<   2010年 11月 ( 115 )   > この月の画像一覧

 

ACE阻害剤+ARB併用:癌リスク増加の可能性

ARBsによるリスク増加が報告されたため、降圧剤による癌リスクが俎上に上がっている。

従来の直接比較メタアナリシス、多層比較(ネットワーク)メタアナリシス、トライアル連続分析を取り扱い
ARBs、ACEi、ベータ遮断剤、CCB、利尿剤などを最低1年フォローしたものを対象

meta-analyses、 multiple comparisons (network) meta-analyses、 trial sequential analyses
Antihypertensive drugs and risk of cancer: network meta-analyses and trial sequential analyses of 324 168 participants from randomised trials
The Lancet Oncology, Early Online Publication, 30 November 2010
doi:10.1016/S1470-2045(10)70260-6


プライマリアウトカムは、癌、癌関連死

70のRCT(148の比較群)、324168名の参加者

ネットワークメタアナリシス(fixed-effect model)において、ARBと癌のリスク差認めず (proportion with cancer 2·04%; odds ratio 1·01, 95% CI 0·93—1·09)、 ACEi (2·03%; 1·00, 0·92—1·09)、 β blockers (1·97%; 0·97, 0·88—1·07), CCBs (2·11%; 1·05, 0·96—1·13)、利尿剤 (2·02%; 1·00, 0·90—1·11)、ほかの対照 (1·95%, 0·97, 0·74—1·24)  vs プラセボ  (2·02%)

ACEi+ARBsの組み合わせでリスク増加 (2·30%, 1·14, 1·02—1·28); しかし、このリスクは random-effects model では明らかでなかった (odds ratio 1·15, 95% CI 0·92—1·38)

癌関連死亡率に関して、 ARBs (death rate 1·33%; odds ratio 1·00, 95% CI 0·87—1·15)、 ACEi (1·25%; 0·95, 0·81—1·10)、 β blockers (1·23%; 0·93, 0·80—1·08)、 CCBs (1·27%; 0·96, 0·82—1·11)、利尿剤 (1·30%; 0·98, 0·84—1·13)、他対照 (1·43%; 1·08, 0·78—1·46)、 ACEi + ARBs (1·45%; 1·10, 0·90—1·32)

メタアナリシス直接比較にて、全降圧剤クラスにおいて同様の結果だったが、例外はACEi+ARB併用両方における癌リスク増加(OR 1·14, 95% CI 1·04—1·24; p=0·004) で、 CCBs (1·06, 1·01—1·12; p=0·02)も癌リスク増加と関連。

しかし、癌関連死亡において有意差認めず

trial sequential analysisに基づく検討では、どのクラスの降圧剤も癌・癌関連死亡の相対リスク5-10%増加させるエビデンスは見いだせなかった。
しかし、ACEi+ARBの組み合わせは、 cumulative Z curveは横断的に連続モニタリング境界であり、少なくとも10%の相対リスク増加を示唆する




この併用療法、キマーゼの重要性とやらを主張して講演しまくってた人たちがいましたが・・・机上の空論の実践は危険性・有害性を含有することをわかってない人たち・・・この人たち、玉にでも、反省することってあるのかしら?・・・次のターゲットは・・・

蛋白尿:ACE阻害剤・ARB併用治療併用 2006-06-28

ARBとACE阻害剤の併用意味無し?:ONTARGETトライアル:不倫同士と表現 2008-04-02

うっ血性心不全:ACE阻害剤+ARB併用 v ACE阻害剤単独 :併用に一部効果 入院に減少効果認める 2010-04-06

by internalmedicine | 2010-11-30 11:35 | 未分類  

国策・後発促進で、薬剤耐性促進の日本の現状

キノロンの作用機序を考えれば、わかることなのに、なぜか、クラビットは従来1日2-3回投与で、Cmax十分でない状況に日本国中を放置していた。諸外国で普通の1日1回投与が高用量投与として認可されたのはつい最近。

だが、後発品促進の裏で、クラビット後発品は高用量投与認可されてない・・・という現実。

これにより、どのようなことが生じているか!

後発品は、”1回100mgを1日2~3回経口投与”のみ認可 vs 先発品は 500mg 1回投与
 ↓
後発品ではMutation Prevention Concentration (MPC) を超えない血液・体内濃度環境に置かれる
 ↓
キノロン全体の共通する耐性メカニズムを促進する環境

すなわち、クラビットの後発認可は、日本中の薬剤耐性を増加させている



ParC変異が出現すると、一気に劇的にすべてのフルオロキノロン系耐性が広がる
Mutant Prevention Concentrations for Single-Step Fluoroquinolone-Resistant Mutants of Wild-Type, Efflux-Positive, or ParC or GyrA Mutation-Containing Streptococcus pneumoniae Isolates
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, October 2004, p. 3954-3958, Vol. 48, No. 10


馬鹿の一つ覚えの後発促進のため、日本人の健康に害をあたえているこの現実

厚労省・財務省・総務省・・・のアホ役人たちのせいで・・・抗生剤耐性を日本中作り上げて、世界にばらまくこの愚作、それを指摘しようとしない、感染症の専門家たち、製薬会社・・・

愚劣きわまりない、薬事の実情


”数字を読まない(SY)、現場をみない(GM)、空気しか読まない(KY)人たち”が作り上げた薬事愚政

by internalmedicine | 2010-11-30 10:41 | くそ役人  

若返り:マウスで可能と・・・

至る所で、報道されているから、日本でも報道されるだろう・・・
http://abcnews.go.com/Health/Alzheimers/aging-reversed-mice/story?id=12269125


http://www.cbsnews.com/8301-504763_162-20024046-10391704.html


Researchers at Harvard-affiliated medical centers genetically manipulated mice to age faster, and then used gene therapy to lengthen telomeres -- compounds found at the ends of strands of DNA -- which reversed age-related problems such as decreased brain function and infertility.
・・・・
Researchers boosted telomerase in the mice cells -- which hold 20 pairs of chromosomes -- to prevent telomeres from getting shorter. They found restoring the enzyme not only stopped aging but revived failing organs and even restored dark fur to mice who had turned grey. DePinho said the mice that were equivalent to ages 80 to 90 in human years returned to the equivalent of middle age.


Ronald DiPinho ( Dana-Farber Cancer Institute、 Harvard Medical School )博士と共著者たちは、Natureに報告。

テロメア長復活のお話で80-90歳を中年にまで戻すことも可能?

Telomerase reverses ageing process
Published online 28 November 2010 | Nature | doi:10.1038/news.2010.635
http://www.nature.com/news/2010/101128/full/news.2010.635.html




ホントなら、 ヒトへの応用も間近、不老の技術ということになる。

ずーと、仕事せざるえなくなるのか?年金制度は支払うときがなくなるから解決w、でも、葬儀屋も仕事が少なくなり、大変だなぁ・・・ 人口増えっぱなしで、ヒトの淘汰が無くなる。

by internalmedicine | 2010-11-30 08:41 | 加齢  

衛生仮説:トリクロサン高濃度ほど小児のアレルギー疾患増加、成人ではBPAによる免疫系へ影響?

抗菌グッズは無駄だから買うな・・・アメリカ医師会は使用注意を喚起 2004-03-03

・・・というのが、以前報告であったが・・・これと矛盾する形で、トリクロサンに関しては・・・

細菌の活動を抑える目的で抗菌商品に含まれる「トリクロサン」などの化学物質について、「耐性を持つ細菌を生み出す恐れがある」と警告、安易な利用を戒めている。
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=07/08/17/0935218


1%トリクロサン製剤のMRSAに対する効果は4%クロルヘキシジングルコン酸塩製剤よりも優れているとする報告もある
http://www.yoshida-pharm.com/text/05/5_4_3.html


トリクロサンの有効性に関して疑問がもたれている報告もあったと思うが、流れとしては、トリスタンの環境やヒトへの影響に関心がもたれている
http://www.fda.gov/forconsumers/consumerupdates/ucm205999.htm

トリクロサンを含む抗菌石けんの過剰暴露により、アレルギーが多く、成人ではbisphoenol A(BPA)の高暴露により免疫系にネガティブな影響があるのではないかと・・・University of Michigan School of Public Healthの新しい研究。

トリクロサンは、抗菌石けん・歯磨き・ペン・おしめ、医療用のものなど広く用いられている。BPAは、プラスティックに含まれ、食品の缶などにも用いられる。両方とも、endocrine-disrupting compounds (EDCs)とされるが、ホルモン類似・ホルモンに影響を与えるものとされる。
2003-2006年National Health and Nutrition Examination Surveyにより、尿中BPAとトリクロサンとCMV抗体値、アレルギー、花粉症診断を比較検討、アレルギ・花粉症とCMVを指標として検討したもの

結果、BPA暴露の多い18歳以上の場合、CMV抗体高く、細胞性免疫経が正しく機能してない可能性がある。
18歳以下では、トリクロサン高濃度ほど、アレルギー・花粉症の診断頻度が高くなる。

従来考えられていたよりも、ホルモン攪乱物質がヒトにリスクを与えるのではないかと・・・

このトリスタンの知見は、若年者において、いわゆる”hygiene hypothesis"を支持するものであり、免疫系発達にとって、微生物暴露が役割を果たすという考えを支持するものであった。


ただ、causal relationshipを確立したわけではなく、あくまでも仮説を支持する傍証のひとつ

情報ソース:http://www.eurekalert.org/pub_releases/2010-11/uom-sst112410.php
(podcast: http://ns.umich.edu/podcast/audio.php?id=1286


衛生仮説についての話題久しぶりだった。

by internalmedicine | 2010-11-29 17:56 | 環境問題  

救急外来受診数と気候

イギリスの気候、イギリスの医療制度のもとの検討なので・・・単なる参考

Modelling the effects of the weather on admissions to UK trauma units: a cross-sectional study
Emerg Med J doi:10.1136/emj.2010.091058


11年間のデータにて、特定の気候条件が、救急受診数と関連することを報告。
Parsonらは、U.K. Meteorological Officeの気候データと、1996年1月1日から2006年12月31日までを検討、気温、日照、降雨、風速、雪、凍雨、霧を含むデータをERの直近の状況で評価
多変量回帰解析にて、小児・成人外傷受診の季節性変動はx2の尤度(P<0.001 、 P=0.016)

・成人では、最高日中気温が5度増加すると、その時間と、日照継続2時間後において、外傷受診は1.8%、1.9%増加する
・子供では、それぞれ、10%、6%増加する
・最小気温5度低下すると、重荷は終夜の厳寒のためだが、その場合、3.2%増加する
・雪の場合、7.9%増加する

子供の場合夏場の外傷受診が多く、戸外での遊びが多いからだろうと想定。成人は季節変動は明らかでなく、むしろ、週末にピークとなる、これは、戸外活動の回数と依存するだろう。

by internalmedicine | 2010-11-29 09:21 | 環境問題  

アルツハイマー病の鍵:EphB2

Reversing EphB2 depletion rescues cognitive functions in Alzheimer model
Nature advance online publication 28 November 2010 | doi:10.1038/nature09635; Received 25 November 2009; Accepted 8 November 2010; Published online 28 November 2010


EphB2は、受容体とともに酵素としての役割をもつ、coolな分子であり、神経伝達物質としてのmaster regulatorであり、記憶障害疾患ではその量が減少する。これが記憶障害疾患発症と関連するなら、治療開発上重要。
実験的にマウスの記憶中枢でのEphB2値を変更する実験により、アルツハイマー型認知症類似症状を呈した。では、EphB2を中和することで、アミロイドタンパクによる記憶障害を修正できるか?
マウスのニューロンのEphB2値を増加することで、ヒトアミロイド蛋白増加をもたらすモデルにおける神経伝達物質減少、記憶障害、行動異常改善をもたらすことが示され。同時に、アミロイド蛋白が直接EphB2と結合し、変性を生じさせていることも発見した。これはアルツハイマー認知症やマウスモデルでのEphB2値減少のメカニズムを説明できるものと考えられた。

by internalmedicine | 2010-11-29 08:48 | 精神・認知  

ノロウィルス・ワクチン

感染性胃腸炎がはやっている。幸い、重症例はまだみてないが・・・例年のごとく・・・

そういえば、ノロウィルス・ワクチンってどうなってたっけ? ・・・毎年の疾患の広がりと影響を見ると、製薬メーカー側からはかなりのビッグビジネスのような気がするのだが・・・

まだ、最初のワクチンですら、pIということで・・・国内メーカーも

初めての臨床トライアルは、LigoCyte Pharmaceuticals, Inc.VLP(dry powder formulation containing virus-like particle)sを構成するドライパウダーで、norovirus capsidの構造を保つ製剤である。 これは、予備的トライアルという状況で まだ phase 1/2という状況で、ボランティア対象で行われた結果が発表されていたようだ。

90名の健康成人(18-50歳)を対象に、二重盲検にて2回3週に分けて投与。2回目投与の3週後、生ノロウィルスを飲まされ、4日間ナーシングユニットに留め置かれる。
ノロウィルス感染症状に対して、47%の軽症例を含む有効性(P=0.006)で、感染に対する効果は26% (P=.046)。研究そのものは、77名が完遂。
ワクチンにより69%-37%まで減少させ、重症度を有意に減少させた (P=.011)と公式に発表。

ソース:プレス・リリース
Positive Results From LigoCyte's Norovirus Vaccine Challenge Study Presented at IDSA Annual Meeting
http://www.prnewswire.com/news-releases/positive-results-from-ligocytes-norovirus-vaccine-challenge-study-presented-at-idsa-annual-meeting-105668228.htm




与党が変わろうと、厚労省あほ役人たちは健在のままなので・・・検査キットは存在するが、健保適応なし・・・自己主張の強い患者さんたちと医療機関の軋轢を最も多く生む可能性のある現状
医師:「感染性腸炎っぽいですね」
患者:「なんの感染ですか?」
医師:「まぁ、ノロウィルス感染がはやってるというし・・・それでしょうね」
患者:「調べなくていいんですか?」
医師:「方法はあるんですが・・・」
患者:「なら、しらべろよ!」
医師:「健保適応外ですし・・・自己負担が発生したり、混合診療とされて・・・馬鹿官僚やますゴミから詐欺のごとくいわれますし・・・、そもそも、診断確定しても特異的治療法もありませんし・・・」
患者:「ごちゃごちゃ言わずに、無料で調べろよ」
医師:「やだ」
患者:「ぷんぷん・・・、患者には知る権利があるだろ、乱診乱療で勝手に診断したと・・・馬鹿役人やますゴミに訴えてやる・・・」
医師:「・・・(また、いつものパターンか・・・)」

こういう、いつもの診療風景が、日本全国各地で、繰り広げられるのである・・・


e.g. クイックナビTM - ノロ 感度・特異度:http://rockymuku.sakura.ne.jp/kannsennsyouka/norouirusuzinnsokusinndannkitto.pdf

by internalmedicine | 2010-11-27 08:45 | 感染症  

遺伝性ドパミントランスポーター欠乏症の臨床的分子学的特性

黒質緻密部 (substantia nigra pars compacta)に主に存在するdopamine transporter (DAT) (SLC6A3) をencodeする遺伝子変異

黒質-線条体神経路を介して、線条体へ投射し、中脳の腹側被蓋野で、側坐核への中脳-皮質辺縁系経路(mesocorticolimbic dopaminergic pathway)から、海馬、ほかのCorticolimbic(辺縁系と旁辺縁系)への投射と関連する。故に、多彩な生理的機能、運動、認知、行動と関連する。このドパミン経路が欠如した場合、複合的な、錐体外路神経疾患を示すこととなる。

infantile parkinsonism-dystonia は、脊髄液のdopamine metabolite増加から見いだされた病態で、SLC6A3 (gene locus 5p15.3)の遺伝子異常と関連する疾患

Clinical and molecular characterisation of hereditary dopamine transporter deficiency syndrome: an observational cohort and experimental study
The Lancet Neurology, Early Online Publication, 26 November 2010
doi:10.1016/S1474-4422(10)70269-6

by internalmedicine | 2010-11-27 07:41 | 運動系  

受動喫煙により、年間60万名が死亡、子供は16万5千名死亡

一般的には、セカンドハンドスモークの影響による死亡数の多さの報道がほとんどだ(http://www.nydailynews.com/news/national/2010/11/26/2010-11-26_secondhand_smoke_kills_600000_people_a_year_study.html)が、全体から見ると、受動喫煙の害は肺がん死より、心臓疾患死の方が影響が大きいと論評している報道(http://www.foodconsumer.org/newsite/Non-food/Lifestyle/passive_smoking_heart_disease_lung_cancer_2711100555.html)もある。


Worldwide burden of disease from exposure to second-hand smoke: a retrospective analysis of data from 192 countries
The Lancet, Early Online Publication, 26 November 2010
doi:10.1016/S0140-6736(10)61388-8Cite or Link Using DOI

受動喫煙による死亡数は世界で60.3万名、うち、子供の死亡者数は16万5千

2004年において
・世界の子供の44%が受動喫煙暴露
・非喫煙男性の33%が受動喫煙暴露
・非喫煙女性の35%が受動喫煙暴露

・受動喫煙により、16.5万人が下気道感染死亡、37.9万人虚血性卒中死、ぜんそく死が3.69万名、肺がん死が2.14万名

・受動喫煙により、60.3万名が早死に

・受動喫煙による死亡の約半数(47%)は成人女性、26%が成人男性、28%が子供

1千90万年分の健康喪失で、年あたり、DALYs burdenの0.7%で、DALYの61%が子供の分
解説:DALYs = Disability Adjusted Life Years.
早死にのための生存期待分喪失年数であり、身体不自由のための生産年数分を加味されたもの


a0007242_158557.jpg


2004年での、受動喫煙による疾患の大きさとしては、5歳未満の子供の539万9千の下気道感染症、成人の283万6千の虚血性心疾患、124万6千のぜんそく

by internalmedicine | 2010-11-26 14:42 | 喫煙禁煙  

小児メタボの亡霊

メタボが国の施策としてねこもしゃくしもメタボ・・・と行ってた頃、”小児メタボ”の存在意義について質問したところ、自称研究者に、暴言とともに、質問をすること自体に叱責されたことがある。”メタボ”というのは、日本のえせ研究者たちの脳みそにもしみこんでいる。

ほんとに、小児のメタボの意義って存在するの?

当然ながら、小児肥満、高BMI対策は重要であり、糖尿病・高血圧などとともに若年的にこのような代謝異常は大きな影響を与えるというのは当然の考え

だが、成人メタボからそのまま直訳した形のメタボって子供に通用するのか・・・そういう検討もなしに、科研費狙いだけで、小児メタボ前提で話を進めるのは、御用・誤用科学者である



Association between general and central adiposity in childhood, and change in these, with cardiovascular risk factors in adolescence: prospective cohort study
BMJ 2010; 341:c6224 doi: 10.1136/bmj.c6224 (Published 25 November 2010)
Cite this as: BMJ 2010; 341:c6224



小児期の、全身性肥満と中心性肥満、これらの変化が思春期における心血管リスク要素のいかに影響をあたえるか
9-12歳の高BMI小児は、高血圧、コレステロール、インスリン値高値である。
思春期までにBMIが高値でなくなった子供は、過体重のままの子供よりリスク特性は良好となるという報告

この報告では、ウェスト経、もしくは、直接測定の脂肪量はBMIより強く、ほかの思春期心血管リスク要素より関連があるということは見いだせなかった。

小児期から思春期において過体重変化した例は正常体重と同様で、小児期減量の重要性が示唆された。
ただ、男の子は、それより中間的影響が残る結果となった。

by internalmedicine | 2010-11-26 09:30 | 糖尿病・肥満