終末期腎疾患:貧血至適マネージメント エリスロポイエチン関連製剤と鉄剤使用

Anemia Management in End-Stage Renal Disease
終末期腎疾患(ESRD)への至適マネージメントは不明であった。Medicare's ESRD programからのデータにて、 Brookhart らは、erythropoiesis-stimulating 薬剤と鉄剤治療の安全性に関する報告。

4つのヘマトクリットカテゴリーで、 erythropoiesis-stimulating薬剤(ESAs:erythropoiesis-stimulating agents )と、静注鉄の典型的使用に関して検討。死亡率は、30%未満のHct患者で多く、ESAsと鉄剤使用により死亡リスク低下。

しかし、ESAsと鉄剤使用が増えると、Hct 36%以上患者で死亡リスクが高いことが示された。

Comparative Mortality Risk of Anemia Management Practices in Incident Hemodialysis Patients
M. Alan Brookhart, PhD; Sebastian Schneeweiss, MD, ScD; Jerry Avorn, MD; Brian D. Bradbury, DSc; Jun Liu, MD; Wolfgang C. Winkelmayer, MD, ScD
JAMA. 2010;303(9):857-864.

by internalmedicine | 2010-03-03 10:18 | 動脈硬化/循環器  

<< 高PEEP vs 低PEEP ... AAA Trial ;ABI低... >>