<   2006年 12月 ( 49 )   > この月の画像一覧

 

Top 50 InternalMDLinx Articles of 2006

続いて・・・Top 50 InternalMDLinx Articles of 2006


(1) - Acute Bronchitis
New England Journal of Medicine, 11/17/06

(2) - Normalization of Hemoglobin Level in Patients with Chronic Kidney Disease and Anemia
New England Journal of Medicine, 11/17/06

(3) - Tolvaptan, a Selective Oral Vasopressin V2-Receptor Antagonist, for Hyponatremia
New England Journal of Medicine, 11/17/06

(4) - Effectiveness of Intranasal Zolmitriptan in Acute Cluster Headache
Archives of Neurology, 11/15/06



(5) - Unrecognized myocardial infarction and the risk of stroke
Neurology, 11/15/06
The Rotterdam Study

(6) - Population Health as a Framework for Public Health Practice: A Canadian Perspective
American Journal of Public Health, 08/23/06

(7) - Management of dyslipidaemias
Heart, 12/05/06

(8) - Practical management of medical liability for cardiac errors in a hospital environment
Heart, 12/05/06

(9) - A 55-Year-Old Woman With Osteopenia
JAMA, 12/12/06

(10) - Chronic lymphocytic leukaemia - An unexpected diagnosis from a toe with chronic osteomyelitis
Foot and Ankle Surgery, 12/08/06

(11) - Herniated Lumbar Disks
JAMA, 12/01/06

(12) - Decomposition of sources of income-related health inequality applied on SF-36 summary scores: a Danish health survey
Health and Quality of Life Outcomes , 08/24/06

(13) - D-Dimer Testing to Determine the Duration of Anticoagulation Therapy
New England Journal of Medicine, 10/30/06

(14) - Hormone Therapy Update
U.S. Pharmacist, 10/13/06

(15) - Natural antiinflammatory agents for pain relief in athletes
Neurosurgical Focus, 10/20/06(pdf)

(16) - Management of Sepsis
New England Journal of Medicine, 10/20/06

(17) - Independent associations of anti-cyclical citrullinated peptide antibodies and rheumatoid factor with radiographic severity of rheumatoid arthritis
Arthritis Research & Therapy, 07/28/06

(18) - The validity of self-rated health as a measure of health status among young military personnel: Evidence from a cross-sectional survey
Health and Quality of Life Outcomes , 08/31/06

(19) - Supraventricular Tachycardia
New England Journal of Medicine, 03/13/06

(20) - Carotid Sinus Hypersensitivity in Asymptomatic Older Persons
Archives of Internal Medicine, 03/15/06

(21) - Vascular Reactivity in Congenital Hypogonadal Men before and after Testosterone Replacement Therapy
Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, 05/23/06

(22) - Chemokines Indicate Allergic Bronchopulmonary Aspergillosis in Patients with Cystic Fibrosis
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, 06/08/06

(23) - Social Anxiety Disorder
New England Journal of Medicine, 09/08/06

(24) - Contrast-induced nephropathy: How it develops, how to prevent it
Cleveland Clinic Journal of Medicine, 01/12/06

(25) - Medications for Migraine Prophylaxis
American Family Physician, 01/13/06

(26) - Metabolic Syndrome
Diabetes Care, 01/26/06

(27) - The Efficacy and Safety of Multivitamin and Mineral Supplement Use To Prevent Cancer and Chronic Disease in Adults: A Systematic Review for a National Institutes of Health State-of-the-Science Conference
Annals of Internal Medicine, 09/06/06

(28) - Alendronate or Alfacalcidol in Glucocorticoid-Induced Osteoporosis
New England Journal of Medicine, 08/18/06

(29) - Microarray Analysis and Tumor Classification
New England Journal of Medicine, 06/14/06

(30) - Acupuncture -- a critical analysis
Journal of Internal Medicine, 01/23/06

(31) - Age-dependent prevalence and clinical features of migraine
Neurology, 07/26/06

(32) - The endogenous anti-angiogenic family of splice variants of VEGF, VEGFxxxb, are down-regulated in pre-eclamptic placentae at term
Clinical Science, 04/14/06

(33) - Stage 4 Chronic Kidney Disease
American Journal of Nursing, 09/08/06

(34) - Choosing the right combination therapy in severe community-acquired pneumonia
Critical Care, 02/02/06

(35) - Factors predicting uptake of voluntary counselling and testing in a real-life setting in a mother-and-child center in Ouagadougou, Burkina Faso
Tropical Medicine & International Health, 04/12/06

(36) - Accuracy of Physician Self-assessment Compared With Observed Measures of Competence
JAMA, 09/07/06

(37) - Renal medullary carcinoma in a patient with sickle-cell disease
NCP Urology, 06/09/06

(38) - Nonhormonal Therapies for Hot Flashes in Menopause
American Family Physician, 02/03/06

(39) - Assessment of C-Reactive Protein in Risk Prediction for Cardiovascular Disease
Annals of Internal Medicine, 07/06/06

(40) - Assessing Kidney Function - Measured and Estimated Glomerular Filtration Rate
New England Journal of Medicine, 06/14/06

(41) - Chronic fatigue syndrome
The Lancet, 02/01/06

(42) - Intensive Insulin in Intensive Care
New England Journal of Medicine, 02/07/06

(43) - Review of the Abdominal Manifestations of Cystic Fibrosis in the Adult Patient
Radiographics, 05/18/06

(44) - Efficacy of Varenicline, an 42 Nicotinic Acetylcholine Receptor Partial Agonist, vs Placebo or Sustained-Release Bupropion for Smoking Cessation
JAMA, 07/07/06

(45) - Pressure Redistribution Strategies for the Diabetic or At-Risk Foot: Part I
Advances in Skin & Wound Care: The Journal for Prevention and Healing, 05/17/06

(46) - Effects of Obesity, Body Composition, and Adiponectin on Carotid Intima-Media Thickness in Healthy Women
Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, 05/19/06

(47) - The Influence of Estrogen on Migraine
JAMA, 04/21/06

(48) - Prevalence of Overweight and Obesity in the United States, 1999-2004
JAMA, 04/07/06

(49) - Diabetes and the skin
Australian Family Physician, 03/14/06

(50) - Mitral valve repair: better than replacement
Heart, 03/09/06

by internalmedicine | 2006-12-31 19:02 | 医療一般  

今年は、子どもの年であった by MedPage

Medpage Todayでは、子供の一年であったと・・・

小児肥満は小児の焦点であり、精神薬物の安全性に関して特に関心が持たれた年であったとのこと。

NHANES(National Health and Nutrition Surveys)データによると、腹部肥満は、心血管リスクと2型糖尿病のリスクの予測因子であり、1988年から1994年で約60%増加している。後年への問題を改善する方向性について朗報がある。


・運動だけでは子供の肥満予防できませんよ
"Physical activity to prevent obesity in young children: cluster randomised controlled trial," BMJ 2006.

・過体重児のいびきを運動は減少させる
Exercise and Snoring in Overweight Children: A Randomized Controlled Trial" Obesity 2006; 14.

・小児のウェスト径は大人と違って、容易に補正可能である
"Recent Trends in Waist Circumference and Waist-Height Ratio Among US Children and Adolescents." Pediatrics 2006; 118(5):1390-98.

・BMI85パーセンタイル超過の子どもは<50パーセンタイルに比べ体重増加し続け、思春期には過体重となる傾向が高い。小児科医はコースに従い、改善をサポートするという消極的な手段をとるより、より積極的に、関せリングを行いリスク状態の子どもに食事や運動の指導を行うべきである。
"Identifying risk for obesity in early childhood." Pediatrics 2006; 118:594-601.

by internalmedicine | 2006-12-31 12:23 | 医療一般  

Nature今年のトップ10

今年もやっていたんだ・・・Lancetは2004年を最後に見ないけど

日本語訳しているサイト>:勝手ながら無断リンク

Top 10 stories of 2006

読者選択

Record-breaking laser is hot stuff
The record for the fastest rise in temperature has just been topped.
12 May 2006

Geometric whirlpools revealed
Recipe for making symmetrical holes in water is easy.
19 May 2006

Web users judge sites in the blink of an eye
Potential readers can make snap decisions in just 50 milliseconds.
13 January 2006


The fish that hunts on land
Catfish show how the first tetrapods might have caught dinner.
12 April 2006


Supercomputer builds a virus
Vast simulation captures molecules in motion.
14 March 2006

The fish that crawled out of the water
A newly found fossil links fish to land-lubbers.
5 April 2006

Desktop fusion is back on the table
Physicist claims to have definitive data, but can they be replicated?
10 January 2006

Lingerie makes hagglers happy-go-lucky
Sexy pictures and lacy underwear take men's minds off getting a good deal.
19 April 2006

Sharpest cut from nanotube sword
Carbon nanotech may have given swords of Damascus their edge.
15 November 2006

Polar core is hot stuff
There was once little difference between equatorial and arctic climates.
31 May 2006



編集部選択

'Vegetative' patient shows signs of conscious thought
Evidence of brain activity raises issues for neurologists.
13 September 2006

A comet's tale
Scientists are just beginning to examine the pieces of a comet brought back to Earth by NASA's Stardust mission. Mark Peplow tagged along to one lab to watch researchers examine their prize catch.
13 February 2006

Sociologist fools physics judges
But do social scientists understand science?
5 July 2006


My fish is smaller than yours
Contenders line up to net credit for smallest vertebrate.
31 January 2006


Popular physics myth is all at sea
Does the ghostly Casimir effect really cause ships to attract each other?
4 May 2006


Hawking rewrites history... backwards
To understand the Universe we must start from the here and now.
21 June 2006

Puzzle of leaping liquid solved
Physicists explain how shampoo streams can bounce.
6 April 2006

Blindfolded humans steered by remote control
Artificial electric currents guide walkers round obstacles.
7 August 2006

World's most infamous iceberg dies
Swell from Alaskan storm breaks up megaberg at opposite end of the globe.
3 October 2006

Bubble fusion: silencing the hype
Nature reveals serious doubts over claims for fusion in collapsing bubbles.
8 March 2006





Sociologist fools physics judges(pdf)・・・さっぱりわからん

by internalmedicine | 2006-12-31 11:22 | 医療一般  

喘息: トータル・コントロールとウェル・コントロール

GOAL(Gaining Optimal Asthma ControL)スタディに関するもの

新しいGINAガイドラインを熟読してないので、薬屋さんの受け売りになってしまうのだが、
新たなガイドラインでは、喘息の長期的なコントロールの達成と維持こそが喘息治療の目的であると強調されており、これまでの「重症度に応じた治療法」から改変し、「コントロールレベルによる治療法」を提示しています。 つまり、患者さんのコントロールレベルに応じて現在受けている治療の見直しを行い、治療を進めることが推奨されています。

治療内容については、GINAが提唱する5段階の治療ステップの中で、コントロールレベルに応じた最適な治療が選択されることとなります。


・・・とのこと、以前概略翻訳した分と比べると、さすがに、良好コントロール時のback downを省いて、増量を強調するところはさすがか・・・?


The correlation between asthma control and health status: the GOAL study
Eur Respir J 2007; 29:56-62

より高いレベルのコントロールを目標としているuncontrolled asthmaの患者ガイドラインコントロールとHR-QOLの研究で、喘息QOL(AQLQ)を用いて評価したもの

ランダム化二重盲検、パラレル・グループ研究
フルチカゾン(FP)とサルメテロール/フルチカゾン合剤(SFC)の有効性を比較したもの
2つのcomposite:ガイドラインのコントロール測定:トータル・コントロール(TC)とウェル・コントロール(WC)
このレベルに達しないものは非ウェル・コントロール(NWC)として分類
患者がTCもしくは最大投与量に達するまで増量
【結果】QQLQスコアはこの研究を通して改善、TC・WC到達患者においてはnear-maximalのレベルまで改善。52週平均スコアは統計学的に有意差あり。
臨床的に意味ある改善(ベースラインからの平均差)は、TC群(SFC 1.9、FP 1.8)、WC群(SFC 1.5、FP 1.5)、NWC(SFC 1.0、FP 0.9)

【結論】喘息のコントロールを目的とした治療はHR-QOLを正常に近づくレベルまで改善する。
TC、WC間のAQOLスコアは高レベル間のコントロールで区別される。






(GINA1998に基づく)
Can Fam Physician. 2006 February 10; 52(2): 187–189.

日本語訳:GW社のWebから
GOALスタディの目的を満たすために設定されたトータル・コントロールおよびウェル・コントロール定義は以下の通りである。

トータル・コントロールの定義:
 日中の症状がない
 喘息により夜中に目が覚めることはない(夜間覚醒がない)
 急性増悪がない(喘息症状の悪化による経口ステロイド薬の使用、救急外来の受診、入院の必要がないこと)
 頓用の吸入β2刺激薬を使用しない
 救急外来の受診がない
 朝のピークフロー値が毎日80%(対予測値)以上
 治療の変更を要する副作用がない
これらの条件は、連続した8週間のうち少なくとも7週間満たされていなければならない。


ウェル・コントロールの定義:
 日中の症状が週2日以下
 頓用の吸入β2刺激薬の使用が週2日以下で1日4回まで
 朝のピークフロー値が毎日80%(対予測値)以上
かつ以下のすべての基準を満たす状態。
 喘息により夜中に目が覚めることはない(夜間覚醒)
 急性増悪がない(喘息症状の悪化による経口ステロイド薬の使用、救急外来受診、入院の必要がないこと)
 救急外来の受診がない
 治療の変更を要する副作用がない



体勢に影響はないのだが、“Partly-Controlled”=「ウェルコントロール」、“Totally-Controlled”=「トータルコントロール」とするのはちょっと違うと思う。
GOALのTotal controlledとGINA(2006)のControlledの項目の違い
呼吸機能 GOAL:朝方のPEF vs GINA(2006):PEF or FEV1で予測式 or best比較80%
急性悪化 GOAL:最小(ほとんど無い) vs GINA(2006) :1年に1回以上
ED受診 GOAL:NoとNoneという表現 vs GINAには項目なし
治療に基づく副作用 GOAL:最小と喘息治療に影響を与えるものはない、GINAには項目無し

by internalmedicine | 2006-12-30 08:39 | 呼吸器系  

FDAクローン動物食用全面容認へ

医学ネタではないのだが、狂牛病騒ぎの時のような、アメリカ業者ごり押しの予感
そして、日本へも圧力・・・?

FDA Issues Draft Documents on the Safety of Animal Clones
http://www.fda.gov/bbs/topics/NEWS/2006/NEW01541.html
U.S. Food and Drug Administration (FDA)は動物のクローニングの安全性について3つの文書を発行した。
1)Draft risk assessment
2)Proposed risk management plan
3)Draft guidance for industry

2002年の草案のリスクマネージメントでは、データ不足を理由に羊クローンは人の食用にしてはならないと推奨。
クローン及びその子孫の健康、食用に係わる、数百のpeer-reviewed publicationのFDA分析などをベースに、クローン及びその子孫の肉、ミルクを毎日食しても安全というリスク評価草案を決定した。


パブリック・コメントを求めているそうである。・・・日本のようなインチキ パブリック・コメント募集なのだろうか?


一般的日本人は米国食肉に対する深い疑念があり、米国政府が業界からのつよい圧力があることも知っているので、日本では強い拒否反応が出るでしょうなぁ・・・




FDA Is Set To Approve Milk, Meat From Clones
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/10/16/AR2006101601337.html

・・・これの続報と思われる。



新聞記事として掲載されていた。

http://www.asahi.com/life/update/1229/008.html
米FDA、クローン食品に安全宣言 来年中に認可も
2006年12月29日15時54分
 米食品医薬品局(FDA)は28日、体細胞クローン技術を使って誕生した牛、豚、ヤギについて、その子孫を含めて肉や乳製品を飲食しても安全上の問題はないとする報告を発表した。

 報告に対する一般からの意見聴取を来年4月2日まで行い、食品として販売を認可するかどうか最終決定する。認可時期は未定だが、来年中の認可も「考えられる」(FDAのサンドロフ獣医学センター長)という。認可されれば世界初。同センター長は「その場合、通常の食肉と同様に輸出されることになるだろう」としている。(時事)

by internalmedicine | 2006-12-29 15:31 | くそ役人  

医療とWeb 2.0


医学wikipediaの話と言うことであるが、どうも、Web 2.0の話のよう・・・




Is a medical wikipedia the next step?
BMJ 2006;333:1283-1284 (23 December)
・・・・という論文から・・・・

Web専門家にとって、information technologyの概念の仲でも、Web2.0は定義困難な用語だそうだ。(http://www.oreillynet.com/pub/a/oreilly/tim/news/2005/09/30/what-is-web-20.html)。あいまいなフレーズであり、“platformとしてのWeb”とか、“architecture of participation”が、この“Web2.0”を表現するのに用いられる。

platformそれ自身の内在するbenefitより、最重要視されるべきは、“open sharingとcollaboration”スピリットであると、医学徒は思うとのこと。


分析と修正の連続を伴うウェブでの情報の“利用、共有、情報交換”が活発なほど
よりオープンに、そして創造的になり、より仕事に役立つようになる。

Web 2.0が人々にもたらしたものは、よりダイナミックな、インターラクティブなスペースであり、この新世代のインターネットサービスとデバイスは時折、social softwareとして語られそれは、、我々のウェブ経験を豊かにする効果があり、その効果は、情報が常に必要とされ、消費され、再解釈されたときに生まれるのである。

新しい環境は、参加者(医学および他)の高度に結合したデジタルネットワークで特徴付けられ、情報交換は個人の興味に限定されていたり、コントロールされているものではない(誤訳の可能性あり:注意)。筆者にとってはWeb 2.0のオープンアクセスは出版障壁からの解放であり、多国籍的な興味といったものが、特に圧倒的である(そうである)。

Web 2.0は通常、利用が簡単で、インターネットソフトウェア無料である。

BlogやWikiは、巨大な地理的な広がりを超えて参加と会話を促進する。情報提供デバイス、RSS feedsは、最新の医学知識について、持続的に、速攻、情報を与えてくれる。


UBC Academic Search—Google Scholar Blog:
http://weblogs.elearning.ubc.ca/googlescholar/archives/026453.html




website tagging organising tool:Web 2.0例示
Application Website Purpose
Bloglines www.bloglines.com RSS reader
Citizendium www.citizendium.org/ Expert wiki
Connotea www.connotea.org Online reference organiser
Del.icio.us http://del.icio.us Website tagging
Flickr www.flickr.com/ Photo sharing
Ganfyd www.ganfyd.org Medical wiki
Google blogsearch http://blogsearch.google.ca Blog searches
Google health www.google.com/coop/topics/Health Create your own search tool
MedWorm http://medworm.com/ RSS aggregator
SlideShare http://slideshare.net Slide sharing
Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/ All purpose wiki
YouTube www.youtube.com/ Video snippets



podcastやvideocastのようなマルチメディアツールが医学校や医学ジャーナルでポピュラーになりつつある。
UBC Academic Search - Google Scholar Blog:
http://weblogs.elearning.ubc.ca/googlescholar/archives/023989.html



・Ves Dimov's Clinical Cases and Images:http://casesblog.blogspot.com/2006/05/physician-bloggers-talk-to-medical.html

・Ves Dimov's  How to Use Web 2.0 in Medicine?:
http://casesblog.blogspot.com/2006/05/how-to-use-web-20-in-medicine.html



RSSは情報過多に対する有効な対処法となり得る・・・テク大好き医者どもはRSS feedsをmobile deviceやiPods,、Blackerryに持ち運び、病棟回診の時にスキャンする。
digital sandbox遊びが好きな人は、オンコールの時に、Flickrなどの写真シェアリングソフトウェアやYouTubeでの医学ビデオsharingを楽しむ。

Googleのお話
・診断に役立つという話(BMJ 2006;333:1143-1145 (2 December)
・医師たちは検索ツールを用いてエビデンスを取り出し、文献にアクセスする。医師たちはこのツールをいかに用いるかを学習する必要が出てきたのである。
多国語対応にて、Googleは発展途上国にも数少ない情報検索手段として恩恵を与えている。



WikipediaUpToDateなどにも言及



Webは人類であることの反映である、しかし、同時に、願望の反映でもある。
所有者たちによるコントロールとその権限という概念が無くなるからという意味で、Web 2.0は出版界でもっとも影響のあるテクノロジーなのかもしれない。





日本では古い考え方に政府・行政も賛成のようで、言論を封じることしか考えていないように思える。

by internalmedicine | 2006-12-29 09:01 | メディア問題  

思春期自殺の家族的因子

わたしは、自殺とメディアの報道というのに関心があり、以前も触れた

あまりに稚拙な報道及び場当たり的解説が跋扈し、読者・視聴者の情緒的関心のみを引き立て、二次被害を増加させている、加害者であるということも忘れているのだろう。


メディアの自殺報道は多くの批判があったから自粛しているのか、もしくは、メディア特有の移り気によるものなのか?その報道数は減っているようである。
メディアの特徴に、一つのターゲットを見つけたら徹底的にたたくというのが特徴である。自殺というのは多因子的であり、その要因への決めつけというのは非常に危険である。

今回のテーマである家族的要因というのも決めつけはさらに危険であることは承知しておく必要がある。ただ、自殺という要因に対するinterventionに関してそれを科学的に分析することは重要であるだろう。ただ、残念ながら、家族集積性に関してそれを介入して自殺を減少させるかどうかは分からないとのことであった。

一方的な決めつけ報道が多かったが、自殺報道に関しては多因子であることを必ず念頭に置いて行っていただきたいものである。

Familial Pathways to Suicidal Behavior — Understanding and Preventing Suicide among Adolescents
N Engl J M Volume 355:2719-2721

自殺行為の脆弱性が家族伝播するという側面で、若年者の自殺予測するstress-diathesis model(ストレス体質モデル)が報告されている。

a0007242_9164068.gif


人間関係の危機に関連したacute despairや他の個人の喪失感・失敗、特に大うつがある場合、家族外の重大なストレッサーとなる。

自殺のリスク要因、すなわち、気分障害、アルコール依存、失恋、自殺行動の家族歴などが有る事例をあげて、解説が行われている。

自殺は3番目の若年者の自殺原因だが、個人的損失に直面する膨大な数の人たちが気分障害を有し、アルコール依存は自殺企図もなく、自殺も遂行しない。そのようなストレッサーの組み合わせとともに、遺伝体質が影響を与えている

多リスク要因の結果自殺後遺の高リスクを生み出す。その要因として、衝動的攻撃性(挑発へ反応しやすいこと)や憎悪・攻撃へのフラストレーション、若年者は、絶望感やうつがさらにクリティカルな役割を果たすことともなる。
ただし、その傾向は、家族性であることがしばしばで、遺伝的要因がある(;注. 可能性としたいが、原文では断言している)

養子・双生児研究にて遺伝・環境要因が関連有ると報告がある(Am J Med Genet C Semin Med Genet 2005;133:13-24. )

精神病には家族性があるが、自殺は、それと独立した因子かのようである。

衝動的攻撃性は、明らかにされた要因のネットワークの鍵のようである。診断的に同様の患者群別したときに、衝動的攻撃性は自殺と強い相関があり、自殺思考のうえにそれを実行する傾向が増すのであろう。

by internalmedicine | 2006-12-28 09:24 | 医療一般  

長期PPI処方は股関節骨折を増加させる

Long-term Proton Pump Inhibitor Therapy and Risk of Hip Fracture
JAMA 2006;296 2947-2953


【序文】PPIは、胃低クロール症によるカルシウム吸収への影響だけでなく、破骨細胞のvacuolarタイプ(液胞型)のプロトンポンプの抑制にて骨吸収を減少させる可能性がある。

【目的】PPI治療と股関節骨折の関連

【デザインなど】イギリスの患者の情報を含むGeneral Practice Research Database (1987-2003), のnested case-control study
50歳超のPPI治療と制酸剤未使用患者を含むコホート
股関節骨折の発生を含むすべての患者
対照は、発生頻度密度サンプリングを用い選択、性、index date、誕生年、index date以前の暦期間と標準フォローアップ期間をマッチ

比較目的にて、同様のnested case-control analysisをH2拮抗剤でも行った。

【メインアウトカム】PPI使用と股関節骨折のリスク

【結果】
135386名股関節骨折と135386名の対照

・PPIs治療1年以上では股関節骨折の補正オッズ比増加:
(AOR, 1.44; 95% CI、 1.30-1.59).

・股関節骨折リスクは有意にPPIs長期高用量処方患者で増加
(AOR, 2.65; 95% CI, 1.80-3.90; P<.001).

・PPI治療期間増加と共に、その相関はつよくなる
(AOR <1年>, 1.22 [95% CI, 1.15-1.30]; <2年>, 1.41 [95% CI, 1.28-1.56]; <3 年>, 1.54 [95% CI, 1.37-1.73]; <4年>, 1.59 [95% CI, 1.39-1.80]; 全比較P<.001).


【結論】長期的PPI治療、特に高用量では、股関節骨折のリスク増加と関連がある



不勉強なので、Blocking bone matrix acidificationのお勉強
Vacuolar ATPases (V-ATPases)はmultisubunitの酵素で、限界膜を通してprotonを輸送する働きがある。
V-ATPasesはすべての細胞にubiquitousに存在し、進化的に保存されたものである。
このproton pumpは腎臓の尿細管介在細胞(tubule intercolated cell)の細胞膜や破骨細胞の波状縁(ruffled border)に存在し、細胞外環境の酸化に関係し、骨塩の可溶化に寄与する。
V-type proton pumpは2つの機能的ドメインを有する:末梢性に細胞質のcatalytic sectionは4つのサブユニットからなり、protonチャンネルは3つのサブユニットから形成される。
J Clin Invest, July 2000, Volume 106, Number 2, 177-179>



V-ATPase(vacuolar type proton ATPase) はライソゾーム、エンドソーム、分泌顆粒、シナプス小胞、細胞膜などの空胞系オルガネラに存在し、その内腔に H+ を輸送することによって様々な細胞機能を支えている。(参考)

液胞型ATPase(V-ATPase)は、真核細胞では主に分泌経路上に存在する
細胞内小器官の膜上に存在し、細胞質のATP の加水分解に共役して細胞内
小器官内腔にプロトンを輸送する(参考:pdf



・・・・逆流性食道炎を合併する老人が増加し、H2R遮断剤だけのときは非常に苦労していた。PPIのおかげで、ずいぶん管理が楽になった気がするが、股関節骨折リスクも念頭に置かなければならなくなったわけである。

by internalmedicine | 2006-12-27 08:15 | 消化器  

骨粗鬆症ビスフォスフォネート治療はいつまで継続すべきか?

閉経後骨粗鬆症女性のビスフォスフォネート治療は5年で打ち切って良いのか・・・ちょっと疑問の残る論文ではあるが、低リスクでは5年で打ち切りが基準?




Effects of Continuing or Stopping Alendronate After 5 Years of Treatment:
The Fracture Intervention Trial Long-term Extension (FLEX): A Randomized
Trial
JAMA 2006;296 2927-2938【結果】
継続群に比較して、5年間プラセボへswitchした群は

閉経後女性の骨粗鬆症女性の至適治療期間は不明であった。alendronate治療を5年後に中止した群と10年間そのまま続けた群を比較したもの

Fracture Intervention Trial (FIT)の10のUSでの臨床センターでのランダム化二重盲検

平均5年間のalendronate治療癧をもつ1099名の閉経後女性を割り振り

【介入】
alendronate, 5 mg/d (n = 329)
10 mg/d (n = 333)
placebo (n = 437)

【メインアウトカム】
プライマリ:総股関節骨密度(BMD)
セカンダリ:多部位BMDと骨リモデリングの生化学マーカー
予備的アウトカム:骨折頻度


【結果】BMD で
総股関節(–2.4%; 95% CI, –2.9% to –1.8%; P<.001)
椎体(–3.7%; 95% CI, –4.5% to –3.0%; P<.001)

しかし、平均値は維持され、10年前の治療前レベルを超えることはなかった。


同様に、alendronate中止群は骨turnoverの血中マーカー増加
C-telopeptide of type 1 collagen 55.6% (P<.001)
serum N = propeptide of type 1 collagen 59.5% (P < .001)
bone-specific alkaline phosphatase 28.1% (P<.001)


しかし、平均値は維持され、10年前の治療前レベルを超えることはなかった。

5年ご、非椎体骨折累積リスクは継続群(19%) と中止群(18.9%) と有意な差がない
(RR, 1.00; 95% CI, 0.76-1.32)

継続群では、臨床的に認識されている椎体骨折のリスクを有意に減少(5.3% for placebo and 2.4% for alendronate; RR, 0.45; 95% CI, 0.24-0.85)するが、計測的な椎体骨折は有意に減少せず (11.3% for placebo and 9.8% for alendronate; RR, 0.86; 95% CI, 0.60-1.22).

18の腸骨間の骨生検では、骨turnover(double labelling)に伴う定量的異常はすべての標本で見られていない。

【【結論】】5年後のalendronate中止女性では、BMDは中等度減少示し、生化学マーカーの徐々なる増加がみられるが、臨床的骨折を除いて骨折リスク増加を示す所見はなかった。

この結果、5年でalendronateを中止することは骨折リスクを有意に増加するとは思えない。しかし、臨床的椎体骨折高リスクの女性では5年超継続によるbenefitがあるかもしれない。

by internalmedicine | 2006-12-27 08:14 | 運動系  

慢性便秘症


Chronic constipation: advances in management
Neurogastroenterology and Motility, Volume 19, Number 1, January 2007, pp. 4-10(7)

・・・というのを見て勉強の触発


便秘とその管理:エディトリアル
BMJ 2003;327:459-460 (30 August), doi:10.1136/bmj.327.7413.459
さまざまな病態生理に基づくプロセスにより、腸管のfrequency低下とrectal evaculationの障害という理解が重要

大腸の径が正常なのか、拡張しているのかが臨床的には重要な鑑別点である。

正常な径(非拡張性)の腸管で緩下剤抵抗性の重症な便秘は妊娠可能年齢の女性はよく存在する。

正常腸管の場合:
通過時間が遅いとき、鍵である心理的な異常は腸管のpropulsive activity(推進運動 ?※蠕動と訳したくなかったので)の減少である。
上部消化管の通過と感覚機能の変化も関係ある。
神経異常が腸管にある場合は、下剤の慢性使用による二次的なCajalのペースメーカー細胞の変化などによるものがある。
行動療法治療による機能障害の回復があるということは、神経学的変化も二次的なものもしばしばあることを示唆する。

便秘は現在他の原発病因による広範な症候の一つという認識である。

脊髄損傷患者のほとんどすべてが便秘であり、腸管の制御できないことは、"distressing symptome"のひとつである。多発性硬化症でも同様に頻度が高い。

軽症患者では、行動療法による治療が有望で、可逆的な変化であることが多い。



拡張腸管の場合:
拡張した直腸および糞便のつまり(いわゆる、特発性メガコロン)は10代男女ともに多い。小児期から侵されていることが多い。行動的な問題を持つ例もあり、腸管神経筋の軽度異常による例もある。

糞詰まり(faecal impaction)は老人にも見られ、特にケア中の患者において。一般健康状態が良くない、薬剤が関与している場合。
腸管すべてに拡張がある場合は稀で、腸管神経・筋肉の異常が明確にあり、propulsion障害がある。
慢性の腸管偽性閉塞の場合、便秘は痛み、嘔吐、栄養障害などの症状組み合わせの一つである。


慢性の長期軽症便秘の患者一般には検査は必要なく、対症療法で十分であり、食事マネージメントで症状が改善する。慢性の便秘がより重度の時、詳細にその原因に関してしらべ、治療に関して必要となる可能性がある。
単純なbulking agentや緩下剤が用いられる。

難治性の便秘の老人では、センナのような刺激物質が、bulking agentとともに用いられ、lactuloseより有効で、安価。

Polyethylene glycolベースの緩下剤が、特発性便秘や分詰まりに対し、最近、長期使用で用いられている。
しかし、緩下剤は多くの患者で持続して症状改善に寄与するわけではない。加えて、食事性繊維増加と共に症状悪化、腸管機能の改善がない場合、鼓腸など生じる可能性がある。






by internalmedicine | 2006-12-26 08:51 | 消化器