少なくて済む

Zeiger RS, et al "Daily or intermittent budesonide in preschool children with recurrent wheezing" N Engl J Med 2011; 365: 1990-2001.


modified asthma predictive index (API) 及び前年急性悪化状態ありのぜん息急性増悪リスク状態にある子供に対し連日吸入コルチコステロイド推奨されているが、連日アドヒアランスと成長への影響への疑念がある。
連日投与と間欠投与の比較


12-53ヶ月齢278名の子供で修正API、繰り返す喘鳴エピソード、前年急性増悪を1回でも生じた患児対照

ブデソニドを1年間、
・間欠高用量:事前定義下気道病態状態で 1mg×2回、7日間投与
・連日低用量:0.5mg×夜
・それぞれのプラシーボ
プライマリアウトカムは、経口グルココルチコステロイド必要な急性悪化頻度

a0007242_8144193.jpg


ブデソニド連日レジメンと間欠レジメンで差は認めない:急性増悪頻度、daily regimen 人年あたり 0.97 (95% confidence interval [CI], 0.76 to 1.22) versus (95% CI, 0.75 to 1.20) (間欠レジメン群相対比率, 0.99; 95% CI, 0.71 to 1.35; P=0.60)

他のぜん息重症度(急性増悪初回までの期間、副事象を含む)でも群間有意差無し

ブデソニドの平均暴露量は連日投与レジメンより104mgほど少ない

by internalmedicine | 2011-11-24 08:28 | 呼吸器系  

シムビコートは抗ウィルス免疫反応を抑制する

Budesonide and Formoterol Reduce Early Innate Anti-Viral Immune Responses In Vitro.
PLoS ONE 6(11): e27898. doi:10.1371/journal.pone.0027898

ブデソニド・ホルメテロールは、喘息患者におけるライノウイルス感染により誘導される過剰な炎症を抑制するを示唆。ただ、これはin vivoでのウイルスクリアランスを阻害するかどうかは不明。

by internalmedicine | 2011-11-21 22:54 | 呼吸器系  

人工呼吸器関連肺炎はICU死亡率の原因としては極めて寄与少ない・・・ みんなででっち上げ?

人工呼吸器関連肺炎(Ventilator-associated pneumonia、VAP)に関して、院内肺炎・人工呼吸器関連肺炎・医療ケア関連肺炎:ATS/IDSAガイドラインを守らないほど死亡率減少 2011年 01月 22日という皮肉な報告がある。


Attributable Mortality of Ventilator-Associated Pneumonia: A Reappraisal
Using Causal Analysis
Maarten Bekaert, Jean-Francois Timsit, Stijn Vansteelandt, Pieter Depuydt,
Aurelien Vesin, Maite Garrouste-Orgeas, Johan Decruyenaere, Christophe
Clec'h, Elie Azoulay, and Dominique Benoit on behalf of the Outcomerea
Study Group

Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011;184 1133-1139
http://ajrccm.atsjournals.org/cgi/content/abstract/184/10/1133?etoc
ventilator-associated pneumonia (VAP)の死亡率関与因子は試みられているが、様々なバイアスに影響をうける。研究毎にばらつきが多く議論されることの多い問題である。
大規模多施設コホートでのVAPの死亡寄与要素推定をcausal inference分野からの統計的手法で検討したもの

長軸前向き (n = 4,479、1997–2008年) French multicenter Outcomerea database
最低2日・ICU入室48時間人工換気(MV)治療受けているICU滞在者を検討
competing risk survival analysisを重症度寄与time-varing補正marginal structural modeling approachにて行った。

VAP最低1回エピソードを有する685名(15.3%)の患者

VAP寄与分は、day 30 ICU死亡の4.4%(95%信頼区間, 1.6-7.0%)と推定、day 60 5.9%(95%信頼区間, 2.5%-9.1%)と推定。

day 30 ICU死亡率 23.3%、day 60 ICU死亡率 25.6%のうち、VAPの関与しているICU死亡率は day 30で約1%、day 60で1.5%

結論としては、今までのメジャーな報告と異なり、VAP関与死亡率は、ICU死亡率全体から見れば限定的な話である。

VAPの死亡要素研究はVAP獲得までに関わる同時要素が関わり、ICU退室までのフォローアップデータ損失、VAPと疾患重症度の関連などの複雑なfeedback関連の存在など問題があり、貧相なデータ解析ではあやまった報告が見られることとなる。

VAPの死亡要素を過大評価し、たとえば、MRSAばかりに懸命になってると、別の死亡要素を見逃し結果的に患者の利益性を損なうこととなる。そんな馬鹿なことをやってるような気がする・・・感染症議論

by internalmedicine | 2011-11-16 08:57 | 呼吸器系  

抗IL5生物製剤reslizumab:コントロール不良好酸球性ぜん息臨床トライアル

喘息:抗IL-5ターゲット生物製剤Reslizumabもやはりレスポンダー選別が必要 2010年 11月 18日

以前取り上げた抗IL5生物製剤reslizumabの臨床トライアル

Reslizumab for Poorly Controlled, Eosinophilic Asthma: A Randomized,
Placebo-controlled Study
Mario Castro, Sameer Mathur, Frederick Hargreave, Louis-Philippe Boulet,
Fang Xie, James Young, H. Jeffrey Wilkins, Timothy Henkel, and Parameswaran
Nair for the Res-5-0010 Study Group
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011;184 1125-1132
http://ajrccm.atsjournals.org/cgi/content/abstract/184/10/1125?etoc

好酸球性ぜん息は好酸球持続を特徴とするぜん息のphenotypeのひとつで、IL-5が好酸球活性化・生存延長をもたらす。
IL-5抗体であるresilzumabの効果を、高用量吸入ステロイドで不充分な好酸球性ぜん息患者で行ったもの
reslizumab 3.0 mg/kg(n=53)とプラシーボ(n=53)をランダム割り付け、ベースライン、wk 4、8、12でACQスコアを比較(2未満、2以上増減比較)
プライマリ効果指標は、reslizumabとプラシーボ群の治療前後ACQスコア比較

ベースラインから治療終了の平均ACQ変化は、resilzumab群 -0.7 v プラシーボ群 -0.3 (P = 0.054)、FEV1はそれぞれ 0.18 v –0.08 L(P = 0.002)
鼻ポリープ患者では、ACQスコア変化は -1.0 v 0.1 (P = 0.012)
ベースラインからの喀痰好酸球減少比率中央値は、  95.4 、 38.7% (P = 0.007)
ぜん息急性増悪は、reslizumab群 8%、プラシーボ群 19%  (P = 0.083)
reslizumabの最頻度副事象は鼻咽頭炎、疲労、咽頭喉頭痛

reslizumab治療患者は有意に喀痰好酸球減少、気道機能改善、ぜん息コントロールを示す。
耐用性良好

オマリズマブ(商品名:ゾレア皮下注、ヒト化抗ヒトIgEモノクローナル抗体製剤)との様々な方面比較が欲しいところ

by internalmedicine | 2011-11-16 08:29 | 呼吸器系  

World COPD Day :2011 November 16

11月16日(水)は、World COPD day : http://www.goldcopd.org/wcd-home.html

2012年は11月14日、2013年は11月20日ってばらばら・・・センスを感じないなぁ・・・

BMJから・・・
http://emails.bmjgroup.com/HS?a=ENX7CqkwvSwK8SA9MKJNBa3nGHxKLMnmQfcStGb5lw8W0bBhOG5mpqVsje_Hhe-mDFH9

キャンペーンとしてCOPD症状ある人たちに関心を持ってもらうためで、リスク状態にあるかどうかを知ってもらう必要があるため重要。

診断・マネージメント上重要


COPD - diagnosis and management in primary care
http://emails.bmjgroup.com/HS?a=ENX7CqkwvSwK8SA9MKJNBa3nGHxKLMnmS_cStGb5lw8W0bBhOG5mpqVsje_Hhe-mDFH3


既に診断されている場合、咳嗽・かぜがCOPD急性増悪の典型的タイミングがせきや風邪の時であることを知る必要があり、評価・治療が必要である。


COPD: diagnosis and management of exacerbations
http://emails.bmjgroup.com/HS?a=ENX7CqkwvSwK8SA9MKJNBa3nGHxKLMnmSPcStGb5lw8W0bBhOG5mpqVsje_Hhe-mDFH0

終末期医療必要な頼進行したステージの場合、緩和治療必要性判断は困難。
緩和ケア必要性判断の一助のためのモジュール
 ↓
Palliative care in non-malignant disease
http://emails.bmjgroup.com/HS?a=ENX7CqkwvSwK8SA9MKJNBa3nGHxKLMnmSfcStGb5lw8W0bBhOG5mpqVsje_Hhe-mDFH1

治療者 e-portfolio
 ↓
RCGP Curriculum Statement 15.8: Respiratory problems: http://emails.bmjgroup.com/HS?a=ENX7CqkwvSwK8SA9MKJNBa3nGHxKLMnmTvcStGb5lw8W0bBhOG5mpqVsje_Hhe-mDFH6



入院しても、肺炎だけですまされるベースの重症COPDを見逃されることの多い日本の医療・・・ TPPでこういう医療も終わるんだろうけど・・・ まぁ悲惨だわ 日本の医療というか、こちらの地域の医療

by internalmedicine | 2011-11-15 08:37 | 呼吸器系  

遠隔医療技術: COPD患者への呼吸リハビリテーション

Using Telehealth technology to deliver pulmonary rehabilitation in chronic obstructive pulmonary disease patients.
Michael Stickland et. al.
Canadian respiratory journal : journal of the Canadian Thoracic Society, Vol. 18, No. 4. (July 2011), pp. 216-220.

Telehealth-PRは COPDリハビリテーションサービス増加に働くツールで、QOLを改善し、運動能力向上につながることが判明した。


内容これだけではわからないけど、一応、紹介

by internalmedicine | 2011-11-11 10:07 | 呼吸器系  

COPD急性増悪の重症状態スコア:BAP-65はアウトカム・医療資源コストを反映

COPD急性増悪トリアージ・ツール :BAP-65 2009年 09月 29日で紹介でとりあげたBAP-65


Validation of a Novel Risk Score for Severity of Illness in Acute Exacerbations of COPD
Andrew F. Shorr, et. al.
CHEST November 2011 vol. 140 no. 5 1177-1183

背景: 臨床家たちは、COPD急性増悪 acute exacerbations of COPD (AECOPD)
BAP-65 (elevated BUN, altered mental status, pulse > 109 beats/min, age > 65 years) score

方法:34,699入院:177 US hospitals (2007) :f AECOPD or acute respiratory failure with a secondary diagnosis of AECOPD
病院死亡率と人工呼吸を  co-primary end point
在院期間・コストを  secondary end point

結果: 約4%が入院中死亡、約9%MV必要

死亡率は、BAP-65増加後と増加(< 1% class I (score of 0) から > 25% BAP-65 criteria (Cochran-Armitage trend test z = −38.48, P < .001)
MV必要性は、スコア増加とともに増加(低リスク群 2% vs  高リスク群 55% (Cochran-Armitage trend test z = −58.89, P < .001)

死亡率 and/or MV必要性のBAP-65のAUROCは 0.79 (95% CI, 0.78-0.80)

在院期間中央値は4日間で、平均在院コストは5357ドル相当
BAP-65スコア増加毎に線形に増加

結論: BAP-65 system は重症度を補足し、AECOPD患者を負のアウトカムリスク患者のカテゴリー分けにとってシンプルなツールである。BAP-65はまた、リソース使用測定予測としても使える。
BAP-65はAECOPDの初期評価として有用

by internalmedicine | 2011-11-01 17:09 | 呼吸器系  

COPD治療に、p38抑制剤吸入・・・

Design and Synthesis of Inhaled p38 Inhibitors for the Treatment of Chronic Obstructive Pulmonary Disease
by: David S. Millan, Mark E. Bunnage, Jane L. Burrows, Kenneth J. Butcher, Peter G. Dodd, Timothy J. Evans, David A. Fairman, Samantha J. Hughes, Iain C. Kilty, Arnaud Lemaitre, Russell A. Lewthwaite, Axel Mahnke, John P. Mathias, James Philip, Robert T. Smith, Mark H. Stefaniak, Michael Yeadon, Christopher Phillips

J. Med. Chem. In Journal of Medicinal Chemistry (5 September 2011)

by internalmedicine | 2011-10-31 16:48 | 呼吸器系