<   2011年 11月 ( 131 )   > この月の画像一覧

 

リピトール・ジェネリック出現 米国・日本でも・・・ ;スタチンはリピトール後発だけで事足りるのでは?

ジェネリック使用が一般的になってきた。いろいろ不満は大きいが、これは国策。
ジェネリックに対する疑念がぬぐえないエピソードを多く経験する。疑念に対するジェネリック専門メーカーの努力は、現場から見れば皆無で、たとえば、薬剤成分に関する説明など問い合わせてみるとよく分かる。対応する気が無いのだ。


”アリセプト”、”リピトール”にも後発品登場ということで、世の中もうるさくなることだろう。


”リピトール 薬価”あたりでgoogle検索すると、” リピトールは対費用効果がすぐれているが・・・それにくらべ後発品の値段に疑問 2004年 03月 18日 ”が上位でヒットされるようだ。
リピトール v 以前のスタチン とは、LDL低下など主作用圧倒的に違うため、ジェネリックが出ても、影響は与えなかったと思う。だが、今回は違うと思う。

米国でも、リピトール(Liptor)ジェネリックに関する関心が高いようだ。

Facing Generic Lipitor Rivals, Pfizer Battles to Protect Its Cash Cow
By DUFF WILSON
The New York Times; Published: November 29, 2011

米国では40%程度の減少と推定しているようだ。 brand loyalty 消失後、6ヶ月後以降、さらに薬剤価格が下がることになる。→ 日本の後発品薬価は高すぎる。
”米国ファイザー”は個別被保険者に限られるが、$4 co-paymentと直接配達を行うという戦略らしい



SATURN試験のNEJM論文序文に、アトルバスタチン(商品名:リピトール)とロスバスタチン(商品名:クレストール)はともにLDL降下降下としては最も強力なスタチン系薬剤で、アトルバスタチンは50%ほど、ロスバスタチンは50%超低下させる薬剤と書かれている。

リピトール錠5mg錠67.1-アステラス
アトルバスタチン錠5mg「EE」錠47後発エルメッド
アトルバスタチン錠5mg「KN」錠47後発小林化工
アトルバスタチン錠5mg「サワイ」錠47後発沢井
アトルバスタチン錠5mg「サンド」錠47後発サンド
アトルバスタチン錠5mg「トーワ」錠47後発東和

リピトール錠10mg錠128-アステラス
アトルバスタチン錠10mg「EE」錠89.6後発エルメッド
アトルバスタチン錠10mg「KN」錠89.6後発小林化工
アトルバスタチン錠10mg「サワイ」錠89.6後発沢井
アトルバスタチン錠10mg「サンド」錠89.6後発サンド
アトルバスタチン錠10mg「トーワ」錠89.6後発東和
参照


クレストール錠2.5mg錠76.4-アストラゼネカ
クレストール錠5mg錠148.1-アストラゼネカ
SATURN:最大量なら、クレストールも、リピトールも冠動脈動脈硬化退縮効果は変わらない 2011年 11月 16日

percent atheroma volume(PAV): アトルバスタチン 63.2% v ロスバスタチン 68.5% (P=0.07)
total atheroma volume (TAV): アトルバスタチン 64.7% v ロスバスタチン 71.3% (P=0.02)

・・・となると、あえてクレストールを処方する理由はないのではないか?

すなわち、リピトール後発だけで事足りるのではないか?



アリセプトはもっと単純? でも、剤形で逃げてる?

by internalmedicine | 2011-11-30 15:15 | くそ役人  

Wi-Fi無線で精子運動性低下・DNA分断化促進 ・・・ 不妊症原因に?

ヒト精子運動性を無線インターネット接続laptop4時間 ex vivo暴露し検討したところ、精子の運動性、熱影響無しで精子DNA断片化増加。


Use of laptop computers connected to internet through Wi-Fi decreases human sperm motility and increases sperm DNA fragmentation
journal Fertility and Sterility 23 November 2011



ニュース

abc: Can Wi-Fi Kill Your Sperm? Nov 29, 2011 6:41pm
http://abcnews.go.com/blogs/health/2011/11/29/can-wi-fi-kill-your-sperm/


Reuters: Laptop Wi-Fi said to nuke sperm, but caveats abound
http://www.reuters.com/article/2011/11/28/us-laptop-sperm-idUSTRE7AR2FO20111128


類似:ラップトップコンピュータが男性不妊の原因の可能性 2010年 11月 08
http://intmed.exblog.jp/11538676/

by internalmedicine | 2011-11-30 10:56 | 電子グッズ  

現時点では、人工股関節は新しいものが良いとは言いがたい・・・

人工股関節置換手術において、metal-on-metal あるいは ceramic-on-ceramic hip implantってのが、従来の polyethylene-containing implantに比べて優れているかどうかのシステマティック・レビュー

ポリエチレン・カップにメタル骨頭が従来用いられてきたが、metal-on-metalやceramic-on-ceramic器具についてFDAが問題点に注目。金属イオンの全身への影響、胸痛・息切れ・ニューロパチー・視力・聴力異常・疲労・体重増加・感冒症状・排尿異常などに注目(参照:http://www.medpagetoday.com/Surgery/Orthopedics/24834)。

以下は、当局との共同作業で、Sedrakyan らがシステマティック・レビューを行ったもの

"Comparative assessment of implantable hip devices with different bearing surfaces: systematic appraisal of evidence"
Sedrakyan A, et al
BMJ 2011; DOI: 10.1136/bmj.d7434

metal on polyethyleneは、metal on metalに比べて、疾患特異的機能的アウトカム全般QOLスコアに差は認めず。
metal on metalの方がdislocationが少ないという報告が有り、再置換術が高いという報告も3つの米国国内登録報告がある。
一つのトライアルでは、ceramic on ceramicでは再置換術が少ないという報告があるが、データが十分でない。

Harris hip scores at two years (top) after hip implants with metal on metal versus metal on polyethylene bearings. Zijlstra et al29 measured score at both 24 months and 60 months


Harris hip score beyond two years after hip implants with metal on metal versus metal on polyethylene or ceramic on polyethylene bearings. Jacobs et al40 assessed score at mean 43 months while Dorr et al34 assessed score at 60 months. Zijlstra et al29 measured score at both 24 months and 60 months. SD of mean imputed for Jacobs et al and sensitivity analyses performed; varying estimates of SD did not change overall estimate of effect


by internalmedicine | 2011-11-30 10:46 | 運動系  

RSNA報告: サッカーと脳障害画像診断証拠

頭をつかうスポーツは頭が悪くなる? 2004/05/12
頭をつかうスポーツは頭が悪くなる 続編 2004/07/03

ヘディングの問題点は以前から指摘されてきた。
RSNAでの画像診断からのエビデンスが加わったようだ。

32名の子供時代からのアマチュアサッカープレイヤー(平均30.8歳)に”frontal lobe and in the temporooccipital region”5領域の有意な異常を認めた。

RSNA News Release
'Heading' a Soccer Ball Could Lead to Brain Injury
Released: November 29, 2011
http://www.rsna.org/media/pressreleases/pr_target.cfm?ID=564



Health News
'Heading' soccer ball may hurt brain
Published: Nov. 29, 2011 at 7:28 PM


Read more: http://www.upi.com/Health_News/2011/11/29/Heading-soccer-ball-may-hurt-brain/UPI-65111322612938/#ixzz1f91x7RyO




フットボールにもボクシングのような反復頭部外傷による認知機能、軸性障害など・・・遅発性明らかに 2010/09/24
サッカー選手のALSについて:統計学的検討? 2005/04/11
サッカー・ワールドカップに負けたときの心筋梗塞入院・心臓突然死増加? 2006/06/13
心臓突然死の予知と予防法のガイドライン  2005/12/21
包括的ウォームアッププログラムにて外傷軽減 2008/12/12



スポーツってのはある程度体に障害を与えるのは当たり前なので、すべて禁止にすべきとは思わない。
が、保護すべき、配慮すべきは子供・青少年!

K-1甲子園:危険性への配慮が足りなさすぎる  2008/09/03

アメリカ・カナダ小児科学会: 小児・思春期でのボクシング競技廃止推奨 医師たちも廃止に協力を  2011/08/30

King-Devick 検査:ボクシング・格闘技関連頭部外傷・脳しんとう検査の妥当性 2011/05/02

by internalmedicine | 2011-11-30 09:55 | 運動系  

COPD急性増悪・人工呼吸患者のステロイド治療の有効性:侵襲的人工呼吸期間・ICU期間など改善

Efficacy of Corticosteroid Therapy in Patients With an Acute Exacerbation of Chronic Obstructive Pulmonary Disease Receiving Ventilatory Support
Arch Intern Med. 2011;171(21):1939-1946. doi:10.1001/archinternmed.2011.530

全身性コルチコステロイドの有効性・安全性に関する二重盲検プラシーボ対照化トライアル
人工呼吸(侵襲的・非侵襲的人工換気)COPD急性増悪患者に対する評価。
4ヶ国354名8病院成人ICU入室(2005年6月から2009年7月)

メチルプレドニゾロン 72時間まで:0.5 mg/kg毎6時間毎 → day 4-6: 12時間毎 → day 7-10
: 0.5 mg/kg/日

介入群 83名 v プラシーボ比較

主要アウトカム測定は人工呼吸期間、ICU滞在期間数、非侵襲的人工呼吸(NIV)患者に於ける挿管必要性

人口動態的、疾患重症度、COPD急性増悪原因、コルチコステロイドrescue治療に群差無し。
コルチコステロイド治療は人工呼吸期間中央値減少 (3 days vs 4 days; P = .04)、ICU滞在期間中央値(6 days vs 7 days; P = .09)、NIV不全率減少 (0% vs 37%; P = .04)と関連。


by internalmedicine | 2011-11-30 08:58 | 呼吸器系  

移動ぜん息クリニックはInner Cityでは役たたず・・・

Asthma in Head Start children: Effects of the Breathmobile program and family communication on asthma outcomes
The Journal of Allergy and Clinical Immunology 
published online 21 November 2011.
doi:10.1016/j.jaci.2011.10.013



"Breathmobile"って、ぜん息アレルギー評価を専門家が行い、標準・現在の薬物治療、管理教育・トレーニング、コミュニティー・行政との連携、医療保険制度との連携など、良さそうだけど・・・”inner-city children”では、6ヶ月時点での無症状日数(symptom-free days (SFDs))比較では軽度改善があったのも野の、有意なぜん息合併症・管理上の改善は認めなかった。

http://www.choc.org/clinics/index.cfm?id=P00330
"The CHOC Breathmobile and the Orange County School Asthma program is committed to providing comprehensive asthma care to school age children"
An asthma and allergy evaluation by an asthma specialist including a comprehensive history, physical exam, breathing tests, and limited skin tests
Standard and ongoing medical treatment for the child's asthma and allergies including medications and home peak flow monitoring
Education and training about the management of asthma including proper use of equipment, medications, asthma/allergy triggers, recognition of trouble symptoms, and emergencies
Referral to county and community resources
Assistance to families in obtaining health insurance.

by internalmedicine | 2011-11-30 08:20 | 呼吸器系  

2型糖尿病・超肥満への900kCal食で、心周囲脂肪減少に伴い左室拡張能改善

2型糖尿病・BMI>40という肥満者に very low calorie diet (900 kcal/day)により左室拡張能改善効果

Hammer S, Jonker J, Snel M, et al. Sustained improvements in left ventricular diastolic function induced by weight loss are associated with a decrease in pericardial fat content in patients with type 2 diabetes mellitus. Radiological Society of North America (RSNA) 2011 Scientific Assembly and Annual Meeting; November 28, 2011; Chicago, IL. Abstract SSE04-06.

ソース:http://www.theheart.org/article/1320297.do

Hammerらは、2型糖尿病患者のVLCDのような単純介入にて、体重減少と、心周囲脂肪量減少が持続的に見られた。
4ヶ月でBMI 35.3→27.5へ、心周囲脂肪は39mL→31mLへ、E/A比は 0.96→1.2へ

追加14ヶ月で、BMI 31.7とやや増加下が、心周囲脂肪は変わらず32mL、EAも改善持続

Substantial Changes in Epicardial Fat Thickness After Weight Loss in Severely Obese Subjects
Obesity (2008) 16 7, 1693–1697. doi:10.1038/oby.2008.251

by internalmedicine | 2011-11-29 15:56 | 動脈硬化/循環器  

自己免疫性疾患患者に於ける肺塞栓リスク


Risk of pulmonary embolism in patients with autoimmune disorders: a nationwide follow-up study from Sweden
The Lancet, Early Online Publication, 26 November 2011


自己免疫性疾患入院53万5538名
入院初年の肺塞栓包括リスクは6.38(95% CI 6.19-6.57)
33自己免疫性疾患は入院後1年内の肺塞栓リスク有意増加と関連
しかし、筒底の高リスク、すなわち、自己免疫血小板減少性紫斑病(10.79, 95% CI 7.98-14.28)、結節性動脈周囲炎(16.55, 11.57-22.69)、全身性ループスエリテマトーデス(10.23, 8.31-12.45)

時間とともに包括リスク減少、1-5年で  1·53 (1·48—1·57) 、5-10年で 1·15 (1·11—1·20) 、10年以上で 1·04 (1·00—1·07)
リスクは良性、全年齢群で増加

by internalmedicine | 2011-11-29 15:26 | 血液・膠原病  

fMRI研究:暴力的テレビゲームにより脳の活動性変化

fMRI研究で、テレビゲーム(ビデオゲーム)週10時間でaggressive behaviorのコントロールと関連する脳領域活動性減少するという報告。

テレビゲーム(ビデオゲーム)だけでなく、テレビ・映画・DVD・ブルーレイなどのコンテンツについても同様の研究結果が示されつつある。


RSNA(Radiological Society of North America meeting): Violent Video Games May Alter Brain Function
By Kristina Fiore, Staff Writer, MedPage Today
Published: November 28, 2011
http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/RSNA/29916

Vincent Mathews ( Indiana University ,Indianapolis)は以前、バイオレント・ゲーム30分ほどで前頭前皮質の特定部位の活動性低下を報告していた。
今回は、より長期の影響を検討で、22名の男性(18-29歳)で、バイオレント/ゲーム暴露経験の少ない対象
週10時間シューティングビデオゲームを半数行う。
ベースラインでのfMRIと1,2週後のfMRI検討

ゲーム暴露後、emotional task期間左下部前頭前野活動性減少、inhibition task中の前帯状皮質活動性減少。前頭前野活動性はビデオゲームやめれば回復。





Caption: A sample of randomly assigned young adults showed less activation in certain frontal brain regions following a week of playing violent video games at home.

Indiana University School of Medicine


ソース:http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-12/iuso-vvg120111.php


メディア・バイオレンス関連
・ メディアバイオレンス:繰り返し暴力的ビデオ視聴による情緒反応鈍化を示すfMRI研究結果 2010年 10月 19日
・ メディアバイオレンスのレビューとガイドライン Lancet 2005年 02月 20日
・ メディア・バイオレンス:CDC専門委員会発表分 2007年 11月 30日
・ メディア/バイオレンス: 暴力行為・夜間不眠はメディア利用とともに増加・相関する 2011年 08月 01日


人権左翼団体さんたちは・・・この種の運動に関してはあんまり動いてませんが・・・なぜ?

by internalmedicine | 2011-11-29 11:35 | 環境問題  

糖尿病・CKD:HbA1cの適切・タイムリーなコントロールが重要

糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)値からみた血糖コントロールは糖尿病患者の腎症予防・進展予防に役立つかもしれない。糖尿病・CKD患者でのHbA1c低下でのアウトカムに関しては不明である。ということで・・・住民コホート研究での検討。

HbA1c>9%は非透析CKDで多く見られ、著明な臨床的アウトカム悪化と関連。
HbA1c<6.5%もまた、超過死亡増加と関連。
HbA1c高値と関連する腎不全超過リスクは正常腎機能患者で特に影響が大きい。

糖尿病・CKD患者でのHbA1c値の適切・タイムリーなコントロールは以前検討されてたより重要ではないかという話。

HbA1c(<6.5%、>8%)による”死亡率U字現象”が議論を呼びそう・・・

Association Between Glycemic Control and Adverse Outcomes in People With Diabetes Mellitus and Chronic Kidney Disease: A Population-Based Cohort Study
the Alberta Kidney Disease Network
Arch Intern Med. 2011;171(21):1920-1927.

糖尿病・eGFR<60.0 mL/min/1.37 m2の患者23296名
HbA1c中央値6.9%  6.9% (range, 2.8%-20.0%)、11%が9%を超過。
フォローアップ期間中央値46ヶ月超において、死亡 3665名、 ESRD 401名
ベースラインeGFRに関わらず、HbA1c高値は、検討5つのアウトカムにおいて、強力な独立相関を認める(P < .001 for all comparisons)
しかし、死亡率相関はU字型で、HbA1c<6.5%、>8.0%で死亡率増加がみられる
HbA1c高値と関連するESRDリスク増加は、ベースラインのeGFR低値でその相関は減衰する (P value for interaction, <.001)
特異的に、eGFR 30.0-59.9 mL/min/1.73 m2の場合、ESRDのリスクは、HbA1c <7%に比べ、7-9%、9%超では、22%、152%増加する (P < .001)。
一方、eGFR 15-29.9 ml/min/1.73 m2の場合、それぞれ3%、13%増加


by internalmedicine | 2011-11-29 11:06 | 糖尿病・肥満