<   2010年 10月 ( 110 )   > この月の画像一覧

 

小3生以下にピロリ菌検診・・・治療まで考慮してなされているのだろうか?

新聞記事なので文字通りではないと信じるし、大学病院の治験で、倫理委員会などパスしているはずで、現場はちゃんとしてるとはおもうが、この記事通りだと、陽性例への対応、特に、多くが保険適応と思えない除菌治療につながるので、その後が心配になる。
子供の除菌に関する日本でのデータは不足している。下痢などの頻度の多い副事象、生じれば重篤な偽膜性大腸炎など・・・の治療にかかわる問題点など十分説明されている・・・この辺の倫理的問題をどのように処理しているのだろうか?
適応外除菌に関しては保険適応外であり、除菌治療に関わる診察料・薬剤料など、それだけでなく、これによって生じた副作用の治療コスト、偽膜性腸炎などは入院を必要とすることもあり、それまで、保険適応外となるとおもう。コストは治験機関が支払うのだろうか?
かなりのコストのかかる治験と思うが・・・利益相反などはどうなっているのだろう。まさか、保険適応にするつもりではないだろうけど・・・

この記事非常に気になる
http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/0003568617.shtml

胃がん撲滅へ、小3生以下にピロリ菌検診 篠山市 
 篠山市と兵庫医科大ささやま医療センターは29日、胃がんを発症させやすくする細菌「ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)」の感染経路を解明するため、市内の小学生、幼稚園児らを対象に検診すると発表した。篠山市と同大など3大学による連携事業で、自治体単位でのピロリ菌検診は全国初。胃がん撲滅を目指すという。


 ピロリ菌は5歳以下で感染することが多く、将来的に胃かいようや胃炎などになる恐れがある。また、胃がん患者の約95%が感染しているといい、原因菌になっているとの指摘もある。

 しかし、自覚症状がなく、定期検診などの対象にもなっておらず、感染のメカニズムや経路などは解明できていない。このため、兵庫医科大と愛知医科大(愛知県)、杏林大(東京都)の3大学が感染源の特定に向け、本年度から研究をスタート。篠山市に協力を求めた。

 検診は11月下旬、市内の16校園に通う小学3年生以下の児童ら約1300人のうち希望者を対象に実施。その後、保護者らの一部も検診し、ピロリ菌の型などを調べて感染ルートを追跡する。感染が確認された場合、除菌治療を勧め、医療機関を紹介するという。

 1年後に同じ児童らを再検診し、状態の変化などを調査する。兵庫医科大ささやま医療センターの福田能啓病院長は「感染のメカニズムを解明するとともに、篠山市をピロリ菌ゼロ、将来的には胃がんゼロのまちにしたい」と話した。

 2012年3月に一連の研究結果を発表する予定。

(上田勇紀)


現在のH.pylori除菌保険適応:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症
http://medical.taishotoyama.co.jp/data/tenp/htm/cl2/tenpu.htm

医療知識に乏しい事業所、ほとんどものを考えない検診・検査機関が、ピロリ菌検査を薦めている場合がある。問題は、検査時のコストや危険性ではないのである。陽性時の対処法が問題なのである。
この記事の場合、特に、子供が対象であり、上記保険適応基準を満たすとは思えない。

繰り返すが、大学病院知見なので、検査だけでなく、治療に関するインフォームド・コンセントなされているとは思うが・・・

記事から見れば、”医療機関を紹介する”というのは、なんだか投げやりに見える対応にも思えるので、倫理的方法は必要十分になされるか気になる。

by internalmedicine | 2010-10-31 16:56 | 消化器  

日本ではどうなってんだろう?リピトール リコール問題



気になるのが、”third-party bottle manufacturer”へも供給されているということ


http://online.wsj.com/article/SB10001424052702303284604575582361033830540.html?mod=googlenews_wsj

by internalmedicine | 2010-10-30 09:52 | 動脈硬化/循環器  

VYTELD研究: ゼチーア上乗せLDL減少効果

ゼチーア:ezetimibe(エゼチミブ)に関して、臨床的アウトカムの報告少ない。この上乗せ効果報告だって、臨床的アウトカムではないわけで・・・

一応、LDLなどの検査値は改善しているようだが・・・

Safety and Efficacy of Ezetimibe/Simvastatin Combination Versus Atorvastatin Alone in Adults ≥65 Years of Age With Hypercholesterolemia and With or at Moderately High/High Risk for Coronary Heart Disease (the VYTELD Study)
American Journal of Cardiology
Volume 106, Issue 9 , Pages 1255-1263, 1 November 2010


冠動脈性心疾患死亡の80%超は65歳以上。ガイドラインでは、LDLコレステロールは目標はこれらリスク状態を対照としている。ただ、高齢者におけるLDL低下戦略の臨床研究が少ない。

多施設、12週間、二重盲検、平行群トライアルにて、ezetimibe/simvastatin (10/20 mg) versus atorvastatin 10 or 20 mg を開始量として、次期投与量をezetimibe/simvastatin (10/40 mg) versus atorvastatin 40 mgを1289名の65歳以上の高コレステロール血症患者(心血管疾患有無を問わない)
ezetimibe/simvastatin割り付け群はLDLコレステロール減少比率が多い
(−54.2% for 10/20 mg vs −39.5% and −46.6% for atorvastatin 10 and 20 mg, respectively; −59.1% for 10/40 mg vs −50.8% for atorvastatin 40 mg; p <0.001 for all comparisons)
atorvastatin投与群に比較して、有意に、LDLコレステロール <70 mg/dl、<100mg/dl患者比率増加した (51.3% for 10/20 mg, 68.2% for 10/40 mg、83.6% for 10/20 mg; 90.3% for 10/40 mg) (p <0.05 to <0.001).

高リスク患者における、LDL<70 比率は ezetimibe/simvastatin 10/20 mg (54.3%) versus atorvastatin 10 mg (10.9%, p <0.001) or 20 mg (28.9%, p <0.001) 、ezetimibe/simvastatin 10/40 mg (69.2%) versus atorvastatin 40 mg (38.2%, p <0.001)
そして、中間リスク患者におけるLDL<100比率は有意に大きい(ezetimibe/simvastatin 10/20 mg (82.1%) versus atorvastatin 10 mg (59.3%, p <0.05))

非HDL、総コレステロール、Apo B、リポたんぱく比は atorvastatinより、ezetimibe/simvastatin で改善 (p <0.01 to <0.001)
HDL、TGはばらつき多い

すべての治療は、耐用性良好

by internalmedicine | 2010-10-30 09:37 | 動脈硬化/循環器  

腎臓、肝臓、副腎、膵臓の偶発腫(インシデンタローマ)のガイドライン

”incidentaloma”に関しては、公式のガイドラインはなく、ACR委員会のコンセンサスのみであった。

腎臓、肝臓、副腎、膵臓の偶発腫(インシデンタローマ)のガイドラインが報告された。

Managing Incidental Findings on Abdominal CT: White Paper of the ACR Incidental Findings Committee
Journal of the American College of Radiology Volume 7, Issue 10 , Pages 754-773, October 2010

by internalmedicine | 2010-10-30 08:44 | がん  

米国:中国製毒入りヘパリンの影響未だに

久しぶりに中国製毒入りヘパリン関連の話が再び・・・コンタミしてたようだ。

New Heparin Recall Triggered by Old Contaminant
http://www.medpagetoday.com/PublicHealthPolicy/FDAGeneral/23060



そういえば、
ヘパリン薬害:わたしらは工業製品として許可してるのであって薬剤としては承認してないよ by 中国政府
...ヘパリンの質について米国は関心を向けると、今度はアメリカ国民は適切なコントロールがなされているかを確認する必要があると、国家食品薬品監督管理局(中国のFDA)が述べた中国国家食品薬品監督管理局は、外国のregulatorとともに働くが、...
2008/02/28 14:49:00
って、2年前開き直っていたが・・・・


関連:
中国毒へパリンについてNEJMで報告
...ヘパリンのロットで見つかり、合成OSCSと同様、直接、キニン・カリクレイン経路をヒト血清で活性化し、強力なvasoactive mediatorであるブラディキニンを生成する。加えて、OsCSは、anaphylatoxinsC3a、C5...
2008/04/26 09:53:00

米国ヘパリン薬害:中国産ヘパリンやはり日本にも!・・・ここでもずさんな厚労省の仕事
ヘパリン薬害:わたしらは工業製品として許可してるのであって薬剤としては承認してないよ by 中国政府 2008-02-28 ・・・のあのヘパリン・・・日本にも輸出されてるじゃないの!       ↓ The FDA has id...
2008/04/24 15:17:00


なんだこの馬鹿役人の仕事の遅さは
ヘパリンナトリウム製剤の自主回収(クラスII)について 平成20年3月10日 ↑ なんだこの馬鹿役人の仕事の遅さは ヘパリン薬害:わたしらは工業製品として許可してるのであって薬剤としては承認してないよ by 中国政府 200...
2008/03/10 22:50:00


これみれば、中国って、昔からこの調子・・・日本における毒入り餃子も似たような話だったが・・・

ところで、毒入り中国ヘパリン・・・ほんとに日本に輸入されなかったのだろうか?

中国のための、もみけし日常茶飯事の日本政府の対応は、自民・民主にかかわらない。

by internalmedicine | 2010-10-30 08:27 | くそ役人  

朝日新聞珊瑚事件癌治療版・・・

癌治療第一線一流研究者たちの朝日新聞への抗議文

http://iryohodo.umin.jp/pressrelease20101029.pdf


変わらぬマスコミの性格・・・事件ねつ造体質



H22.11.1追記
極東ブログ:2010.10.31
朝日新聞「臨床試験中のがん治療ワクチン」報道の捏造疑惑

by internalmedicine | 2010-10-29 16:12 | がん  

酒税2倍で、アルコール関連死亡35%減少、交通事故、性病、暴力、犯罪それぞれ減少

アルコール飲料の値段に関わる公衆衛生施策は、アルコール関連疾患や事故率に影響を与える。
酒税を2倍に上げると、アルコール関連死を平均35%減少させ、交通事故死を11%減少させ、STDを6%、暴力を2%、犯罪を1.4%減少させることができる。


Effects of Alcohol Tax and Price Policies on Morbidity and Mortality: A Systematic Review
November 2010, Vol 100, No. 11 | American Journal of Public Health 2270-2278


酒税を上げるべきですね

by internalmedicine | 2010-10-29 14:37 | くそ役人  

大腸がん:”Cologuard sDNA test” :前がん状態のポリープも

Cologuard sDNA test” :便中への前がん・がん性ポリープに現れる細胞内の特異的DNA変化を検知する検査で、直腸結腸がんの85.3%、1cm未満のポリープの63.8%検知可能という話

要するに、DNA methylation testの一つ

stage I-IIIまでは87%、stage IVで逆に69%と低下するところががんの進行の病態生理に合致していて興味ぶかい。

当然ながら、感度は便潜血ベースの検査(FOBT)より感度が高い。いままでの同種の検査と違うのは、小ポリープまで検知できたということで、前がん状態と考慮される状況まで検知可能という話になる。
まだ、preliminary reportのようなので、話はこれからだろうが・・・期待が持てるだろう。

SOURCES: David A. Ahlquist, M.D., professor of medicine, Mayo Clinic, Rochester, Minn.; Durado Brooks, MD, director of colorectal cancer,American Cancer Society; Floriano Marchetti, M.D., assistant professor of clinical surgery, Division of Colon and Rectal Surgery, University of Miami Sylvester Comprehensive Cancer Center; Oct. 28, 2010, presentation, 2010 Special Conference for Colorectal Cancer: Biology, American Association for Cancer Research, Philadelphia


ソース:http://www.webmd.com/colorectal-cancer/news/20101028/new-colon-cancer-screening-test-in-the-works


ビジネスの世界での反響の方が大きいようだが・・・

by internalmedicine | 2010-10-29 09:27 | がん  

米国:診療科毎の医師時給差はほんとは無いらしい

米国の医療制度改革の準備としての、医師給与分析、Wage (earnings-per-hour)、すなわち時給のプライマリ・ケアや他の医師スペシャリティーに関する比較検討。

2004-2005 Community Tracking Studyをベースにしたもの

Leigh JP, et al "Physician wages across specialties: Informing the physician reimbursement debate" Arch Intern Med 2010; 170: 1728-1734.



広範なカテゴリー補正解析にて、給与に関して、外科、内科、小児科サブスペシャリティーでは、他のサブスペシャリティー比較で、48%、35%、45%ほど高かった。
41のスペシャリティー補正解析で、一般外科(給与近似中央値、$85.98)を比較対照とすると、内科・小児科は–$24.36、内科  (–$24.27)、家庭医 –$23.70)、他サブスペシャリティー –$23.44)

給与ランキングは、年齢、人種、性別、地域補正後そのばらつきは明らかでなくなる。


結論から言えば、ほんとは、外科・内科などの診療科毎のばらつきは少なかったことになる。

要するに、外科などはスペシャリティー取得までに年数がかかり、内科・小児科なども同様
結果的に、表面上収入が増加してるに見えるだけらしい。


世の中の表層的批評が巻き起こりそうなデータだが・・・日本でも、真のリスク層別が斟酌された給与体系でなければ、希望診療科ばらつきの補正は不可能だろう。

by internalmedicine | 2010-10-29 08:45 | 医療一般  

三環系抗うつ薬は片頭痛・緊張型頭痛予防に有効で、効果は累積する。ただ、副作用注意

三環系抗うつ薬は、片頭痛予防・筋緊張型頭痛予防にSSRIより有効である。しかし、副作用が多い。その有効性は時間とともに増加する。

Tricyclic antidepressants and headaches: systematic review and meta-analysis
BMJ 341:doi:10.1136/bmj.c5222 (Published 20 October 2010)


Effect of tricyclic antidepressants on burden of headache for tension-type and migraine headaches compared with placebo. Trials of mixed and migraine headaches are combined


Effect of tricyclic antidepressants compared with placebo over time. SMD=standardised mean difference

by internalmedicine | 2010-10-29 08:20 | 中枢神経