<   2007年 03月 ( 80 )   > この月の画像一覧

 

EPAの高脂血症患者における重大冠動脈イベント抑制効果:JELIS研究

長鎖n-3脂肪酸冠動脈疾患死亡率検討したもの
ClinicalTrials.gov:NCT00231738



Effects of eicosapentaenoic acid on major coronary events in hypercholesterolaemic patients (JELIS): a randomised open-label, blinded endpoint analysis
The Lancet 2007; 369:1090-1098


18,645名のコレステロール高値(6.5 nmol/L以上)の1996-1999年の日本の医師により参入されたもの

EPA群(n=9326):EPA 1800mgをスタチンと共に投与
対照群(n=9319):スタチン単独
いづれも5年フォローアップ

プライマリエンドポイントは、重大な冠動脈イベント(心臓突然死、致死的・非致死的心筋梗塞、不安定狭心症を含む非致命的イベント、・血管形成・ステント・CABG)


平均フォローアップ期間4.6年

プライマリエンドポイントはEPA群262名、対照群324名(p=0.01)

治療後LDL濃度は25%減少、両群とも4.7mmol/L

血中LDLコレステロールはmajor coronary eventのリスク減少に関して有意な因子ではなかった。
不安定狭心症・非致死的冠動脈イベントはEPA群で有意に減少
心臓突然死・冠動脈死亡は両群差なし

二次予防:EPA治療された冠動脈疾患既往のある患者では、major coronary eventは19%減少(-19% ; EPA 158[8.7%] vs 対照 197[10.7%] p=.048)

一次予防:冠動脈疾患既往の無い対象者ではEPA群 18%減少だったが、対照群比較では有意の差はなかった。




・・・ここまで書いて気づいた・・・持田ウェブサイトに書いてあったので別に訳す必要もなかったのだ orz
http://www.mochida.co.jp/dis/jelis/index.html

研究の限界として、冠動脈再建・入院治療など医師によるバイアス介入する部分があったこと、スタチンがpravastatin・simvastatinであったこと(脂質低下作用が若干少ない)、日本人の冠動脈死亡リスクは10万人年あたり22-26で、US・北米より著しく少ないことなどが検討の限界となったとのことなど



これを見れば、確かに一次予防に果たして脂質治療が必要か疑問が再燃しそうである

by internalmedicine | 2007-03-31 09:28 | 動脈硬化/循環器  

気管内挿管抜管前ステロイド治療による喉頭浮腫予防効果確認

低圧高容量カフの使用にかかわらず、気管内挿管の合併症として喉頭浮腫は重大である。36時間以上の創刊後の喉頭浮腫というのは比較的頻度が高く、抜管後の呼吸困難の原因として重要


12-h pretreatment with methylprednisolone versus placebo for prevention of postextubation laryngeal oedema: a randomised double-blind trial
The Lancet 2007; 369:1083-1089

36時間以上人工呼吸を施行した患者に、抜管前12時間とその後4時間毎にメチルプレドニゾロン(20mg) 施行。プラセボ比較したプラセボ二重盲検多施設研究

対象は761名の成人ICU入院者

プライマリエンドポイントは24時間以内の喉頭浮腫発生

63名評価不能、理由は自己抜管(n=16)、抜管中止(44)

698名(プラセボ343名、methylprednisolone群 355名)を検討

methylprednisoloneは有意に抜管後喉頭浮腫発生減少(11/355 3% vs 76/343 22% p<0.0001)、再挿管発生率(13/355 4% vs 26/343 8% p=0.02)

methylpredonisolone後抜管後死亡1人、無気肺1名



喉頭浮腫の観察
呼吸困難を minor と majorに分類
Minorな喉頭浮腫とは、薬物介入を必要とする呼吸困難を伴う高音ピッチの吸気性wheezeであり、呼吸困難は吸気相の遷延、呼吸補助筋の活動増加をともなうもの

Majorな喉頭浮腫とは喉頭鏡にて視認した上気道閉塞に伴う重度の呼吸困難で再挿管を必要とする状態

Minorな浮腫は直接の喉頭鏡検査・内視鏡検査の理由としない。なぜなら、この手技は不安定な患者では完全に安全とは言えないからである。



臨床的に重要な知見と思われる。




まさに臨床研究、日本でもこういつ地道な研究が評価されてほしいもんだ
メタボの詐欺的な研究に金をだして、タミフルの副作用研究に金を出さない国
なんでもメタボ的な研究にしてしまって科研費を請求するしかない日本には真の医学研究は育たないだろう
あぁ、バブルの時に、医学研究費に、ふるさとなんとやらのようなばらまいた金をつぎ込んでおけば、日本はバイオで外貨を稼げていたであろうに・・・

by internalmedicine | 2007-03-31 08:48 | 呼吸器系  

COPDスピリーバ治療にセレベント、アドエアをadd-onする治療は有効か?

今回だけ、なぜか商品名。
アドエア(R)<米:Advair Diskus  英系:ceretide>は喘息のみ認可予定・・・その通り行くかどうか知らないが・・・
成分名が一緒でも同一製品かどうかの保証もないしやっぱり次回からも一般名・・・

Tiotropium in Combination with Placebo, Salmeterol, or Fluticasone-Salmeterol for Treatment of Chronic Obstructive Pulmonary Disease
A Randomized Trial
Ann Int Med 17 April 2007 Volume 146 Issue 8
ランダム化二重盲検プラセボ対照トライアル
2003年10月から2006年1月まで施行
27のカナダの学術的地域医療センター
中等症から重症のCOPD449名
1年間の治療
1)tiotropium + placebo
2)tiotropium + salmeterol
3)tiotropium + fluticasone-salmeterol


測定項目:プライマリエンドポイントは全身ステロイド治療・抗生剤治療を必要とするCOPD急性悪化患者比率

Tio.+プラセボ:62.8%
Tio.+salmeterol: 64.8%; 差 -2.0 % [95% CI, -12.8 ~ 8.8 %])
Tio.+fluticasone-salmeterol:60.0%; 差 2.8 % [CI, -8.2 ~ 13.8 %]

感度分析にて、tiotropium+salmeterolとtiotropium+fluticason-salmeterolが良好な傾向(favor方向推定値・95%区間)


Tiotropium + fluticasone-salmeterolは
肺機能改善 (P = 0.049)
疾患特異的QOL 改善(P = 0.01)
COPD急性悪化入院数減少(incidence比率 0.53 [CI, 0.33 to 0.86])
全原因入院数減少 (incidence rate ratio, 0.67 [CI, 0.45 to 0.99])


反対に、tiotropium+salmeterolは有意に肺機能入院率を改善しない

限界:placeboのみ あるいは、salmeterolのみの追加事例の40%が中断し、多くが結果的に吸入ステロイドやLABAのopen label使用となった

結論は、tiotropiumにfluticason-salmeterolを加えることでCOPD急性悪化を減少させなかったが、肺機能、QOL、入院率を改善した。



なぜ、肺機能、QOL、入院率は改善するのに、急性悪化回数は減らないのか?
この疑問は残る。


COPD吸入ステロイドに関するRCT(Chest. 2007; 131:682-689)では1秒量を変化し得なかった。そしてMedline Plusの批評は手厳しい:Inhaled steroids do not alter course of COPD

アドエアに関してプライマリアウトカムを改善しなかったことで、トライアル本来の目的がはたせてない。タケダのようにせこいまねをしてほしくはないのだが、やはり肺機能、QOL改善、入院数減少は重要と思う。

by internalmedicine | 2007-03-30 10:28 | 呼吸器系  

心不全患者へのサウナ治療のレビュー

心不全患者へのサウナ治療のレビュー
Beneficial effects of sauna bathing for heart failure patients
The Journal of the International Academy of Cardiovascular Science
2007, Vol 12 , Num 1 :29-32


google scholar検索してみたら、サウナ+心不全・・・結構研究されてる

これを紹介しないと諸般の事情により怒られる?
Acute Hemodynamic Improvement by Thermal Vasodilation in Congestive Heart Failure
(Circulation. 1995;91:2582-2590.)





話がずれるが・・・入浴関係は循環器疾患の指導や介護保険導入後係わることが多いので、ちょっと調べてみた。

“お湯にはいること”は血圧患者で安全なのか?
Are hot tubs safe for people with treated hypertension?
CMAJ • December 9, 2003; 169 (12)

狭心症患者を含め(Mayo Clin Proc. 1993 Jan;68(1):19-25)、血圧低下傾向のようである。


血圧低下極端なケースもあるようで、この研究では無症状事例ばかりだが、極端だと、いわゆる“湯あたり”になるのかもしれない。10分程度でも生じる可能性があるのである。


“入浴のよる血圧上昇”と書かれている文章にでくわすことがある、あの文章は“入浴による血圧変動”に変えた方がより正しくなる。



“湯あたり”という現象はepilepsy by hot-water immersionを鑑別すべきであり、子供に多いとされるheat-induced hypotensionも考慮必要だろう。

風呂により脱水から血液濃縮・血液粘稠性↑という機序がよく書かれているが、通常時間単位の熱環境暴露によるheat exhautionと比較して時間が短いことが多く、極端な長風呂以外はこの機序は考えにくいと思う。

by internalmedicine | 2007-03-30 08:24 | 動脈硬化/循環器  

日本の近い未来であるアメリカの医療

高リスクでも肺機能さえ認めないアメリカ医療

グラウンド・ゼロの労働者に、商用HMOの43%、メディケードHMOで37%のみ認可

http://www.politicalgateway.com/news/read/70736


貧乏人の皆様・・・近未来の日本にまともな医療を期待しないでね by 小泉およびその後継者&取り巻き(経団連 大手メディアetc. )・・・ってことかな?




それにしても、今の厚労大臣アホじゃないですかね・・・・

国会中継見るとほとんどの大臣や議員は閑そうにやってますが・・・質疑応答に関係してない大臣や議員の給与は、勤務時間でないということで、さっ引いたらいかがでしょう。研究時間とかは認めないそうだから、調査研究費なんて認める必要ないですよねぇ・・・

パイロットが自動操縦に任せている時間は労働時間と認めないとか、タクシー運転手の待機時間や信号待ちの時間は勤務時間と認めないとすれば・・・暴動がおこるでしょうに、医者と言うだけで世間は無視です。過労死小児科医の裁判があるというのに、医者には人権はないという厚労大臣・・・あんたには、大臣の資格以前に人間の資格がありません


厚労相に抗議声明 勤務医の現状無視 広島県医師会

記事:毎日新聞社【2007年3月29日】

広島県医師会:勤務医の現状無視 厚労相に抗議声明

 広島県医師会(碓井静照会長)は28日、医師不足に伴う病院勤務医の過重労働を巡る柳沢伯夫・厚生労働相の国会答弁が、現状を無視しているとして、答弁の取り消しなどを求める抗議声明を発表した。医師会が医療行政トップの資質を公然と批判するのは異例。

 声明は、柳沢厚労相が6日の参議院予算委員会で小池晃参院議員(共産党)の質問に、「勤務医の労働時間には休憩や研究の時間が入っており実際の従業時間は平均週48時間」などと答弁したことを問題視。厳しい労働環境についての認識不足を指弾している。【宇城昇】

by internalmedicine | 2007-03-29 16:11 | 医療一般  

片側乳ガン患者のMRI検診

American College of Radiology Imaging Network (ACRIN) trialの結果で、新規診断の乳ガン患者の対側乳ガン検診をMRIにて行い有効性をみたもの、ガイドラインに反映されている。


MRI Evaluation of the Contralateral Breast in Women with Recently Diagnosed Breast Cancer
NEJM Volume 356:1295-1303 March 29, 2007 Number 13

969名の片側乳ガン患者でマンモグラフィーおよび臨床的に異常のない患者で、MRIによるがん検診を行い12ヶ月以内に生検をおこなったもの


MRIは、検討した969名の女性のうち30名(3.1%)に及ぶ臨床的な、あるいはマンモグラフィー上のoccult breast cancerを見いだした。
対側乳房のMRIの感度は91%で、特異度88%、陰性予測値99%

MRI陽性のうち生検例は969名女性のうち121名(12.5%)、そのうち癌所見として陽性所見は30名(24.8%)、そのうち18名が浸潤がん


浸潤がんの平均半径は10.9mm

検出数が増えた分は、乳ガンの密度、閉経状態、組織学的特徴と無縁



現在のMRIのコストにより健診としての使用は広がってないが、検出率を高める方法として認識されはじめている。片側の乳ガン治療後の対側の乳ガンができる可能性は10%

乳ガンリスクの高い女性、すでに乳ガンがある場合、既往歴、家族歴のある場合はMRI健診は必須である。

この場合は、BRCA1もしくはBRCA2遺伝子mutationを有する30歳以上の症状無し、ホジキン治療歴のある者、第二度近親以内に乳ガン卵巣癌などの家族歴を有する者、50再以前に乳ガン発症の近親者を有する者が乳ガンリスクの高い者である。

ACR practice guideline for the performance of magnetic resonance imaging (MRI) of the breast. Reston, VA: American College of Radiology, 2007. (Accessed March 8, 2007, at http://www.acr.org/s_acr/bin.asp?CID=549&DID=17775&DOC=FILE.PDF.)

by internalmedicine | 2007-03-29 15:00 | 医療一般  

Bronchial thermoplasty

thermoplastyというのは、気管支鏡で気管支内腔にカテーテルチップを気管支壁に接触するまでふくらまし、ラジオ波をカテーテルに送り、平滑筋を華氏約149度(摂氏65度)に熱する。この温度は薄い気道筋肉壁には充分であり、瘢痕やダメージを与えない方法である。


気管支鏡の技術さえあれば、比較的簡単なため、以前から注目していた
Bronchial Thermoplasty:喘息(2006/05/02) と 喘息に対するラジオ波治療(2006/01/26)で紹介した、ラジオ波による経気管支的焼灼法






今回は、AIR Trial Study Group の発表論文である。



Asthma Control during the Year after Bronchial Thermoplasty
NEJM Volume 356:1327-1337 March 29, 2007 Number 13
【背景】Bronchial thermoplastyは気管支平滑筋の減少、気管支れん縮の緩和を目的とした気管支鏡による手技であり、この中等症・重症持続型喘息コントロールについてのbronchial thermoplasytの影響をしらべたもの

【方法】112名の吸入ステロイドと長期持続型β2刺激剤(LABA)治療を受けている患者を対照として、LABAを減量して喘息コントロールの障害を有した者をthermoplasytと対照にランダム割り付け
プライマリアウトカムは3,6,12ヶ月時点での、計画されたLABA中止2週間における、軽症増悪回数である。
気流、気道過敏性、喘息症状、症状なし日数、rescue薬物使用、喘息QOLスコアである Asthma Quality of Life Questionnaire (AQLQ) とAsthma Control Questionnaire (ACQ) を評価

【結果】
平均軽症悪化発生率はBronchial thermoplasty 群で減少し、対照では不変 (change in frequency per subject per week, –0.16±0.37 vs. 0.04±0.29; P=0.005).

12ヶ月間時点で、Bronchial thermoplasty 群で対照に比べ有意に改善
・朝のピーク呼気フロー値(39.3±48.7 vs. 8.5±44.2 l/分)
・AQLQ スコア(1.3±1.0 vs. 0.6±1.1)
・ACQ スコア(減少 1.2±1.0 vs. 0.5±1.0)
・症状無し日数比率(40.6±39.7 vs. 17.0±37.9)
・症状スコア(減少 1.9±2.1 vs. 0.7±2.5)、ただし、少数のrescue薬使用は必要

気道過敏性、FEV1は両群変わらず

副作用イベントはBronchial thermoplasty 群で当然ながら直後多いが、6週間から12ヶ月後は変わらない

【結果】Bronchial Thermoplastyは中等症・重症喘息患者の喘息コントロール改善をもたらす



動画:Cox G et al. Asthma control during the year after bronchial thermoplasty. N Engl J Med 2007;356(13):1327-37.
(NEJM subscriber)

by internalmedicine | 2007-03-29 09:42 | 呼吸器系  

TBSは悪者叩きの時は間違いがあっても問題ないという姿勢らしい

みのもんた の 番組というのは どうしようもないようだ。製作スタッフだけの問題化と思っていたが、“あるある問題”があっても、NTVの昼の番組は相変わらず・・・

“悪者を決めつけ、叩くときには、間違いがあってもそれは良いのだ”という思い上がりが放送局にはあるようだ。



TBS、不正確報道 不二家問題「誤解与えた」
2007年3月29日(木)03:09 産経
<不二家問題を取り上げたTBS系の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」が今年1月に報じた内容について、不二家が社外に設置した「信頼回復対策会議」が「事実の歪曲(わいきょく)がある」などと指摘していることが28日、分かった。同会議は、報道が「不二家に営業上重大な損失を与えた」として、30日公表予定の不二家問題に関する報告書に盛り込む。TBSは同日、記者会見し「正確性を欠く部分があった」と認めた。

 問題の放送は1月22日の「新証言不二家の“チョコ再利用”疑惑」。平塚工場の元従業員とされる女性が顔を映さずに登場して行った証言などに沿い、「店舗から賞味期限の切れたチョコレートを集め、牛乳を混ぜ合わせて新しい製品として出荷していた」などと報じた。


 しかし、不二家側によると、成型不良品を溶解して再利用することは行われているが、期限切れの商品を集めることや、牛乳を混ぜるようなことはないという。


不二家チョコ再利用報道、大筋間違いなしとTBS
2007年3月29日(木)00:33
 不二家の衛生管理を巡るTBSの報道に対し、不二家側が事実と異なる点があったと指摘している問題で、TBSは28日、東京都内の本社で説明会を開き、「根幹部分は間違っていない」などと強調した。
 TBSは、不二家平塚工場で賞味期限切れのチョコレートを溶かし、新品として再出荷していたなどと報じ、不二家側が「期限切れの商品の再利用はしていない」と反論していた。yomiuri online



典型的なメディアの思い上がりが出ているできごとなので、記録。


“タミフル脳症”に関して、タミフルという悪者をでっち上げようとするメディアの姿勢と共通のものを感じる。タミフルに関しては、“薬害”報道ではおなじみの面々の名前が繰り返しでてくるが・・・

by internalmedicine | 2007-03-29 08:45 | メディア問題  

間葉系幹細胞治療による心臓修復治療

embryonic stem cellによる治療でフェーズ1なのに別格扱い

間葉系幹細胞(mesenchymal stem cells:MSCs)による心臓修復治療による有効性(pdf)で、ACCで発表。

Miami大学 Joshua Hareで、フェーズ1研究
心臓発作後10日以内53名のMSCs静脈投与の有効性研究
50万、160万、500万MSCs/kg投与とプラセボ比較
6ヶ月にわたり副作用チェックと心エコー評価

MSCs治療群では心臓不整脈など少なく、心、肺、全般機能改善がみられた



abc news video

by internalmedicine | 2007-03-28 17:48 | 動脈硬化/循環器  

託児所に預けると口先だけうまく、争いやすく、素直でない子供になる・・・ただ親の影響の方が大きい。

保育園・託児所って日本の制度から考えればその呼称の訳にとまどう
http://web.mit.edu/sloanjapan/101/life/child-nursery.htm


NIH News(March 26, 2007)から・・・
NIHの基金による研究にて、より質の高いケアがなされている幼稚園前の施設で世話を受けた子供は質の低い施設で世話を受けた子より5年生での語彙スコアが良好であった。
さらに、センターベースのケアで過ごした子供は「従順でなく」、「学校での争いに関係し」、「口げんかを多くする」しかし、語彙や問題行動の増加量自体は少なく、親の質が子供の発達の予後因子としてはより重要であった。
2007年3/4月の“Child Development”の記事で扱われるということである。
1364名の子供はNICHD(Early Child Care and Youth Development)研究として誕生以来、長期的に研究されている。


アメリカの就学前児童の1/4ほどが託児所に行き、年々増加している。共働きが増えていることとt関係しているのだろう。報告では託児所による否定的な影響も正直に調査・報告されている。5年生の時に語彙スコアが託児所育ちは優れていたが、うれしいことだけではなかった。行動に関して問題が指摘されたのである。(abc news から一部引用)




教育の世界も前向き大規模研究しなければ、仮説だけの議論で、声の大きい者、権力を持っている者たちの妄想で右往左往するだけ・・・日本では、共働き推奨で、託児所環境を整えろという主張だけしているが、より深い議論が必要。長期的視点や科学的客観的視点を持たない政治家、その場限りの言い逃れだけ・責任逃れの行政、直情的な親たち、感情優先のメディア・司法・・・やっぱ大人がわるい

そういやぁ・・・口先だけが達者で、素直でなく、直情的子供たちが多くなったなぁ・・・

by internalmedicine | 2007-03-28 15:21 | その他