<   2011年 08月 ( 116 )   > この月の画像一覧

 

大うつとBDNF)遺伝子DNAメチル化特性 ・・・ 診断につながると報道

たしかに、採血などで大うつがわかれば、NHKや関連する精神科医から開業医は蔑まられずにすむ。

neuropeptide Y (NPY)、 CRY2 


序文をみると、血中brain-derived neurotrophic factor (BDNF) 値が、大うつのバイオマーカーとなる可能性は言及されていたようだ。さらに、 BDNF geneのプロモーター部位のCpG islands (I and IV) の末梢血genomic DNA解析、CpG unitのメチル化率測定を

結果的には CpG Iのメチル化のみ、うつの臨床診断と一致。

Fuchikami M, Morinobu S, Segawa M, Okamoto Y, Yamawaki S, et al. (2011) DNA Methylation Profiles of the Brain-Derived Neurotrophic Factor (BDNF) Gene as a Potent Diagnostic Biomarker in Major Depression.
PLoS ONE 6(8): e23881. doi:10.1371/journal.pone.0023881

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110831-00000515-san-soci

広島大、鬱病の客観的な「指標」を発見

産経新聞 8月31日(水)8時6分配信
 鬱病(うつびょう)の症状を客観的に診断するための指標となりうる物質を、広島大大学院(広島市)などの共同研究グループが世界で初めて発見したと30日発表した。成果は米科学誌、プロスワン電子版に掲載された。鬱病はこれまで、医師が患者の症状をもとに主観的に診断する方法が主流だが、今回の発見では、血液を調べることで客観的な診断方法の開発に役立つと期待される。

 発見した研究グループの山脇成人(やまわきしげと)教授によると、鬱病の要因は世界で研究されているが、糖尿病診断での血糖値や高血圧診断での血圧値のような客観的な指標は発見されておらず、気持ちの落ち込みや意欲の低下などの症状から、医師が判断するしかなかったという。

 山脇教授らは脳内に多く存在するタンパク質である「脳由来神経栄養因子(BDNF)」をつくる遺伝子に着目。未治療の鬱病患者20人と、鬱病でない18人の血液を採取して解析したところ、この遺伝子の中で起きる「メチル化」と呼ばれる化学反応をみると、鬱病患者にだけ特有のパターンが見つかった。過度のストレスが異常なメチル化を引き起こした可能性があるとみられる。

 BDNFは神経細胞の成長に不可欠な栄養素の物質で、これまでも動物実験などで鬱病と深い関係があることを示す研究データはあったが、BDNFの血液中の濃度に関する研究では関連が証明されていなかった。今回の手法が実用化できれば、費用は1万5千円程度で、2日間で結果が出るという。

 山脇教授らは「さらにデータを集め、抗鬱薬の投与や病状の変化と、メチル化の程度の変化の関連性などを調べて、鬱病の客観的な診断方法を確立したい」としている。


Lavebratt C, Sjöholm LK, Soronen P, Paunio T, Vawter MP, et al. (2010) CRY2 Is Associated with Depression.
PLoS ONE 5(2): e9407. doi:10.1371/journal.pone.0009407

by internalmedicine | 2011-08-31 19:43 | 精神・認知  

自殺法 性差

自殺法の性差をオハイオ州、Summit Countyでの10年間の自殺、621名の検討
女性は自殺で銃による頭部への損傷を伴う方法を選ばないとのこと

Callanan VJ & Davis MS (2011). Gender and suicide method: do women avoid facial disfiguration? Sex Roles DOI 10.1007/s11199-011-0043-0


二次ソース:
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-08/s-smd083011.php

http://www.sciencedaily.com/releases/2011/08/110830091107.htm


Gender differences in suicide methods.
Soc Psychiatry Psychiatr Epidemiol. 2011 May 22.
女性に比べ、男性は既婚者が多く、自宅での自殺が多い
未婚男性は既婚男性より首吊り(縊頸)が多く、未婚女性は既婚女性より首つりは少ない。
うつ既往男性は首つりが多いが、女性ではうつ既往なしの女性に比べうつの女性では首つりは半数。
薬物依存既往男性は既往のない男性より服毒自殺が多い。しかし、女性では薬物依存既往は、薬物自殺に影響を与えない。
両性とも、服薬自殺オッズは向精神薬服用者に多い。

by internalmedicine | 2011-08-31 17:23 | 精神・認知  

ESC :ACE阻害剤+ARBは心サイズ減少し、エピソード減少する???

"Effectiveness of angiotensin II receptor antagonist, angiotensin-converting-enzyme inhibitor or both in patients with hypertension, type 2 diabetes mellitus and episodes of atrial fibrillation"
Vatinian S, et al
ESC 2011; Abstract 1058.
http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/ESCCongress/28252


valsartan (Diovan) + perindopril (Coversyl, Aceon)は、有意に高血圧+心房細動患者の心臓サイズを減少させるという

単剤なら約25%で生じる心房細動は、併用群では12.9%  (P<0.001)



ONTARGETなど併用否定的報告(ARBとACE阻害剤の併用意味無し?:ONTARGETトライアル:不倫同士と表現 2008年 04月 02日)が続いていたが、久しぶりの併用効果・・・肯定報告

心房細動のupstream治療って怪しいぞと聞いていたのだが・・・心房細動に関して、併用のupstream治療ってのは有り得る話なのだろうか?

そもそも、上記報告は、バルサルタン80mg 男性 16名、女性 15名 、ペリンドプリル 男性 14名、女性 17名女性、 併用 男性 17名、女性 14名で12ヶ月トライアル

バルサルタン 収縮期 32.2、拡張期 21.6 mmHg低下
ペリンドプリル 収縮期 30.1、拡張期 23.3 mmHg低下
併用では、収縮期 34.8、24.6mmHg

左房はバルサルタンで 48.4%、ペリンドプリル 45.2%、併用 51.3%(P<0.001)

左室mass indexはそれぞれ 54.8%、58.1%、71%減少(P<0.001)

心房細動エピソードは、22.6%、ペリンドプリル 25.8%、12.9%(P<0.05)


この治験、どの薬剤も異常に降圧効果高く、笑った。

by internalmedicine | 2011-08-31 16:07 | 動脈硬化/循環器  

CORPトライアル: コルヒチン 再発性心膜炎予防トライアル

10-50%が心膜炎を再発し、需要な問題である。
コルヒチンによる再発予防に関するランダム化研究

Colchicine for Recurrent Pericarditis (CORP)
A Randomized Trial
Ann Int. Med. First published August 28, 2011 on annals.org.


コルヒチン 1.0-2.0mg初日→ 0.5-1.0mg/日 6ヶ月維持
18ヶ月目の再発率をプライマリアウトカムとする




Kaplan–Meier recurrence-free survival rates, by study group.

by internalmedicine | 2011-08-31 15:32 | 動脈硬化/循環器  

FDA承認: 非小細胞肺癌:ALK異常患者へのcritzotinib

crizotinib (XALKORI Capsules, Pfizer Inc.) が非小細胞肺癌患者で、abnormal anaplastic lymphoma kinase(ALK)を有する患者の治療に用いることがFDA承認された。
ALK遺伝子産物をブロックする薬剤で、Abbott Lab.開発の商品名Vysis Break Apart FISH Probe Kitでの診断患者に対し承認された。

NCIによると、NSCLCの約2-7%のケース

小規模pIトライアルデータNEJMで発表されている
Crizotinib in ALK-Rearranged Inflammatory Myofibroblastic Tumor
N Engl J Med 2010; 363:1727-1733 October 28, 2010


2010年ASCOで、Shawらは標準治療及びEGF阻害剤不応性患者への効果を報告


Crizotinib
http://www.fda.gov/AboutFDA/CentersOffices/CDER/ucm270058.htm

FDA approves Xalkori with companion diagnostic for a type of late-stage lung cancer
Second targeted therapy approved with a test this year
http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm269856.htm

by internalmedicine | 2011-08-31 09:14 | がん  

高齢者:血中カテプシンS濃度は死亡率、心血管死と相関

Association Between Serum Cathepsin S and Mortality in Older Adults
JAMA. Published online August 29, 2011. doi: 10.1001/jama.2011.1246

2つの地域ベースコホート(Uppsala Longitudinal Study of Adult Men (ULSAM; n = 1009; 平均年齢: 71 歳; baseline period: 1991-1995; median follow-up: 12.6 years; end of follow-up: 2006) )の100人年3.59死亡の413名と、Prospective Investigation of the Vasculature in Uppsala Seniors (PIVUS; n = 987; 50% 女性; 平均年齢: 70 歳; baseline period: 2001-2004; median follow-up: 7.9 years; end of follow-up: 2010)の100人年1.32死亡リスク

年齢、収縮期血圧、糖尿病、喫煙状態、BMI、総コレステロール、HDLコレステロール、高血圧治療、脂質効果治療、心血管疾患既往リスク補正多変量Cox回帰解析にて、血中カテプシンSは死亡リスク増加と相関
・ ULSAM cohort: hazard ratio [HR] for 1-unit increase of cathepsin S, 1.04 [95% CI, 1.01-1.06], P = .009
・ PIVUS cohort: HR for 1-unit increase of cathepsin S, 1.03 [95% CI, 1.00-1.07], P = .04)

ULSAMコホートにて、血中カテプシンSは心血管死亡と相関(131 deaths; HR for quintile 5 vs quintiles 1-4, 1.62 [95% CI, 1.11-2.37]; P = .01) し、癌死亡率と相関する(148 deaths; HR for 1-unit increase of cathepsin S, 1.05 [95% CI, 1.01-1.10]; P = .01)。



Cathepsin S(カテプシンS) は、システインプロテアーゼであり、HMC II抗原1に含まれ、細胞内・外のproteolysis(蛋白質加水分解)に関わる。さらに、カテプシンS活性は細胞内の濃度を内因性阻害剤であるcystatin Cにより調整されている。ただ、カテプシン濃度に影響を与えル要素に関するデータは不足しており、肥満と関連して増加の報告や体重減少とともにカテプシン濃度減少などの報告がある。
さらに、カテプシンS濃度は炎症性活動と相関するとの報告もある。
カテプシンS活性は心血管疾患に対し動脈硬化性プラークの促進そしてプラークの不安定化と関連するという実験報告もある。
さらに、癌細胞migration、腫瘍血管新生などへの刺激を与え、癌発症と関連するとも考えられている。

by internalmedicine | 2011-08-31 08:47 | 動脈硬化/循環器  

血行動態安定状態急性心筋梗塞への冠動脈形成術時の大動脈内バルーン誘導搏動法(IABC)

心原性ショック無しの冠動脈形成術(PCI) 時の大動脈内バルーン誘導搏動法(IABC:intra‐aortic balloon counterpulsation)をルーチン使用し、心筋梗塞サイズ減少が図れるか?

心筋梗塞サイズに関しても改善に関して有意差示せず、死亡イベントに関しても有意差示せず

ONLINE FIRST
Intra-aortic Balloon Counterpulsation and Infarct Size in Patients With Acute Anterior Myocardial Infarction Without Shock
The CRISP AMI Randomized Trial
JAMA. Published online August 29, 2011. doi: 10.1001/jama.2011.1280


MRI所見


0-18日の死亡イベント率



Intra-aortic Balloon Counterpulsation
http://emedicine.medscape.com/article/1847715-overview

心筋酸素バランス改善を目的として、収縮期のunloadingと拡張期のaugmentationをコンセプトとした方法で、1962年クリーブランドクリニックで最初に報告。心電図モニターR波を用いてbaloon inflation時を設定する方法が最初。心原性ショック時IABP補助下での血行動態安定、ショック改善報告が1971年、Krakauerらの報告があった。
Kantrowitzらの記載がオリジナルで、心サイクルに応じて拡張期血圧を増加させ、冠動脈潅流を改善させる試み。

by internalmedicine | 2011-08-31 08:25 | 動脈硬化/循環器  

クリアライン®InfluenzaA/B/(H1N1)2009 :インフルエンザ同時 A・B・H1N1

一度の検査でA型インフルエンザおよびB型インフルエンザに加え、インフルエンザ(H1N1)2009の検出が可能です

インフルエンザ診断薬「クリアライン®InfluenzaA/B/(H1N1)2009」
http://www.meiji-seika-pharma.co.jp/pressrelease/2011/detail/110722_01.html


2009年の検査でなく、H1N12009の検査までできるということ

by internalmedicine | 2011-08-30 22:25 | 感染症  

アメリカ・カナダ小児科学会: 小児・思春期でのボクシング競技廃止推奨 医師たちも廃止に協力を

北米では、19才未満で数千名のボクシングを行ってる。
確かに、運動、自己鍛錬、自身創出などベネフィットを有することは確かだが、ボクシングは相手の頭・顔面を如何に上手に殴ることに価値を見出すスポーツである。頭部・顔面・頚部損傷は、慢性、あるいは致命的神経損傷をきたす。脳震盪がボクシング中頻回にみられる。
米国小児科学会やカナダ小児科学会は、頭頚部・顔面損傷リスクゆえ、子供・青少年へのボクシングに関して反対の立場を明確にしている。そして、医師たちは強力に若年者のボクシングに反対することを推奨し、意図的頭部打撲を含むスポーツ全般に対してスポーツの中心としないよう、推奨している。

FROM THE AMERICAN ACADEMY OF PEDIATRICS
Policy Statement—Boxing Participation by Children and Adolescents
Pediatrics Published online August 28, 2011 (doi: 10.1542/peds.2011-1165)(PDF)


新聞解説記事
BOOSTER SHOTS: ODDITIES, MUSINGS AND NEWS FROM THE HEALTH WORLD
Boxing KO'd by doctors as too risky for kids' and teens' brains
http://www.latimes.com/health/boostershots/la-heb-boxing-youth-children-pediatrics-20110829,0,6816738.story




1997年の米国小児科学会推奨
The American Academy of Pediatrics recommends that pediatricians:

・ Vigorously oppose boxing as a sport for any child, adolescent, or young adult;

・ Educate "at risk" patients about the medical risks of boxing and provide information that supports the Academy's opposition to the sport; and

・Encourage young athletes to participate in sports in which intentional head injury is not the primary objective.


American Academy of Pediatrics:
Participation in Boxing by Children, Adolescents, and Young Adults
Committee on Sports Medicine and Fitness
PEDIATRICS Vol. 99 No. 1 January 1997, pp. 134-135



King-Devick 検査:ボクシング・格闘技関連頭部外傷・脳しんとう検査の妥当性
...ボクシングのような反復頭部外傷による認知機能、軸性障害など・・・遅発性明らかに ...格闘技を高校生にまで拡大してあおる始末。 K-1甲子園:危険性への配慮が足りなさすぎる  2008-09-03 フットボールでも、この影響は確認されつつ... 2011/05/02
http://intmed.exblog.jp/12507173/


AAN: スポーツ脳しんとう疑い・既往時はスポーツ参加禁止、復帰時は事前訓練された医師の許可必要
...ボクシングのような反復頭部外傷による認知機能、軸性障害など・・・遅発性明らかに  2010-09-24 K-1甲子園:危険性への配慮が足りなさすぎる 2008-09-03 文明国ではボクシングは追放されなければならない 200... 2010/11/02
http://intmed.exblog.jp/11510432/


フットボールにもボクシングのような反復頭部外傷による認知機能、軸性障害など・・・遅発性明らかに
...ボクシングという競技の危険性を、繰り返し書き込んできた。 → 参考へ にもかかわらず、テレビ業界など無頓着で、より危険性の高い格闘技を高校生にまで拡大してあおる始末。 K-1甲子園:危険性への配慮が足りなさすぎる  2008-... 2010/09/24
http://intmed.exblog.jp/11325950/


K-1甲子園:危険性への配慮が足りなさすぎる
...ボクシング練習で脳機能障害 道教委(09/03  二〇〇四年三月、道立石狩翔陽高校のボクシング部員で当時一年生だった女子生徒が練習試合中に意識を失って障害を負った事故があり、道教委は「顧問教諭が安全に対する注意義務を怠った」... 2008/09/03
http://intmed.exblog.jp/7453338/

文明国ではボクシングは追放されなければならない
...ボクシング界へのジャブであり、まだノックアウトパンチではなかったのだ。 アメリカ医学会(AMA)とほかの医学学会は一斉に中止を要求している。オリンピック委員会でさえ再調査している。なぜボクシングが悪いのか?医学的に悪いのは、殺人を生じ... 2005/08/23
http://intmed.exblog.jp/2193952/


ボクシング:アマチュアでも脳障害を生じる!
...ボクシングに恨みがあるわけではないが・・・ボクシングの頭部への悪影響は確定的となっている。実際の臨床的側面でどれほどの影響なのかはもうすこし解明が必要だろう。しかし、慢性的な損傷の存在が明らかになっている以上、業界は対策が必要。 プロ... 2008/04/15
http://intmed.exblog.jp/7009236/


動物の攻撃性はreward systemの強化により形成され、ドパミンが関与している
...ボクシングやフットボールのような乱暴なスポーツを好むことを説明した研究。(Vanderbilt Peabody Collge) ”攻撃性”は、全ての脊椎動物で起こり、配偶者、テリトリー、食物のような重要なものを獲得するために働く。 ... 2008/03/12
http://intmed.exblog.jp/6890473/


アマチュア・ボクシングによる慢性外傷性脳損傷の存在:否定的論文なのだが・・・
ボクシングの話は・・・ 文明国ではボクシングは追放されなければならない(2005年08月23日) ヘッドギアしてもボクシングは頭に悪い (2006年09月12日) ・・・と記載してきた。 BMJでは、アマチュアボ... 2007/10/05
http://intmed.exblog.jp/6265674/


パーキンソン病:頭部外傷・農薬
...ボクシングなどのスポーツで2.5倍のリスク Dick F et al. "Environmental risk factors for Parkinson's disease and parkinsonism: the... 2007/05/31
http://intmed.exblog.jp/5669037/


ヘッドギアしてもボクシングは頭に悪い
...ボクシングに恨みはないのだが・・・このスポーツに対しては、かなり風向きはわるい。 文明国ではボクシングは追放されなければならない(http://intmed.exblog.jp/2193952/)という主張をみていただくとわかるのだが... 2006/09/12
http://intmed.exblog.jp/4268702/


Interest Policy
...ボクシングの話を見聞きして改めて思う。 「空になっていたチャンピオン決定戦の興行権をあるジムがWB*から買い取り、審判やジャッジの人選などすべての決定権までも報酬を支払うジム側にあり、そのジムに属する選手は最初から絶対的に有利な立場」... 2006/08/08
http://intmed.exblog.jp/4090627//

by internalmedicine | 2011-08-30 15:12 | メディア問題  

睡眠障害と高血圧:徐波睡眠減少が主因! 睡眠時間・睡眠分断・睡眠呼吸障害は脇役?


Decreased Slow Wave Sleep Increases Risk of Developing Hypertension in Elderly Men
Maple M. Fung et. al.
the Osteoporotic Fractures in Men Research Group
HYPERTENSIONAHA.111.174409 Published online before print August 29, 2011, doi: 10.1161/​HYPERTENSIONAHA.111.174409

睡眠と心血管の関連の重要性は増加し、睡眠呼吸障害 sleep-disordered breathing 、睡眠時間、睡眠の中身が代謝や神経ホルモン系に関して影響を与えている可能性があるが、高血圧発症を同時性に睡眠特性とともに評価した報告はなかったという筆者ら。
65歳以上の高齢者(75.1±4.9)、784の地域居住、自宅PSGにて高血圧を有さない研究( Outcomes of Sleep Disorders in Older Men Study)対象者たち
2003–2005から2007–2009で、784名の高齢者のうち243名が平均 3.4年フォローアップで高血圧のクライテリア
非補正解析にて、高血圧発症は、低酸素血症、睡眠ステージN1、N2の増加、N3(徐波睡眠:SWS)の減少
年齢、非白人、研究場所、BMI補正後、高血圧発症はSWS比率と相関 (最小v最大4分位 比SWS: 1.83 [95% CI: 1.18 to 2.85])

この相関に関して、睡眠時間、睡眠分断化、睡眠呼吸障害頻度補正後も減衰認めず

SWSの比率と高血圧発症には、逆相関が見られ、それは、睡眠時間や分断化、睡眠呼吸障害と独立した要素である。SWSの減少が高齢者高血圧と関連する主な原因と現時点では考えられる。



テレビなんかで、7時間ほどの睡眠が適切とか・・・配慮なく放送されると、高齢者などは7時間睡眠をとらないといけないと思い、強迫的になり、それが睡眠障害の訴えとなり、無用な睡眠薬処方など出され、睡眠薬による筋力低下に基づく転倒・転落事故、せん妄などの悪化を生じる・・・など悪影響を観察することがある。

高血圧と関連するのは、原因なのか結果なのかは不明だが、睡眠時間そのものでなく、睡眠の質の問題であることが明らかになった。

by internalmedicine | 2011-08-30 14:33 | 医療一般