<   2008年 09月 ( 75 )   > この月の画像一覧

 

【否定的結果】グルコサミン+コンドロイチン硫酸サプリメントの変形性膝関節症への効果:GAIT

GAIT (Glucosamine/chondroitin Arthritis Intervention Trial)というトライアル

2年多施設研究(Utah大学)で、グルコサミン+コンドロイチン硫酸サプリメントがOAの軟骨減少速度遅延化に影響を与えなかった。

付随研究として、前向き、ランダム研究のサブセットが同時に行われ、この方の主たる目的は、サプリメントがOAの構造的変化を減少させる可能性があるかどうか

The effect of glucosamine and/or chondroitin sulfate on the progression of knee osteoarthritis: A report from the glucosamine/chondroitin arthritis intervention trial
Arthritis & Rheumatism Published Online: Sep 29 2008 12:20AM
DOI: 10.1002/art.23973


薬剤はどれも、レントゲンで示される隣接関節の端同士の距離で示される関節腔幅減少率に関して臨床的に有意な影響を認めなかった。

GAIT治療:グルコサミン1日3回500mg、コンドロイチン硫酸1日3回400mg vs celecoxib 200mg連日 vs プラセボ

1、2年時レントゲン撮影し、357名の581関節を評価

トライアル群でどれも有意な改善無く、glucosamine服用群が関節幅がもっとも変化が少なかった


2年間の総関節喪失幅
0.013mm (glucosamine)
0.107mm (chondroitin sulfate)
0.111mm (celecoxib)
0.166mm (placebo)
0.194mm (glucosamine and chondroitin sulfate)


この解釈は困難で、プラセボ群変化が0.4mmより少なかったことに起因する。2年0.2mm以下の幅低下を仮定したため、困惑しきりだそうで・・・



コンドロイチン硫酸やグルコサミンが劇的に効くようなテレビCMが流れているが・・・

by internalmedicine | 2008-09-30 14:53 | 運動系  

Primary central nervous system vasculitis (PCNSV) 良性亜型:より小血管の血管炎

Primary central nervous system vasculitis (PCNSV) という病名自体が馴染みないのだが・・・

8名のPCNSVの異なるサブセットを発表とのこと


Angiography-Negative Primary Central Nervous System Vasculitis: A Syndrome Involving Small Cerebral Vessels.
Medicine. 87(5):264-271, September 2008.
101名の連続PCNSV患者(1983年1月1日~2003年12月31日)で、通常血管造影診断症例70名、CNS生検31名で、31名中6名が血管炎の所見
76名がコホートで異常血管造影所見で、101名中8名が正常の血管造影所見("angiography-negative")で脳の生検で血管炎所見を有した。
この、angiography negative 8名を他の76名のangiography positive症例と比較

1) 認知異常 (87.5% vs. 43.4%; p =.024);
2) 脳脊髄液異常(a protein level >=700 mg/L or a white blood cell count >=10 x 106/L) (100% vs. 35.5%; p =.034);
3) 髄膜 or 脳実質のMRI上の異常(75.0% vs. 23.9%; p =.007)

angiograhpy-negative PCNSVは治療に反応し、死亡例無し


Angiography-negative PCNSVは通常の血管造影の分解能を超えた小血管病変の脳血管炎の異なるサブタイプのようである。そして予後良好な病型と考えられた。



Primary central nervous system vasculitis: analysis of 101 patients
Annals of Neurology Volume 62 Issue 5, Pages 442 - 451






http://aghneurosciences.org/conditions/stroke/Vasulitis.html

by internalmedicine | 2008-09-30 12:05 | 運動系  

空腹時血糖は未診断糖尿病・無糖尿病者での予後因子(女性のみ) 男性では違う

糖尿病まで至らない空腹時血糖(FPG)が死亡率・CHDに関わるその役割は不明という。確かに糖尿病なしといっても、問診否定するだけの論文から診断上確定的に否定なのか糖尿病がないといえどばらつきがある。

オーストラリアの16年フォローによる検討で、女性では、非糖尿病であっても95-108 mg/dlの血糖でも、CVD既往がある場合でも生存・CHDリスクとなり得る
糖尿病診断のなされてない場合に、FPGは生存に関する重要な予後因子である

男性では認められない。


糖尿病の定義は、問診上、医薬品使用
未診断糖尿病の定義は、病歴無しでFPG>124mg/dl


Usefulness of Fasting Plasma Glucose to Predict Mortality or Coronary Heart Disease in Persons ≥60 Years of Age Without Diabetes Mellitus or in Those With Undiagnosed Diabetes Mellitus (from The Dubbo Study)
The American Journal of Cardiology Vol.102(7) pages 831-834(1 Oct 2008)

死亡率とCHD頻度は非糖尿病者より、CVD既往・糖尿病者より高い
しかし、CHD率は糖尿病女性では非比例的である

非糖尿病男性では、FPGは有意にアウトカム推定因子とならない

女性では、FPGは有意な死亡(ハザード比 = 1.30, 95% 信頼区間 1.09 to 1.56)・CHD (ハザード比 1.24, 信頼区間 1.02 to 1.51) 推定因子
CVD既往を含め、糖尿病は除外した推定である。

by internalmedicine | 2008-09-30 11:47 | 動脈硬化/循環器  

COPD患者への補助的吸入ステロイド投与のベネフィットとリスク

COPD患者で抗コリン剤の副作用?・・・問題になってるところでICS補助的使用方法のベネフィット・リスクのメタアナリシス

Benefits and risks of adjunctive inhaled corticosteroids in chronic obstructive pulmonary disease: A meta-analysis
Clinical Therapeutics Volume 30, Issue 8, August 2008, Pages 1416-1425
急性悪化 (rate ratio, 0.82; 95% CI, 0.72–0.92) とSGRQ score (weighted mean difference, -1.98 points; 95% CI, -2.56 ~ -1.40)で補助的ICSにより減少

だが、死亡率は影響なし(rate ratio, 0.86; 95% CI, 0.73–1.02)

肺炎 (RR, 1.68; 95% CI, 1.28–2.21) と口腔カンジダ症 (RR, 2.93; 95% CI, 1.94–4.42)が補助的 ICS 治療で増加

患者の中断は補助的ICS治療では少なかった (RR, 0.83; 95% CI, 0.74– 0.93)

funnel plotsの視認検討にて出版バイアスは除外できず、Egger重みづけ回帰統計にて出版バイアスは低尤度と思われた。

by internalmedicine | 2008-09-29 16:40 | 呼吸器系  

COPD患者の運動中呼吸筋unloading治療は下肢筋肉の酸化改善をもたらす

COPD患者において、運動中の呼吸筋unloadingはlocomotor muscleの酸素運搬能改善(心拍出↑ and/or 動脈酸素含量改善)により、酸素化を改善する・・・

COPDの進んだ病期においては、全身性の酸素運搬(この文献では推定酸素運搬量(DO2est,l/min)として測定)を変化させず、高負荷運動における呼吸筋のunloadingが末梢筋肉の酸素化を改善させる。
この知見は、心臓拍出量は呼吸筋のunloadingの結果四肢筋肉への換気によるredirectionが生じたものと考えられる。

Respiratory muscle unloading improves leg muscle oxygenation during exercise in patients with COPD
Thorax 2008;63:910-915

【方法】16名の非低酸素状態男性(FEV1s 42.2(13.9)%予測値)
異なる日に、2つの定常work rate(70-80% peak)運動をPAV、sham ventilation下にて行った
外側広筋のdeoxyhaemoglobin(HHb)、oxyhaemoglobin (O2Hb)、 tissue oxygenation index (TOI) をnear-infrared spectroscopy(近赤外線スペクトロスコピー)で測定(機能的近赤外線スペクトロスコピー (functional near-infrared
spectrsocopy, fNIRS)は、脳神経活動にカップリングした脳血流の変化に伴う脳内ヘモ
グロビン濃度の変化を測定することにより脳や筋肉などの活動状態を捉えるが、被検者は拘束されることなく自然な状態で検査を受けることができるため、PET や fMRI では困難な覚醒
状態にある新生児の検査や運動時なども可能である。)
インピーダンス心電図やパルスオキシメーターなどで推定酸素運搬量(DO2est,l/min)や心拍出量、酸素飽和度を測定

【結果】運動耐用(Tlim)と酸素摂取は、sham ventilationに比べPAVで増加

逆に、PAV下では運動終了時血中乳酸/Tlimと下肢effort/Tlim比は低下(p<0.05)

submaximal exerciseとTlim時の、心拍出量とSpO2低下に差異なし(ie, DO2est はPAV時にも変化なし; p>0.05)

下肢筋oxygenationは有意にPAVにて促進
・運動による⊿(O2Hb)%低下
・TOIは改善
・⊿(Hbtot)%、局所血流指数は増加(p<0.01)





by internalmedicine | 2008-09-29 15:32 | 呼吸器系  

COPD薬剤の安全性情報:ATS

COPD患者への吸入抗コリン剤は心血管死、心筋梗塞、卒中リスク増加 [2008-09-24]以降もまだ当方には製薬会社からの情報が伝達されてない。

ACCPから「COPD治療に関する薬剤の安全性について重要な情報がリリースされた。この情報は医師・患者ともに関心をひき、重要なものであろう」・・・ということで提示されている。

Important Information About the Safety of COPD Drugs
http://www.chestnet.org/networks/airway_disorders/copd.php
Recently, there has been important information released about the safety of drugs used to treat COPD. This information could be of concern and have implications for physicians and their patients. Below are links to some of the articles and studies related to this topic:

* AP Wire article 9-23-08
"Inhaler Lung Drugs Tied to Heart Problems, Deaths"

* JAMA Study Abstract JAMA 2008; 300:1439-1450


* Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals, Inc. Press Release 9-23-08
"Established Safety Profile of Spiriva Confirmed by 30 Rigorously Controlled Clinical Trials and the Landmark Trial, UPLIFT; New Data From Landmark UPLIFT Trial Further Supports Spiriva’s Safety Profile"

* UPLIFT (Understanding Potential Long-term impacts on Function with Tiotropium) Safety Study Webcast Summary, Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals, Inc.

by internalmedicine | 2008-09-29 15:11 | 呼吸器系  

菜食主義者(Vegan)の食事の質

vegan:ヴィーガン(ビーガン、ヴェーガン、ベーガン?

Wikiでは
Vegans endeavor not to use or consume animal products of any kind. The most common reasons for becoming a vegan are an ethical commitment or moral convictions concerning animal rights, the environment, human health, and spiritual or religious concerns
・・・ということで、[Short for VEGETARIAN.]、要するにベジェタリアンとかいうののはやりの省略形ということでよさそうだが、本日の日本のWikiの内容では細かく分かれており・・・これだと、後述のAHEIスコアに大きな影響があるだろう。

a strict vegetarian who consumes no animal food or dairy products
(http://www.merriam-webster.com/dictionary/vegan)

Dietary Quality among Participants with Type 2 Diabetes Following a Low-Fat Vegan Diet or a Conventional Diabetes Diet for 22 Weeks
adajournal Volume 108, Issue 10, Pages 1636-1645 (October 2008)

Vegan dietは、ADA推奨食に比べ炭水化物、繊維、いくつかの微量栄養素を増加となる
ADA推奨食事態はAHEIスコア不変だが、Vegan群ではAHEIスコアがADA推奨食に比べ改善が認められた。


Development and Evaluation of the Healthy Eating Index-2005
PDF
・オリジナルHEI(総フルーツ、総野菜、総穀類、ミルク、肉(豆)、塩分、飽和脂肪、総脂肪、コレステロール、variety)
・HEI-2005(総フルーツ、Whole Fruit、総野菜、濃緑黄野菜・Legume(豆類)、総穀類、全粒穀類、総穀類、ミルク、オイル、飽和脂肪、塩、SoFAAS(solid fats, alcohol, and added sugars)からのカロリー



糖尿病食から、菜食主義食へ・・・特に問題はなさそうだ

by internalmedicine | 2008-09-27 11:43 | 糖尿病・肥満  

身体活動性のある閉経前女性:運動による水分バランスの状況

運動による、 水分摂取、特に不断飲水(ad libitum water intake)、水分排出、対内水分バランス、加水状態 への影響

The Effect of Exercise on Water Balance in Premenopausal Physically Active Women
Eileen M. Weinheimer, Berdine R. Martin, Connie M. Weaver, Jo M. Welch, Wayne W. Campbell
Journal of the American Dietetic Association Volume 108, Issue 10 pages 1662-1667

3つの8日トライアルからなるランダム化交叉デザイントライアルで、
・placebo and no exercise,
・placebo and exercise (1-hour cycling bout per day at 65%-70% of heart rate reserve),
・800 mg calcium supplementation and exercise



【参加者】Participants were 26 women, age 25±5 years, body mass index 22±2, and VO2peak 43±6 mL×kg−1×min−1 (mean±standard deviation).
Results

随時水分摂取はプラセボ+運動で363 g/日超(P<0.05)
運動で1,940±654 g/日、カルシウム補給+運動で1935±668 g/日、プラセボ+非運動で1575±667 g/日

総水分補給は、プラセボ・運動、プラセボ+カルシウム補給が、プラセボ+非運動より多い。


尿・便・総水分排泄はトライアル間に差がない

総水分バランスはプラセボ+運動で679±427 g/日多く、カルシウムサプリメント+運動で641±519 g/日、プラセボ+非運動(293±419 g/日)より多い

カルシウム・サプリメントの水分バランスへの影響なし


この結果、若年、運動活動性のある女性では、運動による汗により、随時水分摂取により完全に補われており、非汗により水分排泄減少や水分補給障害は見られない。


これが、閉経後になるとどうなのだろう?


Estrogen influences osmotic secretion of AVP and body water balance in postmenopausal women.
Am-J-Physiol. 1998 Jan; 274(1 Pt 2): R187-95
E2は浸透圧性AVP分泌を促進し、ゆえに水分蓄積に寄与するAVP増加
しかし、腎臓のナトリウム再吸収増加が水分貯留の最大の要因である。


アクトスの浮腫の問題でこの辺の病態がクローズアップ?

by internalmedicine | 2008-09-27 10:46 | 糖尿病・肥満  

ライフスタイルと寿命: 女性・比較的若年の場合 vs HALE project

頑盲な研究者や役人とやらが、メタボ検診とやらで、突っ走っている日本の現状

臨床的・公衆衛生上の努力の方向性を明確化するための研究がなされた上で行われているかはなはだ疑問

それを明確化する目的でなされた研究がBMJで発表されている

食事、身体運動、adiposity、アルコール摂取、喫煙などが、糖尿病・心血管疾患を含む慢性疾患のリスクと関連する。これらのリスクがどの程度関係するか・・・ライフスタイル要因寄与比例をMokdadらがその報告を行った(JAMA 2004;291:1238-45)。

11のヨーロッパ国のコホート研究で、10年フォローアップの全原因死亡の60%が非喫煙、健康ダイエット、規則正しい運動、中等度アルコール摂取を守らないことと関連しているという報告であった(the HALE project. JAMA 2004;292:1433-9)。

これらの研究は比較的高齢者で、男性が主体のものであり、若年、女性での状況は不明であった。

・・・ということで、以下の研究

Combined impact of lifestyle factors on mortality: prospective cohort study in US women
BMJ 2008;337:a1440, doi: 10.1136/bmj.a1440 (Published 16 September 2008)
【参加者】 77 782 women aged 34 to 59 years and free from cardiovascular disease and cancer in 1980.

【主要測定項目】 フォローアップ24年の5つのライフスタイル要因(喫煙、体重過多、中等度から強度身体活動、アルコール軽度~中等度摂取、低食事質スコア)に関する死亡相対リスク

【結果】8882の死亡(心血管疾患 1790、がん 4527)
ライフスタイル要因にて独立して有意に死亡率推定される。

ライフスタイルリスク要因無しと比較して、
癌死亡:3.26 (95% confidence interval 2.45 to 4.34)
心血管死亡:8.17 (4.96 to 13.47)
全原因死亡r:4.31 (3.51 to 5.31)

フォローアップ期間中の死亡の28% (25% to 31%)は喫煙で補正、喫煙・体重増加・身体運動で55% (47% to 62%) 補正される。

加えて、アルコール摂取考慮にてこの推定は補正されない。




年齢標準化全原因、癌、心血管死亡率(24年間)
・喫煙、運動不足(<30分)、質劣性食事、アルコール0もしくは≧15 g/日、肥満(BMI≧25)

by internalmedicine | 2008-09-26 09:37 | 動脈硬化/循環器  

コレステロール低下療法でガンは増えるか?

"Simvastatin and Ezetimibe in Aortic Stenosis (SEAS)”トライアル自体の問題より、脂質低下治療と“がん”の関係に注目が集まるような気がする。日本では“もともなエビデンスとは思えない”J-LIT研究により、スタチンとがんの関連に疑惑があると言い張る人たちがいる。

今回のSEAS研究は、その疑惑をさらに深めることとなったのか?

ランダム化プラセボ対照トライアルで、simvastatin+ezeimibeは、LDL低下にかかわらず、大動脈弁狭窄症進展に影響与えず。冠動脈バイパス手術の必要性の低下を示したが、積極的治療はがん頻度増加とも関連した

Intensive Lipid Lowering with Simvastatin and Ezetimibe in Aortic Stenosis
N Engl J Med. Vol. 359:1343-1356 Sep. 25, 2008 Number 13
【方法】 ランダム化二重盲検トライアルで1873名の軽症から中等症、無症状大動脈弁狭窄症。simvastatin 40mg+ezetimibe 10mg or プラセボ。

プライマリアウトカム : a composite of major cardiovascular events, including death from cardiovascular causes, aortic-valve replacement, nonfatal myocardial infarction, hospitalization for unstable angina pectoris, heart failure, coronary-artery bypass grafting, percutaneous coronary intervention, and nonhemorrhagic stroke.
セカンダリアウトカム: events related to aortic-valve stenosis and ischemic cardiovascular events


【結果】フォローアップ52.5か月間において、プライマリアウトカム:simvastatin+ezetimibe群 333名(35.3%) vs プラセボ群 355名(38.2%)
(hazard ratio in the simvastatin–ezetimibe group, 0.96; 95% confidence interval [CI], 0.83 to 1.12; P=0.59)

大動脈弁置換施行:simvastatin+ezetimibe群 267 名 (28.3%) vs  278 名 (29.9%) (hazard ratio, 1.00; 95% CI, 0.84 to 1.18; P=0.97)

虚血性心血管イベント:simvastatin-ezetimibe群(148名)はプラセボ群(187名)より少ない(hazard ratio, 0.78; 95% CI, 0.63 to 0.97; P=0.02)
・・・おもにCABGを受けた事例が少ないためと思われる

がん発生がsimvastatin-ezetimibe群で多い(105 vs. 70, P=0.01)



Analyses of Cancer Data from Three Ezetimibe Trials
N Engl J Med Vol. 359:1357-1366 Sep 25, 2008 Number 13


SEAS トライアルにて、種類を問わない場合の新規がんの増加を認めた
(active-treatment 101名 vs. 対照群 65名)

SHARP + IMPROVE-ITを組み合わせた場合、がんの超過発生はなかった(313 active-treatment vs. 326 control; risk ratio, 0.96; 95% 信頼区間, 0.82 ~ 1.12; P=0.61) 。そして、個々の特異的部位においても有意差がなかった。

・Study of Heart and Renal Protection (SHARP) (NCT00125593 [ClinicalTrials.gov] )
・Improved Reduction of Outcomes: Vytorin Efficacy International Trial (IMPROVE-IT) (NCT00202878 [ClinicalTrials.gov] )

ezetimibe割り当て患者において、有意ではないが、がん死亡増加r(97, vs. 72 in the control group; P=0.07)あり。しかし、他のがんでも少数のため有意なほどでない(216, vs. 254 in the control group; P=0.08)
がんの頻度・がん死のリスクに関して、フォローアップ期間中のリスク比の一定の傾向のエビデンスはない。


a0007242_1053214.jpg


結局、疑惑は疑惑のまま・・・?

by internalmedicine | 2008-09-25 10:37 | 動脈硬化/循環器